ゲオルク・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=クルムバッハ

ゲオルク・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルクGeorg Albrecht von Brandenburg-Kulmbach1619年3月20日 - 1666年9月22日)は、 ホーエンツォレルン家の一族で新しい分流であるクルムバッハ系(クルムバッハ=バイロイト家系の傍流)の創始者。彼の孫のうち2人がバイロイト侯領の領主となったが、彼自身は領主として統治することはなかった。

ゲオルク・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=クルムバッハ
Georg Albrecht von Brandenburg-Kulmbach
Bt 011georgalbrecht1619.jpg

出生 (1619-03-20) 1619年3月20日
死去 (1666-09-22) 1666年9月22日(47歳没)
配偶者 マリア・エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク
  マリア・ゾフィー・フォン・ゾルムス=バールト
子女 エルトマン・フィリップ
クリスティアン・ハインリヒ
カール・アウグスト
ゲオルク・アルブレヒト
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=バイロイト辺境伯クリスティアン
母親 マリー・フォン・プロイセン
テンプレートを表示

生涯編集

ゲオルク・アルブレヒトは、ブランデンブルク=バイロイト辺境伯クリスティアンとその妻マリー・フォン・プロイセンの次男。兄で嗣子のエルトマン・アウグストは、父に先立って1651年に亡くなった。しかし、この時には既にエルトマン・アウグストの子クリスティアン・エルンスト1644年に生まれており、ゲオルク・アルブレヒトが後継者とはならなかった。1655年にクリスティアンが亡くなるとクリスティアン・エルンストがバイロイト侯領の領主となり、ゲオルク・アルブレヒトは傍流の王子のまま1666年に亡くなった。息子のクリスティアン・ハインリヒも同様に1708年に死去。

しかし、クリスティアン・エルンストの息子ゲオルク・ヴィルヘルム1726年に男系後継者を遺さずに亡くなると、クリスティアン・ハインリヒの長男でゲオルク・アルブレヒトの年長の孫に当たるゲオルク・フリードリヒ・カールがバイロイト侯領の領主となった。更にゲオルク・フリードリヒ・カールの息子フリードリヒも男系後継者のないまま亡くなると、フリードリヒの叔父でゲオルク・アルブレヒトにとっては年少の孫にあたるフリードリヒ・クリスティアンがバイロイト侯領の領主となった。

ゲオルク・アルブレヒトが創設したフランケン系ホーエンツォレルン家の傍流をヴェーファーリンガー系とも呼ぶが、これは息子クリスティアン・ハインリヒがシェーンベルク協約に基づき、ヴェーファーリンゲン城を居城としたことに因んだ呼び名である。

家族編集

1651年、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公フィリップの娘マリア・エリーザベトと結婚、3人の子を儲けた。

1665年、マリア・ゾフィー・フォン・ゾルムス=バールトと再婚、1子を儲けた。

  • ゲオルク・アルブレヒト(1666年 - 1703年)

参考文献編集

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

外部リンク編集