ゲープハルト (ロートリンゲン公)

ゲープハルト(ドイツ語:Gebhard, 860/8年 - 910年6月22日)は、コンラディン家のラーンガウ伯ウドとユーディト(古ヴェルフ家オセール伯コンラート1世の娘)の息子で、ラインガウ伯(在位:897年 - 906年)、ヴェッテラウ伯(在位:909年 - 910年)およびロートリンゲン公(在位:903年 - 910年)。

ゲープハルト
Gebhard
ロートリンゲン公
在位 903年 - 910年

出生 860/8年
死去 910年6月22日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国アウクスブルク近く
配偶者 イダ
子女 ヘルマン1世
ウド
家名 コンラディン家
父親 ラーンガウ伯ウド
母親 ユーディト・フォン・オセール
テンプレートを表示

903年東フランク王ルートヴィヒ4世はゲープハルトにロートリンゲンを与え、公爵の位を与えた[1][2]。ゲープハルトはマジャール人との戦いにおいて、アウクスブルク近くで戦死した[2]

イダとの間に2男をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Stingl 1974, p. 101.
  2. ^ a b Reuter 2013, p. 131.
  3. ^ a b Reuter 2006, p. 696.

参考文献編集

  • Reuter, Timothy, ed (2006). The New Cambridge Medieval History, c.900-c.1024. Vol. III. Cambridge University Press 
  • Reuter, Timothy (2013). Germany in the Middle Ages, c.800-1056. Routledge 
  • Stingl, Herfried (1974) (German). Die Entstehung der deutschen Stammesherzogtümer: am Anfang des 10. David Brown Book Company 
先代:
ツヴェンティボルト
(ロタリンギア王)
ロートリンゲン公
903年 - 910年
次代:
ギゼルベルト