メインメニューを開く

ゲーリー・ラッセル・ジュニアGary Russell Jr. 1988年6月5日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーワシントンD.C.出身。現WBC世界フェザー級王者。アマチュア時代は全米トップ選手であり、低迷が続くアメリカアマチュアボクシング界においてオリンピックでメダル獲得を期待されていた選手であったが、北京オリンピック出場権を獲得するも、オリンピック本番の試合当日に疲労から控え室で倒れ試合出場出来ずに棄権となった。2010年ナショナル・ゴールデン・グローブフェザー級部門チャンピオンのゲーリー・アレン・ラッセルは弟。もう一人の弟のアントニオ・ラッセルはプロボクサー。プロモーターはTGB・プロモーションズ所属。トレーナーは父のゲーリー・ラッセル・シニア。ハンドスピードを生かしたシャープなフックを武器にする選手。

ゲーリー・ラッセル・ジュニア
Gary Russell, Jr.jpg
2010年7月、勝利後のラッセル
基本情報
通称 Mr.
階級 フェザー級
身長 165cm
リーチ 163cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1988-06-05) 1988年6月5日(31歳)
出身地 ワシントンD.C.
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 30
KO勝ち 18
敗け 1
テンプレートを表示

来歴編集

アマチュア時代編集

ラッセル・ジュニアは7歳の頃父にボクシングの手ほどきを受けボクシングを始めた。その後弟のアレンも手ほどきを受け兄弟でそろって練習に励んだ。

2004年、インターナショナル・ジュニア・オリンピックに出場し優勝する[1]

2005年16歳の時、全米選手権にバンタム級(54 kg)で出場し優勝を果たした[2]。同じ年にナショナル・ゴールデングローブでもバンタム級(54 kg)で出場し優勝した[3]

中華人民共和国綿陽市で行われた2005年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54 kg)で出場し、1回戦でブルガリアのデテリン・ダラクリビエフ、2回戦でカナダのタイソン・ケーブ、準々決勝でヨルダンの アル・ガラハ・イブラヒムに判定勝ち。準決勝でドイツのルスタムホドザ・ラヒモブと対戦し、判定負けで敗退も銅メダルを獲得した[4]

2006年、全米選手権にバンタム級(54 kg)で出場し決勝でレオ・サンタ・クルスを破り2連覇を果たした[5]

2007年、全米選手権にバンタム級(54 kg)で出場し決勝でロニー・リオスに敗退した[6]北京オリンピック国内予選選考会にバンタム級(54 kg)で出場。しかしロバート・マロキンとの初戦を落としてしまう、その後ロニー・リオスに勝ち、マロキンからも2試合勝ったことで世界選手権への出場権を得た[7]

シカゴで行われた2007年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54 kg)で出場。3回戦でフランスのアリ・ハッラブに勝ちオリンピック出場権を獲得するが、準々決勝でロシアのセルゲイ・ボドフヤノブに判定で敗れてメダルを逃した[8]

2008年の北京オリンピックに出場するも試合前に控室で急激な減量による疲労で倒れて、病院に搬送される事態になり結果試合は出場できず棄権になった。そのままプロに転向することになった。

プロ時代編集

プロに転向したラッセル・ジュニアはオスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイ・プロモーションズと契約を交わし正式にプロの世界に進出。

2009年1月16日、プロデビュー。結果は3回21秒TKO勝ち。

 
2010年、勝ち名乗りを受けるラッセル

2010年7月22日、元IBF世界ライトフライ級王者、元WBA世界フライ級暫定王者マウリシオ・パストラナと対戦し、初回から圧倒的に試合を支配し最後は右フックで沈め初回1分46秒TKO勝ちを収めた。

2014年3月にWBOワシル・ロマチェンコとの間でWBO世界フェザー級王座決定戦の交渉指令を発令した。

2014年6月21日、ロサンゼルススタブハブ・センター・テニスコートにてロバート・ゲレーロVS亀海喜寛の前座でWBO世界フェザー級4位のワシル・ロマチェンコとWBO世界フェザー級王座決定戦を行い、プロ初黒星となる12回0-2(114-114、2者が112-116)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[9]

2015年1月9日、ゴールデンボーイ・プロモーションズからプロモート権を破棄されたことで、同プロモーションを離脱した。

2015年3月28日、ラスベガスのパームス内ザ・パールでWBC世界フェザー級王者ジョニー・ゴンサレスと対戦し、3回に1度、4回に2度のダウンを奪い、4回37秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[10]。4月4日、WBCはラッセルを2015年4月度の月間優秀選手賞に選出した[11][12]

