メインメニューを開く

ゲンマティモナス・アウランティアカ

ゲンマティモナス・アウランティアカGemmatimonas aurantiaca)は、好気性グラム陰性細菌である。ポリリン酸の蓄積、ときに出芽により増殖する性質がある。2003年下水処理場活性汚泥中から発見された。

ゲンマティモナス・アウランティアカ
Gemmatimonas aurantiaca.jpg
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: ゲンマティモナス門
Gemmatimonadetes
: ゲンマティモナス綱
Gemmatimonadetes
: ゲンマティモナス目
Gemmatimonales
: ゲンマティモナス科
Gemmatimonaceae
: ゲンマティモナス属
Gemmatimonas
: G. アウランティアカ
G. aurantiaca
学名
Gemmatimonas aurantiaca
Zhang et al. 2003

属名は出芽することからgemmatus(ラテン語:芽生えた/宝石をちりばめた)+monas(ラテン語:個体)、種形容語はコロニーの色からaurantiaca(中ラテン語:オレンジ色の)を意味するものである。タイプ株はT-27T (=JCM 11422T =DSM 14586T)。

参考文献編集

  • Zhang H, Sekiguchi Y, Hanada S, Hugenholtz P, Kim H, Kamagata Y, Nakamura K (2003). “Gemmatimonas aurantiaca gen. nov., sp. nov., a gram-negative, aerobic, polyphosphate-accumulating micro-organism, the first cultured representative of the new bacterial phylum Gemmatimonadetes phyl. nov.”. Int J Syst Evol Microbiol 53 (Pt 4): 1155–63. doi:10.1099/ijs.0.02520-0. PMID 12892144.