ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン

ゴットフリード・フォン・ベルリヒンゲン: Gottfried von Berlichingen, 1480年 - 1562年7月23日)は、中世ドイツ騎士。戦争で片腕を無くすが鋼鉄の義手を付けて戦い続けたことから「鉄腕ゲッツ」の異名を誇った。

ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン
ゲッツが使用した鋼鉄の義手
ホルンベルク(城)

史実の人物としてよりもヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが24歳の時に書いた戯曲「鉄の手のゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」の登場人物として有名になる。ゲーテの作品ではかなり美化されて英雄として描かれているが、史実ではフェーデを悪用して決闘と称した強盗、恐喝、追いはぎを繰り返して財産を築き強盗騎士と揶揄されたほどで、血の気が多く戦いには首をつっこまずには居られない性分だったという。最期は軟禁生活からの解放の条件としてフェーデを行わないという誓約書を書かされた。

彼の生きた時代は「最後の騎士」と呼ばれた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の時代であり、騎士が衰退していく時代であった。

晩年にネッカーツィンメルンホルンベルク(城)英語版の主となりゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン・ツゥ・ホルンベルクと改名した。

義手編集

最初の物は剣を握るギミックを持ち、後に左手を使い手綱も握れるようになる義手を手に入れた。 彼の使用していた義手は博物館となっているホルンベルク城に現存する。

経歴編集

関連項目編集

参考資料編集