ゲッティング・ベター

ゲッティング・ベター(Getting Better)はビートルズの楽曲である。

ゲッティング・ベター
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
リリース 1967年6月1日
録音 1967年3月9日
ジャンル フュージョン/サイケデリック・ロック
時間 2分47秒
レーベル パーロフォン
キャピトル
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム
バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002
バック・イン・ザ・ワールド
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
A面
  1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
  4. ゲッティング・ベター
  5. フィクシング・ア・ホール
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム
  7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
B面
  1. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
  2. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
  3. ラヴリー・リタ
  4. グッド・モーニング・グッド・モーニング
  5. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  7. サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ
バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002 収録曲
オール・マイ・ラヴィング
(3)
ゲッティング・ベター
(4)
カミング・アップ
(5)
バック・イン・ザ・ワールド 収録曲
オール・マイ・ラヴィング
(3)
ゲッティング・ベター
(4)
カミング・アップ
(5)

目次

解説編集

本作は1967年に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されたポール・マッカートニー作の曲である。

曲ができた経緯はこうである。ある日、ポールが犬のマーサと散歩していると、春の気持ちよさに「It's getting better!」と叫んだ。それから、1964年6月にリンゴ・スターが扁桃腺炎にかかってしまいライブで演奏できなくなったときに代役として来ていたジミー・ニコルというドラマーが周りに調子を聞かれたときの口癖「いつだってだんだんよくなってくるよ」[1]を思い出した。そこで曲作りを始めたというわけである[2]

この曲にはピアネット(初期のエレクトリック・ピアノ)、タンブーラ(弦楽器)といった楽器が使われている。2つの楽器とギターを加えて低音を出し続ける箇所があるが、その重たい音によってボーカルを引き立たせている[2]

歌詞の中に「これ以上悪くなるはずがないさ」[3]という部分があるが、これはジョン・レノンがこの曲の録音時に歌詞を知らずに間違えて歌ったのを採用したものである。これによって、曲は楽観主義だけではない皮肉を効かせた曲になった[2]

ポールは解散後もこの曲をステージで取り上げてこなかったが、2002年の『Back in the U. S.』で「録音して以来、演奏していない曲もある」と前置きしてこの曲を演奏した。

プレイヤー編集

  • ジョン・レノン: リード・ギター と バッキング・ボーカル
  • ポール・マッカートニー: ベース・ギター と ボーカル
  • ジョージ・ハリスン: リズム・ギター, タンブーラ と バッキング・ボーカル
  • リンゴ・スター: ドラムス と ボンゴ
  • ジョージ・マーティン: ピアノ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 水木まり訳、キネマ旬報社、1996年、164ページ7行
  2. ^ a b c ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 164-171ページ
  3. ^ ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 170ページ13行

外部リンク編集