ゲジーネ・レッチュ

ゲジーネ・レッチュドイツ語: Gesine Lötzsch1961年8月7日 - )は、ドイツ政治家左翼党(Die Linke)所属の連邦議会議員。2010年から2012年まで、クラウス・エルンストと共に左翼党の共同党首を務めた。

ゲジーネ・レッチュ
Gesine Lötzsch
2018-06-09 Bundesparteitag Die Linke 2018 in Leipzig by Sandro Halank–115.jpg
生年月日 (1961-08-07) 1961年8月7日(61歳)
出生地 東ドイツの旗 東ドイツ
ベルリン=リヒテンベルク
所属政党ドイツ社会主義統一党→)
民主社会党→)
左翼党

Die Linke logo.svg 左翼党共同党首
在任期間 2010年5月15日 - 2012年6月2日

選挙区 ベルリン=リヒテンベルク選挙区
当選回数 6
在任期間 2002年 -
テンプレートを表示

経歴編集

1980年に拡張型上級学校(Erweiterte Oberschule :EOS)を卒業した後に、フンボルト大学で学びドイツ語英語の教員資格を取得。1988年には同大学で博士号を取得している[1]

1884年にドイツ社会主義統一党へ入党。1989年から1990年までベルリンリヒテンベルク区の区議会議員を務め、1991年から2002年までベルリン市議会議員を務めた。2002年ドイツ連邦議会選挙ではベルリン=リヒテンベルク選挙区から立候補し、当選[2]。なお2002年の連邦議会選で民主社会党(PDS)は、比例議席配分を受けるのに最低限必要な5%得票率を超えられなかったため、同党は小選挙区から当選したレッチュとペトラ・パウの2議席しか議席を獲得することができなかった。

2010年5月15日、左翼党の連邦党大会でクラウス・エルンストと共に共同党首に選出される[3]。2014年から2017年まで連邦議会の予算委員長を務めた。

脚注編集

外部リンク編集