ゲリラズ・オブ・デスティニー

ゲリラズ・オブ・デスティニーGuerrillas of Destiny)は、新日本プロレスタマ・トンガ(アリペイト・フィフィタ)とタンガ・ロア(テヴィタ・フィフィタ)の兄弟によるタッグチーム

ゲリラズ・オブ・デスティニー
Guerrillas of Destiny
タッグチーム
メンバー タマ・トンガ
タンガ・ロア
名称
  • ゲリラズ・オブ・デスティニー
  • サンズ・オブ・トンガ
合計体重 429 lb (195 kg)
デビュー 2008年11月8日 (2008-11-08)
団体

来歴編集

サンズ・オブ・トンガ時代編集

2008年11月8日、サザン・チャンピオンシップ・レスリング・フロリダSouthern Championship Wrestling Florida、略称 : SCWフロリダ)が主催する興行で、アリペイトがカヴァKava)、テヴィタがヌクNuku)とリングネームを変更し、サンズ・オブ・トンガSons Of Tonga)を結成。アジアン・スーパースター・オーガニゼイション(ジェーソン・ヘックス&ライズ)を相手にタッグデビュー戦を行い、敗戦した。以降、アファ・アノアイが主宰するアメリカのプロレス団体、ワールド・エクストリーム・レスリングWorld Xtreme Wrestling、略称 : WXW)やカルロス・コロンが主宰するプエルトリコのプロレス団体、ワールド・レスリング・カウンシル・ユーフォリアWorld Wrestling Council Euphoria、略称 : WWCユーフォリア)などを転戦していたが、2009年2月にヌクがWWEとディベロップメント契約を交わしたことから、短期間でタッグ解散となった。

その後、アリペイトは新日本プロレスに参戦しかつて父親のキング・ハクが使用していたリングネームに肖り、タマ・トンガとして活動。テヴィタはWWEでの活動を経て、2015年2月からはTNAに参戦している。

ゲリラズ・オブ・デスティニー時代編集

2016年3月12日、新日本プロレスのヒール・ユニットBULLET CLUBの一員として活動するタマ・トンガがG・B・H真壁刀義&本間朋晃)の保持するIWGPタッグ王座に挑戦をアピールし、共に挑戦するパートナーの正体が「マイ・ブラザー」だと明言した[1]。後日、タマ・トンガはタンガ・ロアと改名した弟テヴィタと共にIWGPタッグ王座に挑戦することが決定となり、タッグチーム名をゲリラズ・オブ・デスティニーと改めて、タッグとしての活動を再開した[2]

4月10日、新日本のPPVINVASION ATTACK 2016のセミファイナルに登場し、IWGPタッグ王座に挑戦。本間にゲリラ・ウォーフェアを見舞いトンガがピンフォール勝ちを収め、第70代王者組に戴冠した[3]

合体技編集

 
ゲリラ・ウォーフェア
ゲリラ・ウォーフェア
合体式ダブルアームDDT。タマ・トンガがリバース・フルネルソンの体勢で組みついた相手を持ち上げ、タンガ・ロアが持ち上げられた相手の足を肩口に乗せ、息を合わせるように倒れ込みながら相手の頭をマットに叩きつける。
キルショット
ロープに振った相手をタンガ・ロアがフラップジャックの体勢で上空に放り上げて足を掴み、タマ・トンガが相手頭部を空中でキャッチしガンスタンの基本形に移行し、相手をマットに叩きつける。
ナイトフォール
タンガ・ロアがバックドロップで相手を抱えた後、タマ・トンガがネックブリーカーの基本形に移行し、相手をマットに叩きつける。
合体トンガンツイスト
トンガンツイストのツープラトン版。片方が首を持ち、片方が両足を持って同時に捻る。
スーパーパワーボム
タマ・トンガがブレーンバスターで持ち上げ、タンガ・ロアがコーナー最上段に座ってが相手選手を抱え上げて高角度パワーボムの体勢になるようアシストし、コーナーから飛び降りながらパワーボムを掛ける。コーナーからの落差と、落下速度の上昇により、大きなダメージを与える現在のフィニッシャー。この技でROH世界タッグ王座を奪取した。

タイトル歴編集

IWGPタッグ王座を手にするトンガとロア。
新日本プロレス
ROH
レッスル・サーカス
  • WCビッグ・トップ・タッグ王座 : 1回

入場テーマ曲編集

G.O.D. (Firing Squad) feat. Kashis Keyz / No Name Tim
2019年1月 - 現在まで使用。
Guerrilla Tactics / [Q]BRICK
2016年4月 - 2019年1月まで使用。

その他編集

  • チーム名となっているゲリラズ・オブ・デスティニーの由来としてゲリラは「自由な闘い」という意があり、デスティニーは「(それぞれ)別々の道を歩んできたが、ここに来て同じ道を歩むことになった」ことからとっている。また、タマ・トンガは「闘いの神」、タンガ・ロアは「家族の神」という意味合いが込められており、それぞれ神を表していることからチーム名の頭文字もGOD英語で「」の意)となっている[4]

脚注編集

  1. ^ 「パートナーはマイ・ブラザー!」タマ・トンガが4.10両国でタッグ王座挑戦表明!「1対1でやろうじゃねーか!」小島が柴田をKO!【3.12青森結果】”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ 【4.10両国大会、絶賛発売中!】“IWGPヘビー選手権”オカダ・カズチカvs内藤哲也! タマが兄弟タッグ結成! KUSHIDAvsオスプレイ! IWGPJr.タッグ戦!”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年3月17日閲覧。
  3. ^ 【IA16】天山に勝利の柴田、永田を蹴って宣戦布告! タマ&タンガの“兄弟コンビ”がIWGPタッグ初戴冠!【4.10両国結果】”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年4月10日閲覧。
  4. ^ 【IA16】“渦中の男”タマ・トンガにインタビュー!「俺にとって最大のチャンス! BULLET CLUBの“穴”は俺たちが埋めるしかない!」ウワサの“弟”タンガ・ロアとは?”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年3月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集