1967年 東京教育大学筑波移転反対闘争のバリケード。「評言ギ会」「斗争」などの略字を使用。
1968年 神田カルチェ・ラタン闘争前の中央大学中庭の集会。
1991年 自動車雑誌NAVIによる湾岸戦争反対の立て看板。「反战」「万才」の略字を使用。
2005年 京都大学石垣カフェ撤去反対の立て看板。

ゲバ字(ゲバじ)とは、日本の学生運動でビラや立て看板などに使用された特徴的な字体[1]を指す呼称。ゲバ文字[2]全学連文字[2][3][4]トロ字[5]とも。

用語編集

「ゲバ字」や「ゲバ文字」の「ゲバ」はドイツ語のゲバルト(暴力)より。「全学連文字」の「全学連」は全学連より。「トロ字」の「トロ」はトロツキストより。これらの字体は主に日本の新左翼やその影響によって使用された。彼らは当初は日本共産党より「トロツキスト」と呼ばれ、1955年以降は「全学連」主流派となり、多くはマルクス主義に基づき暴力革命による共産主義革命を主張した。

概要編集

ゲバ字は、ビラ(アジビラ)や立て看板の他、旗やヘルメット(ゲバヘル)などにも使用された。統一的な定義や基準があるものではない。大きな意味でのゲバ字は中華人民共和国簡体字の他、独自の作字法としてカタカナやローマ字や「X」などの記号文字を取り入れるなどして、できるだけ総画数を少なくするというやり方である[3]。字形は極端に角張り、文化大革命大字報の影響も見られる[6]。代表的な略字の例には以下などがある。

  • 「闘争」→「斗争」[6][2] (略字[7]
  • 「万歳」→「万才」[6](略字[7]
  • 「労働」→「労仂」[2](略字[8]
  • 「職業」→「耺業」[2](略字[9]
  • 「議会」→「言ギ会」[10](一部カタカナによる略字)
  • 「反戦」→「反战」[11](簡体字)

2000年代以降は使用頻度は減少したが、日本共産党(左派)[12]など一部では使用され続けている。また2000年代よりインターネット上に「ゲバ文字フォント」が公開された[13]

線の太さを揃えるため、看板等に書く際は毛筆ではなくスポンジ筆が用いられる。用意できない場合、台所用スポンジを任意の太さにカットすれば代用可能である。

その他編集

ゲバ字が使用された主な作品には以下がある。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集