ゲイリー・ブルッカー

ゲイリー・ブルッカー(Gary Brooker、1945年5月29日 - )は、イングランド出身のミュージシャンロック歌手、鍵盤奏者音楽プロデューサー

ゲイリー・ブルッカー
Gary Brooker

MBE
2018 Procol Harum - Gary Brooker - by 2eight - 8SC9253.jpg
ドイツ・ニュルンベルク公演(2018年)
基本情報
生誕 (1945-05-29) 1945年5月29日(75歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ロック
アート・ロック
プログレッシブ・ロック
ピアノ・ロック
バロック・ポップ
職業 ミュージシャンシンガーソングライター鍵盤奏者音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルピアノキーボードハーモニカ
活動期間 1962年 - 現在
レーベル クリサリス・レコード
マーキュリー・レコード
Gazza Records
共同作業者 パラマウンツ
プロコル・ハルム
エリック・クラプトン
リンゴ・スター
ビル・ワイマン

ロックバンドプロコル・ハルム」の主宰として知られる。2003年大英帝国勲章を叙勲。

来歴編集

英国ロンドンで生まれ、1955年エセックス州に移る[1]1959年に中学校時代の仲間達と「パラマウンツ」というグループを結成。1962年頃から本格始動し、翌1963年にシングルデビューを果たす[1]レイ・チャールズらに影響を受けR&B色の濃い楽曲を制作し、コースターズのカヴァー曲をヒットさせるが、1966年に解散。

 
プロコル・ハルム結成当時(1967年)

その後、1967年に詩人のキース・リードと出会い、リードの作った詞にブルッカーが曲をつける方式で、ロック・バンド「プロコル・ハルム」を結成。ブルッカーが作曲、ピアノ、リード・ヴォーカルを担当したプロコル・ハルムのデビュー曲「青い影」は世界的大ヒットとなり、1977年に解散するまで、多くの曲をリードと共作した。

バンド解散後はソロとして活動する傍ら、エリック・クラプトン・バンドのバンドマスターを務めたほか、ジョージ・ハリスンリンゴ・スターといった元ビートルズのメンバーとも共演した。また、アラン・パーソンズ・プロジェクトにもリード・ヴォーカルとしてゲスト参加している。

 
プロコル・ハルム - ロンドン公演(2002年)

1991年にプロコル・ハルムを再結成し、現在でも各国をツアーしている。そのチャリティー活動が評価され、2003年、英国王室から大英帝国勲章(五等勲士、MBE)を授けられた。また、1997年から1999年にかけて、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのツアーにも参加。「青い影」や「征服者」等を歌った。その頃には、ビル・ワイマンが率いるリズム・キングスにも名を連ねている。

ディスコグラフィ編集

ソロアルバム

  • No More Fear of Flying(1979年)
  • Lead Me to the Water(1982年)
  • Echoes in the Night(1985年)

ライブアルバム

  • Within Our House(1996年)

脚注編集

外部リンク編集