メインメニューを開く

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック』は、2014年2月22日に公開された映画バラエティ番組ゲームセンターCX』の映画版である。

ゲームセンターCX
THE MOVIE
1986 マイティボンジャック
監督 蔵方政俊
脚本 酒井健作、市川豊
製作 菅剛史、藤岡修
出演者 有野晋哉
吉井一肇
平祐奈
安部孝将
松島海斗
吉田翔
佐藤佑哉
名越稔洋
鈴井匡伸
遠藤雅伸
音楽 斎藤信之
主題歌 怒髪天 「プレイヤーI」
撮影 阿部浩一
編集  
制作会社 ガスコイン・カンパニー
配給 日本の旗 シンカ/ハピネット
公開 日本の旗 2014年2月22日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

番組10周年を記念したイベントの目玉として制作された劇場版映画で、2006年に番組内で行われたファミコンゲームソフトマイティボンジャック』への挑戦と、このソフトが発売された1986年を舞台を舞台にしたドラマパートを組み合わせた映画である。

ドラマパートはファミコンが好きな中学生を主人公とし、テレビゲームに限らず80年代当時のサブカルチャーが多数登場する。また、歴代ADを始めとする『CX』のスタッフがエキストラとして出演している。

あらすじ編集

時は1986年。ファミコンと『週刊少年ジャンプ』をこよなく愛する少年ダイスケは、憧れのヒロイン・クミコとファミコンソフト『マイティボンジャック』の話で意気投合、ソフトを貸す約束をする。有頂天になるダイスケ。ファミコンをやってて本当に良かった! しかし、ビーバップかぶれのヤンキー加藤に『マイティボンジャック』を奪われてしまう。さらに、そのソフトは最凶にして最強、伝説のヤンキー安倍先輩の手に渡ってしまった。カリパクの危機を迎えたダイスケの『マイティボンジャック』。このままクミコとの恋も終わってしまうのか!? 意を決したダイスケはヤンキーの巣窟、安倍先輩の部屋に向かうのだった―。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:蔵方政俊
  • 製作:菅剛史、藤岡修
  • プロデューサー:高口聖世巨、東島真一郎、橋口愛
  • 脚本:酒井健作、市川豊
  • 脚本協力:岐部昌幸
  • ディレクター 藤本達也
  • 撮影:阿部浩一
  • 照明:吉澤一生
  • 録音:西岡正己
  • 美術:飯森則裕
  • 衣装:岡田敦之
  • ヘアメイク:宮崎智子
  • SFX/VFXスーパーバイザー:吉野広教
  • 音響効果・音楽:斎藤信之
  • 助監督:斉藤博士
  • 制作担当:濱崎林太郎
  • 主題歌:怒髪天 「プレイヤーI」
  • 企画協力:フジテレビコーエーテクモゲームス
  • 配給:シンカ、ハピネット
  • 企画・製作プロダクション:ガスコイン・カンパニー

テレビ放送編集

フジテレビONE2015年1月1日木曜日)0:10 - 2:00(水曜深夜JST)にテレビ初放送された。