ゲオルク・アマデウス・カール・フリードリヒ・ナウマン

ドイツの地質学者

ゲオルク・アマデウス・カール・フリードリヒ・ナウマンGeorg Amadeus Carl Friedrich Naumann1797年5月30日 - 1873年11月26日)はドイツ地質学者

ゲオルク・アマデウス・カール・フリードリヒ・ナウマン
Georg Amadeus Carl Friedrich Naumann
Karl Friedrich Naumann Litho.jpg
生誕 (1797-05-30) 1797年5月30日
死没 (1873-11-26) 1873年11月26日(76歳没)

兄のヨハン・フリードリヒ・ナウマンは鳥類学者。父ヨハン・アンドレアス・ナウマン博物学者である。

ナウマン鉱ドイツ語版は、カール・フリードリッヒ・ナウマンに因む[1]

脚注編集

  1. ^ ナウマン鉱』 - コトバンク

外部リンク編集