メインメニューを開く

ゲンコツの海』(ゲンコツのうみ)は、1973年1月10日から同年6月27日まで日本テレビ系列の毎週水曜19:30 - 20:00(JST)に放送された、北日本放送制作のテレビドラマである。全25回。吉田工業(現:YKK)一社提供

ゲンコツの海
ジャンル テレビドラマ
脚本 長坂秀佳上条逸雄ほか
演出 斉藤秀夫ほか
出演者 渡辺篤史
泉晶子
児島美ゆきほか
オープニング 「海はいつでも」(渡辺篤史)
プロデューサー 前田満州夫(国際放映)
制作 北日本放送国際放映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年1月10日 - 同年6月27日
放送時間 水曜19:30 - 20:00
放送枠 日本テレビ水曜7時30分枠連続ドラマ
放送分 30分
回数 25

特記事項:
吉田工業(現:YKK)一社提供

目次

概要編集

南海の島の小さな学校にモーターボートで赴任した、新任教師・山中大介の物語。

NNN系列の1つである北日本放送が制作した初のゴールデンタイム・全国ネットの番組だが、前番組のアニメ『新・オバケのQ太郎』のイメージが強すぎ、更に1週遅れて開始した円谷プロ特撮番組『ジャンボーグA』(毎日放送制作・NET系列)[1]に人気を奪われて低迷した結果、北日本放送制作、それに日本テレビ系列地方局制作(日本テレビ、読売テレビ中京テレビ以外)のゴールデンタイム(19・20時台)の番組はこれ1本きりだった(1985年まで広島テレビ主幹制作だったプロ野球ナイター中継広島 vs 巨人』を除く)。

広島県では、本放送当時、系列局の広島テレビがフジテレビ系列とのクロスネット局で、当該時間帯には『クイズグランプリ』・『スター千一夜』を放送していたため同時ネットできず、かつ他局も含めて遅れネットも行われなかったため、終了から4年後の1977年に広島ホームテレビ(テレビ朝日系列)が、平日11:00 - 11:30に再放送に準じる扱いで放送した[2][3]

出演者編集

ほか

スタッフ編集

主題歌編集

「海はいつでも」
作詞:山上路夫 / 作編曲:鈴木邦彦 / 歌:渡辺篤史

コミカライズ編集

  • 「原案:国際放映/画:望月あきら」名義で、「少女フレンド」(講談社刊)に連載された。
  • 単行本は、1973年4月8日に第1巻、同年5月28日に第2巻が、それぞれ「講談社コミックス」から発売された(いずれも絶版。未文庫本化)。それぞれの表紙カバーには、ドラマの出演者が写されていた。

脚注編集

  1. ^ 北日本放送の放送エリアである富山県ではNET系列局が所在しないため、富山テレビフジテレビ系列)が別時間帯にて遅れネットで放送していた。
  2. ^ 中国新聞、1977年10月3日(月曜日)、テレビ・ラジオ欄
  3. ^ 前番組の『新・オバケのQ太郎』は広島テレビで1ヶ月遅れの木曜18:00 - 18:30に放送していた(中国新聞、1972年4月13日〈木曜日〉テレビ・ラジオ欄)。
日本テレビ系列 水曜19時台後半枠
【当番組のみ北日本放送制作枠、当番組よりドラマ
前番組 番組名 次番組
新・オバケのQ太郎
※ここまでNTV制作
およびアニメ
ゲンコツの海
守れ!ジャングル
※再びNTV制作