メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ゲオルク・シュテラー
  • ゲオルク・ステラー

ゲオルク・ヴィルヘルム・シュテラーGeorg Wilhelm Steller, 1709年3月10日 - 1746年11月14日)は、ドイツ出身のロシア帝国博物学者探検家医師である。姓はステラーと表記している場合もある。

履歴編集

1709年音楽教師の息子としてドイツに生まれる。説教師を勤める傍ら、ハレ大学(現マルティン・ルター大学ハレ・ヴィッテンベルク)で神学哲学、医学、自然科学を修める。1741年7月4日ヴィトゥス・ベーリングに従い、カムチャツカアリューシャン諸島アラスカなどを探検する航海に同行。探検船がコマンドル諸島無人島(その後、ベーリング島と命名された)で難破し、隊長のベーリングが病死した後は、自ら隊長となって生き残りの船員を指揮し、無人島からの脱出・ペトロパヴロフスク・カムチャツキーへの生還を果たした。しかし、1746年ペテルブルクへ戻る途中のチュメニの地で病死した[1]

出版物 とその影響編集

死後、遺稿のなかから『ベーリング海の海獣調査』『カムチャッカ誌』『ベーリング島誌』などが刊行された。この中で、船員らの態度などが辛辣な表現[2]が多く書かれているのは、本人が校正していないためである。シュテラー(および乗組員)が発見し、書籍により存在が伝えられることとなったステラーカイギュウメガネウは、皮肉なことに二種ともにシュテラーの報告がもとで乱獲の対象となり、1768年絶滅した。そのため、彼の書籍が唯一のステラーカイギュウの生態を伝える資料となってしまった。

著書の図版編集

関連項目編集

  • 壊血病:遭難時には、経験的な治療法により多くの船員を救った。
  • トド:欧米の諸語では、シュテラーにちなみ、「シュテラーのアシカ」と呼ばれている。
  • オオワシ:英語名は「シュテラーのウミワシ(Steller's sea eagle)」となる。
  • ステラーカケス
  • コケワタガモ

出典編集

  1. ^ L.ベルグ『カムチャツカ発見とベーリング探検』龍吟社、1942年、P.149。
  2. ^ ピーター・スターク『ラストブレス』講談社文庫