メインメニューを開く

ゲームぎゃざ』は、ホビージャパンが1999年から2006年にかけて月刊で刊行していたゲーム雑誌。

ゲームぎゃざ
Game Gather
愛称・略称 ぎゃざ
ジャンル ゲーム雑誌 (TCG, TRPG, アーケード)
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 680円 - 780円
出版社 ホビージャパン
刊行期間 1999年7月号 (0号) - 2006年4・5月号 (通巻80号)
姉妹誌 RPGマガジン (前身)、デュエリスト・ジャパン (別冊)、マナバーン (別冊)、GAME JAPAN(後継)
ウェブサイト http://www.hobbyjapan.co.jp/gamegather/
テンプレートを表示

1999年8月に創刊。2006年4・5月号(通巻80号)にて休刊し、『GAME JAPAN』へとリニューアルされた。

概要編集

創刊当初はトレーディングカードゲーム(TCG)、中でも『マジック:ザ・ギャザリング(MtG)』に力を入れており、誌名も同ゲームを意識して付けられた。表紙には毎号MtGのロゴがあしらわれ、MtGプレイヤーの間では準公式・必読雑誌といった扱いであった。

また刊行初期の表紙に田中久仁彦によって描かれた12人の少女「ぎゃざガール」をモチーフにしたTCGアクセサリ類、デッキケースやカードスリーブなども発売された。

しかし、日本における『MtG』の人気の低下に伴い、2003年2月号から表紙にMtGのロゴや「ぎゃざガール」をあしらわない形にリニューアル[1]。以後、『ダンジョンズ&ドラゴンズ(第3版)』などのテーブルトークRPGや『三国志大戦』などのアーケードゲームなどの記事が増加、2004年には『マナバーン』としてMtGの記事を分離するなどした事もあり、徐々に『MtG』の記事は減っていった。2006年3月『GAME JAPAN』へとリニューアルし、その歴史に幕を閉じた。

脚注編集

関連項目編集