メインメニューを開く

ケン・リュウ(Ken Liu、中国語:劉宇昆(リウ・ユークン)、1976年 - )は、アメリカ合衆国小説家翻訳家である。SF作品を得意とし、数々の賞を受賞している。中国系アメリカ人

ケン・リュウ
Ken Liu
誕生  1976年????
職業 小説家翻訳家
言語 創作:英語
翻訳:中国語から英語
ジャンル SF
主な受賞歴 ネビュラ賞(2011年)
ヒューゴー賞(2012年、2013年)
世界幻想文学大賞(2012年)
公式サイト http://kenliu.name/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ケン・リュウ
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 甘粛省蘭州市
各種表記
繁体字 劉宇昆
簡体字 刘宇昆
拼音 Liú Yǔkūn
発音転記: リウ・ユークン
テンプレートを表示

目次

概要編集

1976年、中華人民共和国蘭州に生まれる。8歳(11歳という説あり[1])の時、両親とともにアメリカ合衆国に渡り、以後はカリフォルニア州パロアルトで育つ。後、さらにコネチカット州ウォーターフォードに移る。

ハーバード大学に入学し、法律を専門に学ぶ。ロースクールを出て、法務博士号を取得し、卒業後は弁護士コンピュータープログラマー中国語書籍の翻訳者として働きながら、文筆活動を行っていた。

短編小説を中心に活動している。2012年に、「紙の動物園」でネビュラ賞ヒューゴー賞世界幻想文学大賞の短編部門で受賞、史上初の三冠を達成した。2013年もヒューゴー賞の短編部門で受賞した。2015年に初の長篇となるファンタジー”The Dandelion Dynasty”を刊行。シリーズ化の予定である。また、翻訳家としても活動し、中国の作家を英語圏に紹介している。

作風は、東洋の伝統を下敷きにした細やかな情感を特徴とする。自身の出自である中国文化を背景にした作品も多い。また、日本での初翻訳となった「もののあはれ」のように日本人を主役とした作品もある。著者は日本漫画ヨコハマ買い出し紀行」に啓発された作品と語っている[2]

2015年、日本での初めての著作となる『紙の動物園』が早川書房より刊行。又吉直樹がテレビ番組で推薦したことで話題となった。

妻と二人の娘とともにマサチューセッツ州クインシーに住んでいる。趣味は、古いタイプライターの蒐集、修理である[3]

日本語訳作品編集

著者名はすべて「ケン・リュウ」。

  • もののあはれ (古沢嘉通訳、『THE FUTURE IS JAPANESE』早川書房 ハヤカワSFシリーズ Jコレクション、2012年7月)(原題 Mono no aware、2012年)
  • 紙の動物園 (古沢嘉通訳、『S-Fマガジン』2013年3月号)(原題 The Paper Menagerie、2011年)
  • どこかまったく別な場所でトナカイの大群が (古沢嘉通訳、『S-Fマガジン』2015年2月号)(原題 Altogether Elsewhere,Vast herds of Reindeer、2011年)
  • 良い狩りを (古沢嘉通訳、『S-Fマガジン』2015年4月号)(原題 Good Hunting、2012年)
  • 『輸送年報』より「長距離貨物輸送飛行船」(〈パシフィック・マンスリー〉誌二〇〇九年五月号掲載) (古沢嘉通訳、『S-Fマガジン』2015年6月号) (原題 The Long Hang From the ANNALS OF TRANSPORTATION, The Pacific Monthly, May 2009、2014年)

書籍編集

  • 『紙の動物園』(古沢嘉通編訳) (2015年4月、《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》第2期第8回配本、日本オリジナル編集(短編集)) のち、『紙の動物園』『もののあはれ』としてハヤカワ文庫
  • 『蒲公英(ダンデライオン)王朝記』「巻ノ一 諸王の誉れ」 / 「巻ノ二 囚われの王狼」(古沢嘉通訳) (2016年4月・6月、《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》第3期第2回・第3回配本)(原題 The Grace of Kings、2015年)
  • 『母の記憶に』(古沢嘉通、幹遙子市田泉訳)(2017年4月、新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)日本オリジナル短篇集。
  • STARWARS ジャーニー・トゥ・最後のジェダイ ルーク・スカイウォーカーの都市伝説』(稲村広香訳)(2018年1月、講談社KK文庫)
  • 『生まれ変わり』(古沢嘉通、幹遙子、大谷真弓訳)(2019年2月、新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)日本オリジナル短篇集。

受賞・候補歴編集

中国SF翻訳家としての活動編集

中国のSF小説の英訳者としても活動しており、劉慈欣(りゅう じきん)、夏笳(か か、シア・ジア)、馬伯庸中国語版(ば はくよう、マー・ボーヨン)、陳楸帆(ちん しゅうはん、チェン・チウファン)らの作品を英訳している。陳楸帆のSF短編「丽江的鱼儿们」(麗江の魚ら)をケン・リュウが英訳した"The Fish of Lijiang"[5]は2012年の第2回SF・ファンタジー翻訳作品賞英語版を受賞した(この賞は作者と翻訳者がともに受賞者となる)。

また、劉慈欣の長編SF『三体』三部作の第一部及び第三部の英訳を担当した[6]。中国の長編SFが英訳されたのは『三体』第一部が初めてである。

脚注編集