メインメニューを開く

ケント公爵(ケントこう、Duke of Kent)は、イギリス公爵位の一つ。グレートブリテン貴族または連合王国貴族として複数回叙爵されている。現保有者は国王ジョージ5世の孫である王子エドワード。現在の従属爵位は、セント・アンドルーズ伯爵とダウンパトリック男爵である。

ケント公爵(第2期)
Dukedom of Kent
Coat of Arms of Edward, Duke of Kent.svg
創設時期 1934年10月12日
創設者 ジョージ5世
貴族 連合王国貴族(第2次創設)
初代 ジョージ
現所有者 エドワード
相続人 ジョージ・ウィンザー
相続資格 初代公の嫡出直系男子(the 1st Duke's heirs male of the body lawfully begotten)
付随称号 セント・アンドルーズ伯爵
ダウンパトリック男爵
現在のケント公、エドワード王子

歴史編集

沿革編集

ケントという称号が最初に現われたのは、古代のアングロ=サクソン七王国の一国であるケント王国においてである。ケント王の歴史は449年頃まで遡ることができる。825年、ケント王国がウェセックス王エグバートによって征服されると、彼の息子であるエゼルウルフがケント王位に登り、その後はウェセックス王の正統後継者がケント王位を襲うようになった。そして860年、ケントは王国としての地位を失い、ウェセックスに併合された。

11世紀中期、ケント伯が出現した。リオフワインあるいは彼の父であるゴドウィンが初代とされる。しかし1066年、ヘイスティングズの戦いでリオフワインは戦死し、世襲は途絶えた。

ケント伯位はその後、11世紀から15世紀までの間に、イギリス君主によって6回叙爵された。

  1. 1067年、バイユー司教のオドーを叙爵。1088年、同人から剥奪。
  2. 1141年、ウィリアム・ドゥ・イプレスを叙爵。1155年、同人から剥奪。
  3. 1227年、ヒューバート・ド・バラを叙爵。同人の死後に廃絶。
  4. 1321年、エドマンド・オブ・ウッドストックを叙爵。1360年、エドマンドの娘ジョーン・オブ・ケントの夫トマス・ホランドを通してホランド家に移り、1408年に廃絶。
  5. 1461年、ウィリアム・ネヴィルを叙爵。同人の死後に廃絶。
  6. 1465年、エドマンド・グレイを叙爵。第12代ケント伯ヘンリー・グレイまで世襲。

ケント公爵(第1期)編集

 
初代ケント公爵ヘンリー・グレイの紋章

第12代ケント伯ヘンリー・グレイ(1671-1740)1706年11月14日の勅許状によってグレートブリテン貴族としてケント侯爵(Marquess of Kent)、ハロルド伯爵(Earl of Harold)及びゴドリッチ子爵(Viscount Goderich)に昇叙された。さらに1710年4月28日にはグレートブリテン貴族としてケント公爵(Duke of Kent)に陛爵し、このとき初めてケント公という称号が生まれた。また初代公の最晩年にあたる1740年には孫娘ジェマイマも継承者に加えたグレイ侯爵の叙爵を受けた。[1]しかし後継者に恵まれず、同人の死をもってケント公爵を含む多くの爵位は廃絶、グレイ侯爵位も孫娘の死により途絶えた。

ケント=ストラサーン公爵編集

1799年4月23日、国王ジョージ3世の四男(ジョージ4世ウィリアム4世の弟)である王子エドワード・オーガスタスが「ケント=ストラザーン公」として叙された。しかしエドワードもまた後継者を持たなかったため(一人娘ヴィクトリアは王位を継承した)、これも1代限りで廃絶した。

ケント公爵(第2期)編集

1934年、国王ジョージ5世の四男(エドワード8世ジョージ6世の弟)であるジョージ王子がケント公に叙された。[2]1942年に、ジョージが航空事故により死去したことにより、長男であるエドワード王子がこれを世襲し、現在に至る。

一覧編集

ケント公爵(1710年)編集

ケント=ストラサーン公爵(1799年)編集

ケント公爵(1934年)編集

法定推定相続人は現当主の長男であるセント・アンドルーズ伯爵(1962-)。
法定推定相続人の法定推定相続人はその息子ダウンパトリック男爵エドワード・ウィンザー(1988-)。

脚注編集

関連項目編集