メインメニューを開く
ゲンティン駅構内で発生した鉄道事故の記念碑

ゲンティン鉄道事故(ゲンティンてつどうじこ)とは、1939年12月22日ドイツザクセン=アンハルト州イェリヒョウアー・ラント郡ドイツ語版ゲンティン駅構内で発生した鉄道事故である。ポツダム駅ドイツ語版ノインキルヒェン行きD180列車がポツダム駅発ケルン中央駅行きD10列車に衝突し、おそらく278人が死亡し453人が負傷した。現在もドイツの鉄道史上最悪の事故である[1]

事故の経過編集

出発編集

12月22日23時15分(ベルリン時間)、クリスマス前のため輸送機関が混雑する中、ケルン行き急行列車のD10列車(荷物車に乗っていた35人が死亡)はほぼ満員の乗客を乗せて定刻通りポツダム駅を発車した。しかし戦時中の灯火管制により乗降に時間がかかり、発車後すぐに遅れが発生した。ポツダム中央駅ドイツ語版ではすでに5分遅れており、ブランデンブルクでは12分遅れていた。

23時45分(ベルリン時間)、後続のD180列車(ポツダム駅発ノインキルヒェン中央駅ドイツ語版行き)が発車した。D180列車はポツダムで再び停車し、マクデブルク中央駅ドイツ語版までノンストップの予定であった。

前述のようにD10列車の運行に遅れが発生していたため、D10列車とD180列車の車間距離は次第に減少していった。ゲンティンへ走るころには、列車の間隔は1閉塞距離しかなかった。

事故発生編集

D180列車は、ゲンティン駅までの道中で最後の閉塞扱所ドイツ語版であるベリッケドイツ語版 (Belicke) 閉塞扱所に進入した。先行するD10列車への追突を避けるため、閉塞信号機はD180列車に対して停止現示を表示したが、D180列車はこれを無視して通過した。なぜ通過したのかはっきりとしていないが、考えられる原因として、夜間に霧が立ち込めており視界が悪かったこと、一酸化炭素中毒(気象条件により機関車のばい煙が運転室に充満することがあった)、機関車の乗務員の不注意などが挙げられる。ベリッケ閉塞扱所はすぐにゲンティン駅に異状を報告した。

ゲンティン駅に到達したD180列車は、の入り口で、場内信号機と、出発信号機を予告する信号機 (Einfahr- und Ausfahrvorsignal) を確認したが、どちらとも先行するD10列車に対する現示(進行)のままだった。ゲンティン駅の駅員は赤いカンテラでD180列車を停車させようとした。しかしこの合図により、駅に進入中であったD10列車の運転士が非常ブレーキをかけて構内に停車してしまった。直後の0時55分ごろ、停車したD10列車に約100km/hでD180列車が追突した。

事故後編集

衝突によりD10列車の後部車両の一部は互いに食い込んだ(テレスコーピング)。後に186人が死亡し106人が負傷したと公表されたが[2]、当時の当局内部の資料では、278人が死亡し453人が負傷したと記録されていた[1]

救助作業は困難であり一週間に渡って続いた。当時のドイツは、同年9月1日のポーランド侵攻第2次世界大戦の勃発)により戦時体制に移行しており、灯火管制のため非常灯 (Notbeleuchtung) のみが点灯された。夜間に投光機 (Scheinwerfern) を使用するには特別な許可が必要であった。なお、多くの男性は戦争のために徴兵されていた。夜間に気温は-15°Cまで低下し、 多数の負傷者が凍死した。

D180列車の運転士と火夫は生存した。運転士は刑事訴訟 (Strafverfahren) で3年6カ月の自由刑を宣告された。

脚注編集