ゲルトルート・フォン・ザクセン

ゲルトルート・フォン・ザクセン(Gertrud von Sachsen, 1115年4月18日 - 1143年4月18日)は、中世ドイツの女性でバイエルン公ザクセン公ハインリヒ10世(傲岸公)の妃。父はザクセン公兼神聖ローマ皇帝ロタール3世、母はリヒェンツァ・フォン・ノルトハイム

ゲルトルート・フォン・ザクセン
Gertrud von Sachsen
Gertruda.jpg

出生 1115年4月18日
死去 (1143-04-18) 1143年4月18日(28歳没)
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ザクセン公領ケーニッヒスルッター聖堂参事会教会
配偶者 バイエルン公ザクセン公ハインリヒ10世
  オーストリア辺境伯ハインリヒ2世
子女 ハインリヒ(獅子公)
父親 神聖ローマ皇帝ロタール3世
母親 リヒェンツァ・フォン・ノルトハイム
テンプレートを表示

生涯編集

1127年5月29日グンツェンレにおいてヴェルフ家のハインリヒ10世と結婚、1129年に一人息子のハインリヒ(獅子公)を産んだ。ハインリヒ10世は1126年にバイエルン公となり、舅の死後ザクセン公となった。

ハインリヒ10世が1139年に亡くなった後、ゲルトルートは1142年5月1日オーストリア辺境伯ハインリヒ2世と再婚したが、翌1143年、出産時に没した。

参考文献編集

  • Heinrich von Zeißberg: Gertrud. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 9, Duncker & Humblot, Leipzig 1879, S. 70.

関連項目編集

外部リンク編集