メインメニューを開く

ゲルト・タイスGert Thys1971年11月12日 - )は、南アフリカ共和国マラソン選手1996年アトランタオリンピック2004年アテネオリンピックの同国マラソン代表。167cm、54kg。ゲート・タイスとも表記される。

来歴編集

マラソンのトレーニング方法は全くの我流だが、一度17歳の時にコーチを付けたことがある。しかし、2ヶ月でうんざりしてしまい、以後は再び独自路線[1]1993年福岡国際マラソンに招待され2時間9分31秒で2位となる。1994年千葉国際クロスカントリー大会に出場して優勝。1996年には別府大分毎日マラソンでは2時間8分30秒で優勝。そして迎えた1996年アトランタオリンピックだったが、33位と惨敗を喫する。優勝は同じ南アフリカのジョサイア・チュグワネだった。1999年東京国際マラソンにおいて、当時世界歴代2位となる2時間6分33秒の好記録で優勝し、「チュグワネの存在は励みになる。一歩でも近づきたい[2]」と述べた。しかし、2004年のアテネオリンピックでも南アフリ カ代表として出場したが、16位と結果を残せず大舞台では不振だった。マラソン選手としてはキャリアが長く、2006年の別府大分毎日マラソンでは、マラソン界では珍しい10年ぶりの優勝を果たしている。

主な成績編集

  • 1993年 - 福岡国際マラソン(2時間9分31秒、2位)
  • 1996年 - 別府大分毎日マラソン(2時間8分30秒(当時の大会新記録)、優勝)
  • 1996年 - アトランタ五輪(2時間18分55秒、33位)
  • 1999年 - 東京国際マラソン(2時間6分33秒(当時の大会新記録)、優勝)
  • 1999年 - セビリア世界陸上(2時間17分13秒、15位)
  • 2003年 - パリ世界陸上(2時間15分00秒、30位)
  • 2004年 - アテネ五輪(2時間16分08秒、16位)
  • 2006年 - 別府大分毎日マラソン(2時間9分45秒、優勝(10年ぶり2度目))

出典編集

  1. ^ 朝日新聞東京本社版1999年2月15日付夕刊7面
  2. ^ 優勝は南アのゲルト・タイス 世界2位の快走