2015年4月8日、WBCがWBC世界フェザー級シルバー王者でWBC世界フェザー級1位のロビンソン・カステヤノスと指名試合を行うよう指令を出した[13]

2015年11月14日、ザ・ジョイントで元WBA世界スーパーバンタム級暫定王者でWBC世界フェザー級12位のオスカル・エスカンドンと対戦し、初防衛を目指すはずだったが、同月2日のスパーリング中にラッセル・ジュニアが顔を負傷したため中止になった[14]

2016年4月16日、コネチカット州レッドヤードフォックスウッズ・リゾート・カジノ内にあるMGMグランド・アット・フォックスウッズでWBC世界フェザー級15位のパトリック・ハイランドと対戦し、2回1分33秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功した[15][16]

2017年2月28日、同年3月11日にメリーランド州オクソン・ヒルMGMナショナル・ハーバー内ザ・シアターにて、WBC世界フェザー級暫定王者のオスカル・エスカンドンと王座統一戦を行う予定だったが、エスカンドンがトレーニング中に負傷した為、試合は延期になった[17][18]

2017年5月20日、メリーランド州オクソン・ヒルのMGMナショナル・ハーバー内ザ・シアターにて、暫定王者のオスカル・エスカンドンと延期となっていた王座統一戦を行い、7回59秒TKO勝ちを収め王座統一を果たした(記録上は正規王座の2度目の防衛)[19][20]。6月8日、WBCはラッセルを2017年6月度の月間MVPに選出した[21][22]

2017年10月6日、WBCがWBC世界フェザー級王者のゲーリー・ラッセル・ジュニアとWBC世界フェザー級1位のジョセフ・ディアスに対し指名試合を行うよう指令を出した[23]

2018年5月19日、メリーランド州オクソン・ヒルのMGMナショナル・ハーバー内ザ・シアターにて、WBC世界フェザー級1位でNABFNABO北米フェザー級王者のジョセフ・ディアスと対戦し、12回3-0(115-113、117-111×2)の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[24]

2019年5月18日、バークレイズ・センターにてデオンテイ・ワイルダーVSドミニク・ブラジールの前座でキコ・マルチネス対戦し、5回TKO勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[25]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 9.Junior Olympic International Tournament Brownsville, USA July 5-8, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 13-19th 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ US National Golden Gloves - Little Rock - May 16-21 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ US National Championships - Colorado Springs - June 2-8 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ US Olympic Trials - Houston - August 20-26 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ ロマチェンコ3戦目で世界奪取、センサクに並ぶ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月22日
  10. ^ ラッセルJrが新王者に、ジョニゴン完敗で王座陥落 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月29日
  11. ^ RATINGS WBC公式サイト 2015年4月4日
  12. ^ WBCランキング、荒川仁人がワタナベジムに移籍 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月5日
  13. ^ Castellanos Named as Mandatory To Gary Russell”. Boxing Scene.com (2015年4月8日). 2015年4月13日閲覧。
  14. ^ Gary Russell Jr.-Oscar Escandon bout canceled”. ESPN.com (2015年11月4日). 2015年11月19日閲覧。
  15. ^ Russell demolishes Hyland in two; Pedraza retains IBF 130lb belt against Smith Fightnews.com 2016年4月17日
  16. ^ ラッセルJrがWBCフェザー級初防衛、ペドラサはV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月17日
  17. ^ Gary Russell WBC title defense postponed Fightnews.com 2017年2月28日
  18. ^ パッキャオvsカーンの行方、WBOミドル級は暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月2日
  19. ^ Russell retains WBC feather belt, Dirrell claims IBF interim super middle belt via DQ Fightnews.com 2017年5月20日
  20. ^ ラッセル7回TKO勝ち、ロマチェンコを追跡 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日
  21. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年6月8日
  22. ^ WBCランキング、比嘉が優秀選手、村田は再ランク Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月10日
  23. ^ Everything you need to know about the status of WBC world titles”. ESPN.com (2017年10月6日). 2017年10月30日閲覧。
  24. ^ Russell beats Diaz to retain WBC 126lb belt Fightnews.com 2018年5月19日
  25. ^ Gary Russell Stops Kiko Martinez in Five Due To Cut”. Boxing Scene.com (2019年5月18日). 2019年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集