ケヴィン・デ・ブライネ

ベルギーのサッカー選手

ケヴィン・デ・ブライネKevin De Bruyne, (オランダ語発音: [də ˈbrœynə]), 1991年6月28日 - )は、ベルギーヘント出身のサッカー選手プレミアリーグマンチェスター・シティFC所属。ベルギー代表。ポジションはミッドフィールダー

ケヴィン・デ・ブライネ Football pictogram.svg
De bruyne city.jpg
マンチェスター・シティFCでのデ・ブライネ(2020年)
名前
ラテン文字 Kevin DE BRUYNE
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1991-06-28) 1991年6月28日(29歳)
出身地 ヘント
身長 181cm[1]
体重 68kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
ポジション MF (OH,CH)
背番号 17
利き足 右足
ユース
1999-2005 ベルギーの旗 KAAヘント
2005-2008 ベルギーの旗 KRCヘンク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2012 ベルギーの旗 KRCヘンク 97 (16)
2012-2014 イングランドの旗 チェルシーFC 3 (0)
2012-2013 ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン (loan) 33 (10)
2014-2015 ドイツの旗 VfLヴォルフスブルク 51 (13)
2015- イングランドの旗 マンチェスター・シティFC 152 (36)
代表歴2
2008-2009  ベルギー U-18 7 (1)
2009  ベルギー U-19 10 (1)
2011  ベルギー U-21 2 (0)
2010- ベルギーの旗 ベルギー 74 (19)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月26日現在。
2. 2019年11月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

ベルギー時代編集

ベルギーヘント生まれ。母親はイングランド人である[2]2003年からKAAヘントのユースチームからキャリアをスタートさせ、2005年からKRCヘンクに移籍した。2008年にトップチームに昇格し、2009年5月9日、シャルルロワSC戦でデビューを果たした。2010年2月7日、スタンダール・リエージュ戦でプロ初ゴールを記録した。

チェルシー編集

2012年1月、母親の生まれ故郷であるイングランドウェスト・ロンドンの強豪、チェルシーFCに670万ポンドで移籍。契約は5年半だが、最初の半年は引き続きレンタルという形で元のチームKRCヘンクに所属することとなった。

2012年8月、ヴェルダー・ブレーメンにレンタル移籍[3]。9月15日、ハノーファー96戦で移籍後初ゴールを記録すると、9月23日、VfBシュトゥットガルト戦でも得点を記録。最終的にリーグ戦10得点9アシストを記録した。この活躍からドイツのボルシア・ドルトムントバイエル・レバークーゼンから移籍が噂される中、2013年7月1日、チェルシーに復帰することが決まった。しかし、ジョゼ・モウリーニョ監督に嫌われ、レギュラーに定着できずに控え状態が続き、3試合しか出場できなかった[4]

ヴォルフスブルク編集

モウリーニョ直々に中盤で6番手だということを言い渡されたことが決定打となり[5]、出場機会を求めて2014年1月にVfLヴォルフスブルクに移籍した[6]。背番号は14番。2014-15シーズンは、ブンデスリーガ全34試合に出場すると10得点20アシストを記録し、ヴォルフスブルクを2位に押し上げ、ドイツ年間最優秀選手も受賞した。

マンチェスターシティ編集

2015年8月30日、イングランドマンチェスター・シティFCに移籍した。移籍金はクラブの歴代最高額となる5500万ポンド[7][8][9]。背番号は17番。加入後、すぐにスタメンに定着すると9月19日のウェストハム・ユナイテッドFC戦でシティ加入後初ゴールを挙げた。シーズン途中にケガで2ヶ月離脱するも、リーグ戦25試合に出場し7ゴール9アシストを記録した。CLやカップ戦を合わせると41試合に出場し16ゴール14アシストを記録。

2016-17シーズンは、マヌエル・ペレグリーニに代わりジョゼップ・グアルディオラが監督に就任。すぐに信頼を掴み取り、稀代の名将に「彼の存在をありがたく思う。特別な選手だ」と言わしめた。9月10日のマンチェスターダービーでは1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献した[10]。CL第4節ではホームにFCバルセロナを迎えると、1-1で迎えたFKの場面でマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン相手に縦回転のボールを蹴りこみ、ゴールを奪った[11]。またアシスト数はリーグトップだった[12]

2018年1月22日、マンチェスター・シティと新たな5年契約の締結が発表された[13]。2023年までの契約となった。2017-18シーズンは37試合の出場で2年連続でリーグトップとなる16アシストを記録し、新設されたプレミアリーグ・プレーメイカー・アワード(アシスト王)を受賞した[12]。シティの優勝に大きく貢献し、PFA年間ベストイレブンにも選ばれた[14]

