メインメニューを開く
ケンジントン・ガーデンズ及びケンジントン宮殿

ケンジントン・ガーデンズ (Kensington Gardens) はロンドンハイド・パーク西方に存在する王立公園。区域の大部分はシティ・オブ・ウェストミンスターに、一部はケンジントン・アンド・チェルシー・ロンドン特別区に帰属している。総面積は275エーカー (1.1 km2) 。

ハイド・パークの一部と見なされることがあるが、ウェスト・キャリッジ・ドライヴ (The Ring) が境界となっている。これら二つの公園とグリーン・パークおよびセント・ジェームズ・パークによってケンジントンからウェストミンスターに至る緑の環が形成されている。

公園内にはケンジントン宮殿アルバート記念碑ピーター・パン像、サーペンタイン・ギャラリースピークのモニュメント、ダイアナ妃記念噴水、ダイアナ妃メモリアルプレイグラウンド、ラウンド・ポンド(ラウンド池)などが存在する。

目次

アクセス編集

ポピュラー・カルチャー編集

1906年、ジェームス・マシュー・バリーの小説『ケンジントン公園のピーター・パン英語版』の舞台となり、ピーター・パンネバーランドへ冒険に行く前日譚が描かれている。1722年、トーマス・ティッケルの詩『Kensington Gardens 』においてケンジントン・ガーデンズの妖精について初めて言及された。双方の作品および登場人物はジョージ・フランプトンが制作したピーター・パン像に表現されている。

ロドリゴ・フレサンの小説『Kensington Gardens 』ではバリーの半生やバリーが作り上げたピーター・パン、バリーおよびフレサンのケンジントン・ガーデンズとの関わりについて描かれている。、

インフォコムインタラクティブフィクション・ゲーム『Trinity 』はケンジントン・ガーデンズからスタートする。

ギャラリー編集

外部リンク編集