ゲラント・トーマス

ゲラントゲライント[1][2]・ハウエル・トーマス(Geraint Howell Thomas、1986年5月25日 - )は、ウェールズカーディフ(ウィットチャーチ)出身の自転車競技選手。ジェレイント・トーマスジェライント・トーマスと表記する自転車競技関連Web、雑誌もある。

ゲラント・トーマス
Geraint Thomas
Cycling (road) pictogram.svg
Geraint Thomas 2019.jpg
2019年ツール・ド・ロマンディにて
個人情報
本名 Geraint Howell Thomas
ゲライント・ハウエル・トーマス[1][2]
愛称 G
生年月日 (1986-05-25) 1986年5月25日(35歳)
国籍 ウェールズの旗 ウェールズ
イギリスの旗 イギリス
身長 183cm
体重 71kg
チーム情報
所属 イネオス・グレナディアス
分野 ロードレース&トラックレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー
プロ所属チーム
2006
2007–2009
2010–
リサイクリング
バルロワールド
チーム・スカイ
グランツール最高成績
ツール・ド・フランス 総合優勝 (2018)
主要レース勝利

Gold medal.svg オリンピック

団体追抜 2008、2012

Jersey rainbow.svg 世界選手権

団体追抜 2007-2008、2012

ツール・ド・フランス

Jersey yellow.svg 総合優勝 2018
区間通算3勝

イギリスの旗 イギリス選手権

個人ロード 2010
個人タイムトライアル 2018

ツール・ド・ロマンディ 2021
クリテリウム・デュ・ドーフィネ

Jersey yellow-bluebar.svg 総合優勝 2018
区間通算1勝
コモンウェルスゲームズ・ロードレース 2014
E3 ・ハレルベーク 2015
バイエルン一周 2011
パリ~ニース 2016
 
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 自転車競技 トラックレース
オリンピック
2008 北京 団体追抜
2012 ロンドン 団体追抜
世界選手権自転車競技大会
2007 マジョルカ島 団体追抜
2008 マンチェスター 団体追抜
2012 メルボルン 団体追抜
2006 ボルドー 団体追抜
2012 メルボルン マディソン
ウェールズの旗 ウェールズ
男子 自転車競技 トラックレース
コモンウェルスゲームズ
2006 メルボルン ポイントレース
男子 自転車競技 ロードレース
コモンウェルスゲームズ
2014 グラスゴー 個人ロードレース
2014 グラスゴー 個人タイムトライアル
最終更新日
2021年6月7日

経歴編集

2004編集

2006編集

2007編集

2008編集

2010編集

チーム・スカイに移籍。

2011編集

2012編集

2013編集

2014編集

2015編集

2016編集

2017編集

2018編集

 
第20ステージ個人タイムトライアルにて、マイヨジョーヌを着用して走るゲラント・トーマス
  • ツール・ド・フランス   総合優勝(第11,12ステージ優勝)
    • 前哨戦ドーフィネでの個人総合優勝を引っさげ、クリス・フルームとのダブルエース体制で臨んだツールでは、序盤の落車や石畳を無難に乗り切り、アルプス山脈三連戦の二日目にあたる第11ステージでは単独アタックを敢行、先頭で粘っていたミケル・ニエベをゴール直前で追い抜き優勝、マイヨ・ジョーヌを獲得すると、続く第12ステージのラルプ・デュエズへの山頂フィニッシュでも総合勢によるスプリント勝負で優勝し、リードを拡大する。終盤のピレネー山脈での山岳ステージではボーナスタイム争いのスプリントでコンスタントにタイムを稼ぎ続け、第20ステージの個人タイムトライアルでは第1・第2中間計測でトップタイムをマークするなど個人TTでも活躍を見せ、最終的にステージ優勝を果たしたトム・デュムランから14秒遅れでフィニッシュ。最終第21ステージでは総合3位となったチームメートのフルームと肩を組んでフィニッシュ、自身初のツール総合優勝を飾った。ウェールズ人によるツール総合優勝は史上初となる。

2019編集

  • 前年のツール・ド・フランスでの活躍が評価され、新年叙勲でOBE(大英帝国四等勲爵士)を受章。[3]
  • ツール・ド・フランス 総合2位
    • フルームが前哨戦のクリテリウム・デュ・ドフィネで落車して大怪我したため出場せず、新たに台頭してきたエガン・ベルナルをセカンドエースとするダブルエース体制に近い陣容で臨んだが、結果的にベルナルが総合優勝し、トーマスは2位となった。

2020編集

ジロ・デ・イタリアにエースとして臨むこととなった。
直近2レースであるティレーノ・アドリアティコで総合2位、世界選手権個人TTで4位と好成績を残していた。しかし、総合3位で出走した第3ステージのパレード走行中にボトルを踏んで落車し、大きくタイムを失いながらも完走した。
しかし、骨盤の骨折が判明した為に第4ステージで未出走を選択した。

2021編集

グランツールの総合成績編集

Grand Tour general classification results timeline
グランツール 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
ジロ・デ・イタリア 118 80 途中棄権 途中棄権
ツール・ド・フランス 140 67 31 140 22 15 15 途中棄権 1 2
ブエルタ・ア・エスパーニャ 69

脚註編集

  1. ^ a b Geraint Thomasの発音 - 発音ガイド Forvo。
  2. ^ a b Geraintの発音 - 発音ガイド Forvo。
  3. ^ Geraint Thomas awarded OBE in New Years Honour

外部リンク編集