2018-19シーズンは怪我によりプレミアリーグで僅か19試合の出場に終わるも、2019年FAカップ決勝ワトフォード戦ではゴールを決め更に2アシストの活躍で優勝に貢献した[15][16]

2019-20シーズンは第3節ボーンマス戦で、プレミアリーグでの通算50アシストに到達し、それまでメスト・エジルが記録していた140試合を大幅に更新し、リーグ史上最速の123試合目の出場で50アシスト達成の記録を樹立した[17]。2020年1月21日、第24節シェフィールド・ユナイテッド戦でシーズン15アシストを達成し、これにより通算3回目となるプレミアリーグでのシーズン15アシストを記録、これも史上初の記録となった[18]。最終的にシーズン20アシストまで量産し、プレミアリーグ1シーズンでの最多アシスト記録を持つティエリ・アンリの記録に並び、自身2度目のプレミアリーグ・プレーメイカー・アワード(アシスト王)を受賞。得点数も自己キャリア最多の13得点に到達した[19]。 シーズン通しての活躍によりマンチェスター・シティFCの選手としては史上初のPFA年間最優秀選手賞を受賞した[20]

代表経歴編集

 
ベルギー代表でのデ・ブルイネ (2018年)

U-18、U-19、U-21の各年代のベルギー代表に選出され、2010年8月11日、親善試合のフィンランド代表戦でベルギー代表としてのデビューを果たした。また、2012年10月12日のW杯予選セルビア戦で代表初得点を挙げている。

2014 FIFAワールドカップでは、グループリーグ第1戦のアルジェリア戦、第2戦のロシア戦に出場し、第3戦の韓国戦は欠場している(第2戦終了時にベルギーのグループリーグ1位通過が決まったため)。なお、アルジェリア戦ではマルアン・フェライニの同点弾をアシストして[21]マン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。決勝トーナメント1回戦のアメリカ戦では延長前半3分に先制点を挙げ、更にロメル・ルカクの決勝点をアシストした[21]。準々決勝のアルゼンチンにもフル出場したものの、この試合ベルギーは1-0で敗れ大会を去っている。UEFA EURO 2016では5試合に出場し、3アシストを決め[21]、準々決勝まで勝ち上がった。

2018 FIFAワールドカップでは、日本戦で後半49分の決勝点の起点になり、決勝トーナメント準々決勝のブラジル戦で前半31分に決勝点となる2点目を挙げ[21]、チームの勝利に貢献、3位決定戦のイングランド戦ではエデン・アザールのゴールをアシスト[21]、チームの3位入賞に貢献した。

評価編集

ジョゼップ・グアルディオラは「ケビン(デ・ブルイネ)は私が今まで見てきた中で最高の選手のうちの一人だね。特に、ゲームメイクの点に関してね。彼はトップクオリティーの選手だし、とても落ち着いている。私は彼と共に仕事することができて嬉しいし、誇りに思っている」と語り、デ・ブライネをバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを含む、自身が思う最高の選手のうちの一人だと称賛した[22]

また、クラブ公式の「シティTV」で放送されるドキュメンタリー番組「Made in Belgium 」で、「彼はマスタークラスの選手だ。私の人生でもベストの1人だ。現時点では彼が最高。今、ミッドフィールドのポジションでは彼が世界最高だよ」というコメントを残した[23]

英BBCの老舗番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』でアラン・シアラーが「デ・ブライネと同じチームでプレーして、ああいうパスを受けてみたかった」と語り、ギャリー・リネカーがそれに頷き、往年の名ストライカーたちが彼の話で盛り上がっていた[24]

ティム・シャーウッドは「デ・ブルイネはトップ中のトップだ。彼は世界のどこでもプレーできるし、現時点でマンチェスター・シティにおける最も価値のある選手だ。彼はどこにでも現れて、チームにとって大事な仕事をする。彼がフィットした状態を維持できれば、誰も止められない。信じられない選手だよ」と語った[25]

英紙「デイリー・メール」でハリー・レドナップバルセロナオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと並んで現在の地球上で最も優れたMFだと称賛し、特にデ・ブライネは、より優れたゴールスコアラーとし「彼はプレミアリーグのベストで、究極のMFとして見るべきだ」と賛辞を贈った[26]

元イングランド代表FW クリス・サットンは、英『Daily Mail』に寄稿したコラム内で「ケビン・デ・ブライネはプレミアの歴史の中で最高のパサーなんじゃないか? この試合でリヴァプールを子ども扱いしているのを見て、そう考えずにはいられなかったよ。彼はポール・スコールズのようなパスレンジを備えていて、デイビッド・ベッカムのようなクロスに関する知識も持っている、さらにはデニス・ベルカンプばりの落ち着きもあるんだ。ペップ がどのポジションに据えようと、彼はその位置で最高になるのさ。今回のようなパフォーマンスを披露すれば、我々は彼をプレミアで最高の選手と称賛しなければいけないね」と絶賛した[27]

