メインメニューを開く

ゲオルク・クーレンカンプ(Georg Kulenkampff, 1898年1月23日[1] - 1948年10月5日[2])は、ブレーメン生まれのヴァイオリニスト

ゲオルク・クーレンカンプ
生誕 (1898-01-23) 1898年1月23日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国ブレーメン
死没 (1948-10-05) 1948年10月5日(50歳没)
学歴 ベルリン高等音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト

経歴編集

地元でエルンスト・ヴェンデルから手ほどきを受けた後、1912年ベルリン高等音楽院ヴィリー・ヘスに師事し、1916年ブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターとして入団する。

1925年に母校の教授に就任し、後進の指導の傍ら活発な演奏活動を行う。とりわけ有名なのは、チェリストのエンリコ・マイナルディや、ピアニストのエトヴィン・フィッシャーと組んだピアノ三重奏団の活動、およびナチス主導によるロベルト・シューマンヴァイオリン協奏曲の初演であろう。1940年には、フルトヴェングラーのヴァイオリン・ソナタ第2番を初演している。

また、日本の若き作曲家貴志康一ヴァイオリン協奏曲も初演している。

1944年スイスへ逃れ、カール・フレッシュの後任としてルツェルン音楽院のヴァイオリン科教授に就任した。チューリッヒにて死去。

脚注編集

  1. ^ Georg Kulenkampff | Biography & History | AllMusic”. AllMusic. 2018年10月20日閲覧。
  2. ^ Georg Kulenkampff | from the archives” (英語). csoarchives.wordpress.com. 2018年10月20日閲覧。