ゲイナー (企業)

日本のレーシングチーム運営企業

株式会社ゲイナー(GAINER.INC)は、日本のレーシングチームの運営企業。

株式会社ゲイナー
GAINER.INC
No.11 GAINER TANAX GT-R after 2019 Suzuka 300km (1).jpg
2019年SUPER GT参戦車両
(11号車 GAINER TANAX GT-R)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
601-1251
京都府京都市左京区八瀬花尻町198-1
設立 1999年(2012年1月1日より社名を株式会社ゲイナーに変更)
業種 サービス業
法人番号 2130001039254 ウィキデータを編集
外部リンク http://www.gainer.asia/
テンプレートを表示

略歴編集

  • 1999年 鈴鹿サーキットで開催のポッカ1000kmレースにTeam GAINERとして参戦しスタート。
  • 2000年 全日本GT選手権(現・SUPER GT)に参戦開始。
  • 2003年 童夢とジョイント、童夢開発のフェラーリ・360モデナに車両をスイッチ。
  • 2005年 提携先をスーパーアグリカンパニーに変更、『マッハGoGoGo』とのタイアップでマシンを「マッハ号」とする(ベース車は360モデナで変わらず)。
  • 2008年 自社メンテナンス開始、車両をフェラーリ・F430に変更。
  • 2011年 車両をフェラーリ・458 GTCに変更。
  • 2012年1月1日 社名を株式会社ゲイナーに変更し、チーム名もGAINERと変更した。F458を1年で諦め、車両をアウディ・R8に変更。
  • 2013年 車両をメルセデス・ベンツ・SLS AMGに変更。
  • 2014年 SUPER GT・GT300クラスでチームタイトルを獲得[1]
  • 2015年 この年よりNISMOと提携し、日産・GT-Rとメルセデス・ベンツ・SLSの2台体制となる。SUPER GT・GT300クラスにおいて、GT-Rに乗るアンドレ・クートがドライバーズタイトルを獲得し、チームタイトルとの2冠を達成した[2]
  • 2018年 この年よりNISMO Racing Customer Teamとなり、2台ともに新型のGT-R GT3で参戦。エースカーの11号車が第4戦タイで優勝を飾り、最終的にはランキング5位でシーズンを終えた。

参戦歴編集

年度 No. マシン ドライバー 順位 ポイント
1999年 111 JIM GAINER F355(Rd.2,5-7)   井倉淳一
  真希遊世
NC 0
2000年 111 JIM GAINER F355(Rd.1,2,4)
→JIM-C TWS F355(Rd.5,7)
  井倉淳一
  真希遊世
15位 2
2001年 11 JIM・メディコム GT3R   井倉淳一
  牛窪宏次(Rd.1,7)
  真稀遊世(Rd.2-6)
15位 5
2003年 11 JIM RodeoDrive アドバンF360   松田秀士
  田中哲也
8位 46
2004年 10 JIM Gainer アドバンF360   田中哲也
  余郷敦
3位 78
11 JIM RodeoDrive アドバンF360   松田秀士
  菅一乗
2005年 10 MACH-GO FERRARI DUNLOP   三船剛
  松田秀士(Rd.1,3-5,7,8)
  番場琢(Rd.2,6)
4位 72
11 JIM GAINER FERRARI DUNLOP   田中哲也
  パオロ・モンティン
2006年 10 T&G CyberAgent DUNLOP F360(Rd.1-7,9)   ヒロミ
  尾本直史
  山田英二(Rd.6)
NC 0
11 JIM CENTER FERRARI DUNLOP   田中哲也
  青木孝行
9位 42
2007年 10 JIM CENTER DIXCEL ADVAN F360(第9戦)   植田正幸
  安田裕信
32位 1
11 TOTAL BENEFIT・JIM CENTER F360(Rd.1-8)   植田正幸
  松田秀士(Rd.1-3,6)
  菅一乗(Rd.4-8)
20位 9
2008年 11 JIMCENTER ADVAN F430   田中哲也
  植田正幸
15位 20
2009年 10 JIM GAINER ADVAN F360   植田正幸
  川口正敬
16位 14
11 JIM GAINER ADVAN F430   田中哲也
  平中克幸
3位 103
2010年 11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430   田中哲也
  平中克幸
7位 52
2011年 10 Rn-sports JIMGAINER F430(Rd.6-8)   植田正幸
  川口正敬
24位 3
11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458   田中哲也
  平中克幸
2位 105
2012年 11 GAINER DIXCEL R8 LMS   田中哲也
  平中克幸
  余郷敦(Rd.5)
6位 65
2013年 10 GAINER Rn-SPORTS DIXCEL SLS   田中哲也
  植田正幸
  川口正敬(Rd.5)
15位 27
11 GAINER DIXCEL SLS   平中克幸
  ビヨン・ビルドハイム
2位 100
2014年 10 GAINER Rn-SPORTS SLS   植田正幸
  山内英輝
15位 32
11 GAINER DIXCEL SLS   平中克幸
  ビヨン・ビルドハイム
1位 97
2015年 10 GAINER TANAX GT-R   アンドレ・クート
  千代勝正(Rd.1,2,4,5,7,8)
  富田竜一郎(Rd.2,3,5,6)
1位 116
11 GAINER TANAX SLS   平中克幸
  ビヨン・ビルドハイム
4位 71
2016年 0 GAINER TANAX GT-R   アンドレ・クート
  富田竜一郎
7位 62
11 GAINER TANAX AMG GT3   平中克幸
  ビヨン・ビルドハイム
9位 49
2017年 10 GAINER TANAX triple a GT-R   富田竜一郎
  吉田広樹
17位 29
11 GAINER TANAX AMG GT3   平中克幸
  ビヨン・ビルドハイム
5位 65
2018年 10 GAINER TANAX triple a GT-R   星野一樹
  吉田広樹
16位 22
11 GAINER TANAX GT-R   平中克幸
  安田裕信
5位 48
2019年 10 GAINER TANAX triple a GT-R   星野一樹
  石川京侍
14位 22
11 GAINER TANAX GT-R   平中克幸
  安田裕信
3位 48
2020年 10 TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R   星野一樹
  石川京侍
11 GAINER TANAX GT-R   平中克幸
  安田裕信

その他編集

光文社の男性雑誌『Gainer』とは、単に名称が同じというだけにとどまらず、2016年には雑誌側が同チームのスポンサーとなり、ボンネットおよびサイドに雑誌ロゴが掲出されている[3][4]。今後両者によるコラボ企画を行う計画もあるとされたが、当の『Gainer』が同年8月号を持って休刊となったため、実現せずに終わった。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集