メインメニューを開く

ゲーリー自邸(Gehry Residence)は、建築家フランク・ゲーリーサンタモニカの自宅。1920年代に建てられたダッチ・コロニアル様式の2階建ての住宅を1979年に増築拡張。チェーンリンクフェンスや波形鉄板など安価な工業用素材を使用し、脱構築主義建築のさきがけとして注目を集めた [1][2]

ゲーリー自邸
Gehry House - Image01.jpg
概要
用途 住宅
建築様式 脱構築主義建築
住所 1002 22nd Street
サンタモニカ 90403
座標 北緯34度2分6.62秒 西経118度29分5.13秒 / 北緯34.0351722度 西経118.4847583度 / 34.0351722; -118.4847583座標: 北緯34度2分6.62秒 西経118度29分5.13秒 / 北緯34.0351722度 西経118.4847583度 / 34.0351722; -118.4847583
設計・建設
建築家 フランク・ゲーリー

脚注編集