人物・エピソード編集

  • 4歳の頃サッカーを始める。すぐに地元メディアからは神童として注目され、ベルギー中の全てのユースクラブがデ・ブライネのことを欲しがっていた[28]
  • 性格には、頑固な側面もあり、少年サッカー時代、怒りの余りサッカーゴールのポストにしがみついて一向に離れなかったことがある。3人がかりで引き離そうとしても、引き剥がすことができなかった。しかしながら、基本的には寡黙で、落ち着いていて、大人しい選手であり、チームが行なった唾液調査の結果、緊張の度合いが低すぎて、関係者が心配になったほど[29]
  • 15歳の頃、大人しすぎる性格だという事で里親から拒絶された経験を持つ。本人はこの経験を「飛躍のきっかけだった」と後に語っている[30]
  • 2014年10月に出版した自伝『Keep It Simple』の中で、自身の元交際相手が同じベルギー代表のティボ・クルトゥワと浮気していたと暴露し、クルトゥワを批判した。これについて元交際相手は、デ・ブライネの方から先に浮気をしていて彼の両親から圧力をかけられていたため暴露する事ができなかったと反論している[31]

個人成績編集

2020/8/16現在
クラブ シーズン リーグ1 カップ リーグカップ 大陸 その他2 合計 参照
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ヘンク 2008–09 プロリーグ 2 0 0 0 2 0 [32][33]
2009–10 35 3 2 0 2 0 1 0 40 3 [32][33]
2010–11 32 5 0 0 3 1 0 0 35 6 [32][33]
2011–12 28 8 1 0 6 0 1 0 36 8 [32][33]
ヘンク合計 97 16 3 0 11 1 2 0 113 17
ブレーメン (loan) 2012–13 ブンデスリーガ 33 10 1 0 34 10 [34]
チェルシー 2013–14 プレミアリーグ 3 0 0 0 3 0 3 0 9 0 [32]
ヴォルフスブルク 2013–14 ブンデスリーガ 16 3 2 0 18 3 [35]
2014–15 34 10 6 1 11 5 51 16 [36]
2015–16 1 0 1 1 0 0 1 0 3 1 [32]
ヴォルフスブルグ合計 51 13 9 2 11 5 1 0 72 20
マンチェスター・シティ 2015–16 プレミアリーグ 25 7 1 1 5 5 10 3 41 16 [32]
2016–17 36 6 5 0 1 0 7 1 49 7
2017–18 37 8 3 1 4 2 8 1 52 12
2018–19 19 2 4 2 5 2 4 0 32 6
2019–20 35 13 2 1 3 0 7 2 47 16
マンチェスター・シティ合計 152 36 15 5 18 9 36 7 0 0 221 57
総通算 336 75 28 7 21 9 61 13 3 0 449 104

代表歴編集

出場大会編集

代表編集


ベルギー代表国際Aマッチ
出場得点
2010 1 0
2011 1 0
2012 5 1
2013 11 3
2014 10 3
2015 8 4
2016 12 1
2017 8 0
2018 7 2
2019 6 4
2020 4 1
通算 74 19

