メインメニューを開く

ケヴィン・ムーアKevin Moore1967年5月26日 - )は、バンド・クロマ・キー (Chroma Key) の生みの親であり、キーボーディストにして作曲・作詞家である。アメリカのプログレッシブ・メタルバンド、ドリーム・シアターのオリジナルメンバーの1人でもあった。

ケヴィン・ムーア
Kevin Moore
Kevinmoore.jpg
ケヴィン・ムーア(2007年)
基本情報
別名 クロマ・キー
生誕 (1967-05-26) 1967年5月26日(52歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク ロングアイランド
ジャンル エレクトロニカ
トリップ・ホップ
アンビエント
プログレッシブ・メタル
プログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 キーボードボーカルベース
活動期間 1985年 -
共同作業者 OSI
クロマ・キー
ドリーム・シアター
フェイツ・ウォーニング

音楽的経歴編集

ムーアの音楽キャリアは、ギタリストのジョン・ペトルーシ、ベーシストのジョン・マイアング、ドラマーのマイク・ポートノイ、ボーカルのクリス・コリンズらとのバンド、マジェスティ(後のドリーム・シアター)に始まる、8年間、3枚のアルバムに渡るドリーム・シアターでの活動の後、1994年に音楽性の相違からバンドを脱退、サンタフェに引っ越した。

さまざまな曲を作ってデモテープを作成した後、クロマ・キー (Chroma Key) 名義でアルバム『デッド・エアー・フォー・レディオス』を発表した。このアルバムには、フェイツ・ウォーニングのマーク・ゾンダーと、スティーヴ・タッシャーが参加している。音楽性は、ドリーム・シアターのように複雑で難解なスタイルというよりは、デペッシュ・モードのそれに近い、暗くアンビエントで電子的なものであった。

ドリーム・シアターのファンは後々、ムーアがドリーム・シアターのアルバム『アウェイク』の中の「Space-Dye Vest」でクロマ・キーのような音楽スタイルを模索していたと気づくことになる。事実、クロマ・キーの「On The Page」は「Space-Dye Vest」の続編でもあった(「On The Page」という題名は「Space-Dye Vest」の歌詞の一部でもある)。

2000年に、ロサンゼルスに移住し、デジタル色の強いアルバム『You Go Now』を録音した。このアルバムには、デヴィッド・イスコー(ギター)、スティーヴ・タッシャー(ループ兼プログラミング)の3人である。このレコーディング後にはコスタリカに移住し、短波ラジオ局「レイディオ・フォー・ピース・インターナショナル」に勤務、隔週の平和活動番組の制作を行った。この番組の音源は『Memory Hole 1』として、MP3形式で発表された。

2003年には、フェイツ・ウォーニングのギタリストであるジム・マテオスに誘われ、ドリーム・シアターのドラマーであるマイク・ポートノイや、シニック及びゴーディアン・ノットのベーシストにしてチャップマン・スティック奏者でもあるショーン・マローンも参加したバンド、OSIを結成し、アルバム『オフィス・オヴ・ストレタジック・インフルエンス』を発表した。ムーアのマイク・ポートノイとの共演は10年ぶりのことであった。OSIの音楽は、「クロマ・キーの暗くメロディックな面と、フェイツ・ウォーニングやドリーム・シアターのヘヴィネスの混合」とでも言うべきものだ。OSIでは、ボーカルもムーアが担当している。また、「shutDOWN」という曲には、ボーカルと作詞にポーキュパイン・ツリースティーヴン・ウィルソンがゲスト参加している。

2004年、イスタンブールに移住し、ホラー映画『Okul』のサウンドトラックを制作、後にソロ・アルバム『Ghost Book』としてリリースされた。この経験から、ムーアはパブリック・ドメインの映画の中からある種の雰囲気のあるものを探し、偽のサウンドトラックを付けるという形で次のクロマ・キーのアルバムを作ることにした。内容は、1950年代の教育映画『Age 13』を選び、映画の速度を1/2倍速に落とした以外は、曲の雰囲気や曲の長さを「Age 13」に合わせてアルバムを制作した。その結果がアルバム『Graveyard Mountain Home』である。

2005年、ムーアはカナダのモントリオールに移住。ジム・マテオスと共にOSIの2枚目のアルバムの製作を開始し、その音源は2006年にアルバム『フリー』としてリリースされた。

ディスコグラフィ編集

ドリーム・シアター編集

クロマ・キー編集

  • 『デッド・エアー・フォー・レディオス』 - Dead Air For Radios (1998年)
  • You Go Now (2000年)
  • Graveyard Mountain Home (2004年)

ソロ編集

  • Music Meant to Be Heard (1995年)
  • This is a Recording (1999年)
  • Memory Hole 1 (2004年)
  • Ghost Book (2004年)
  • Shine (2010年)

OSI編集

  • 『オフィス・オヴ・ストレタジック・インフルエンス』 - Office of Strategic Influence (2003年)
  • 『フリー』 - Free (2006年)
  • Re:Free (2006年) ※EP
  • Blood (2009年)
  • Fire Make Thunder (2012年)

フェイツ・ウォーニング編集

  • 『パーフェクト・シンメトリー』 - Perfect Symmetry (1989年)
  • 『プレザント・シェイド・オブ・グレイ』 - A Pleasant Shade of Gray (1997年)
  • 『ディスコネクテッド』 - Disconnected (2000年)

外部リンク編集