代表での得点編集

タイトル編集

クラブ編集

KRCヘンク
VfLヴォルフスブルク
マンチェスター・シティFC

個人編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Kevin De Bruyne
  2. ^ Bremens Belgier ist im Sommer weg: De Bruyne: "Es gibt keine Chance für Werder!"” [Bremen's Belgian going to leave in summer: De Bruyne: „There is no chance for Werder!“] (ドイツ語). Bild (2012年9月20日). 2015年4月12日閲覧。
  3. ^ Goal.com (2012年8月2日). “ブレーメンがデ・ブルイネ獲得を発表”. 2012年8月29日閲覧。
  4. ^ モウリーニョとの関係を明かすデ・ブライネ「2回しか話さなかった」 サッカーキング 2015年9月19日
  5. ^ チェルシー退団時を回想するデ・ブライネ…モウリーニョからの評価は衝撃の「6番手」goal 2019年4月26日
  6. ^ チェルシーのデ・ブルイネ、出場機会を求めボルフスブルクへ移籍”. ゲキサカ (2014年1月18日). 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ マンC、ヴォルフスブルクからMFデ・ブライネを獲得…移籍金は101億円か soccerking 2015年8月30日
  8. ^ マンCが105億円でデ・ブルイネ獲得! クラブ史上&今夏最高額を記録 footballchannel 2015年8月30日
  9. ^ マンチェスター・シティ、クラブ歴代最高額を拠出 75億円でデ・ブルイネを獲得! GOAL 2015年8月30日
  10. ^ Manchester United 1–2 Manchester City: De Bruyne and Iheanacho net”. 2016年9月10日閲覧。
  11. ^ [1]
  12. ^ a b 得点王は新記録達成のサラー! 新設アシスト王はデ・ブライネで最優秀GKはデ・ヘア《プレミアリーグ》”. 超ワールドサッカー (2018年5月14日). 2018年5月15日閲覧。
  13. ^ KEVIN DE BRUYNE PENS NEW FIVE-YEAR CONTRACT Manchester City FC Official Website 2018年1月24日
  14. ^ “Manchester City dominate PFA Premier League team of the year”. (2018年4月18日). https://www.theguardian.com/football/2018/apr/18/manchester-city-dominate-pfa-premier-league-team-of-the-year 2018年4月18日閲覧。 
  15. ^ “Manchester City win FA Cup to seal treble with 6-0 demolition of Watford” (英語). The Observer. (2019年5月18日). ISSN 0029-7712. https://www.theguardian.com/football/2019/may/18/manchester-city-win-treble-watford-fa-cup-final-match-report 2019年5月18日閲覧。 
  16. ^ “Man City 6-0 Watford: Raheem Sterling scores FA Cup final hat-trick” (英語). (2019年5月18日). https://www.bbc.co.uk/sport/football/48236232 2019年5月18日閲覧。 
  17. ^ デ・ブライネ、プレミア史上最速での50アシスト達成 soccerKING 2019年8月16日
  18. ^ スーパーアシストマシーン! デ・ブライネがプレミア史上初の通算3度目のシーズン15アシスト”. 超ワールドサッカー (2020年1月22日). 2020年1月23日閲覧。
  19. ^ ヴァーディが初のプレミア得点王に! デ・ブライネはリーグ記録の20アシスト到達!”. 超ワールドサッカーー (2020年7月27日). 2020年8月10日閲覧。
  20. ^ PFA年間最優秀選手はデ・ブライネに決定!”. GOAL (2020年9月9日). 2020年9月10日閲覧。
  21. ^ a b c d e Kevin de Bruyne National team”. www.transfermarkt.com (2020年7月27日). 2020年8月10日閲覧。
  22. ^ ペップがメッシ級にデ・ブルイネを褒め称える「私が見てきた中で最高の選手の一人」 FOOTBALL TRIBE 2017年9月14日
  23. ^ デ・ブライネは「世界最高のMF」 名将グアルディオラが絶賛「私の人生でも…」サ”. www.football-zone.net (2020年9月11日). 2020年9月28日閲覧。
  24. ^ シアラーもリネカーも大盛り上がり Nunber 2019年8月20日
  25. ^ 「デ・ブルイネはトップ中のトップ」 Nunber 2019年8月20日
  26. ^ 「究極のMF」 マンC司令塔デ・ブライネを英識者が絶賛、バルサMFと並び「現代最強」”. www.football-zone.net (2019年12月16日). 2020年5月24日閲覧。
  27. ^ 彼こそプレミア“歴代最強パサー” マンCの魔術師がイングランドを支配する”. The World Magazine (2020年7月3日). 2020年7月4日閲覧。
  28. ^ ベルギー代表 デ・ブライネってどんな人?”. SPREAD (2020年7月2日). 2020年9月28日閲覧。
  29. ^ ベルギー代表 デ・ブライネってどんな人?”. SPRDAE (2020年7月2日). 2020年9月28日閲覧。
  30. ^ デ・ブルイネ、飛躍のきっかけは里親からの拒絶 「あの経験で火ついた」 AFP 2019年4月17日
  31. ^ クルトワと浮気のデ・ブライネ元彼女が反論「先に浮気したのは彼」 サッカーキング 2014年11月19日
  32. ^ a b c d e f g Kevin De Bruyne » Club matches”. World Football. 2015年8月17日閲覧。
  33. ^ a b c d Kevin De Bruyne » Domestic Cups”. Soccerway. 2015年11月14日閲覧。
  34. ^ Kevin De Bruyne” (German). kicker.de. kicker. 2015年8月17日閲覧。
  35. ^ Kevin De Bruyne” (German). kicker.de. kicker. 2015年8月17日閲覧。
  36. ^ Kevin De Bruyne” (German). kicker.de. kicker. 2015年8月17日閲覧。
  37. ^ FIFA World Cup Fan Dream Team”. FIFA.com. 2018年7月23日閲覧。

外部リンク編集