メインメニューを開く

コア・ファイター

ウィキメディアの一覧記事

コア・ファイター (CORE FIGHTER) は、アニメ機動戦士ガンダム』を始めとする『ガンダムシリーズ』に登場する架空の小型戦闘機コア・ブロック (CORE BLOCK) と呼ばれる“核”に変形し、モビルスーツの胴体に収納され、コクピット兼脱出カプセルとして使用される。コア・ブロック形態時も、ジェネレーターは使用されるがメイン推進装置の代替用として別系統で内蔵される推進装置はコア・ブロック形態時にデッドウェイトとなってしまうため、その解決策としてバックパックも兼ねたタイプも考案された模様(それについては後述)。

目次

機動戦士ガンダム編集

機動戦士ガンダム』などの舞台となる宇宙世紀におけるコア・ファイターは、一年戦争時代に地球連邦軍が開発したのが始まりである。

FF-X7編集

諸元
コア・ファイター
型式番号 FF-X7[注 1]
所属 地球連邦軍
開発 地球連邦軍
製造 ジャブロー[要出典]
生産形態 試作及び量産機
全高 3.2m[1]
全長 8.6m[2]
全幅 6.8m[1]
本体重量 8.9t[2]
装甲材質 超硬合金ルナ・チタニウム[2][注 2]
出力 12000馬力[2]
最高速度 マッハ4.8[1]/マッハ3(大気圏内)[2]
武装 4連発対艦ミサイル・ランチャー×2[2]
2連装30mmバルカン砲×2[2]
搭乗者 アムロ・レイ
リュウ・ホセイ
ハヤト・コバヤシ

最初のコア・ファイターはV作戦によって開発された地球連邦軍のRXタイプモビルスーツ(MS)であるガンタンクガンキャノンガンダムに採用されている。開発はハービック社。本機には直前に開発されたFF-6 TINコッドの基本概念が活かされている[4]

元々は脱出機構を兼ねたコクピットカプセルとして開発されていたが、新構造の導入や研究スタッフが航空機部門から独立開発部門へ移ったため、多目的戦闘機に転向した。文字通りMSの核となるが、そのため弾薬や燃料には制約が生れた[5]。MSのコックピットを兼ねる本機には教育型コンピューターが内蔵されており、MS本体が損傷した際に実戦データを回収するための、またパイロットの生存率の向上のための脱出装置として機能する[4]。コクピットにはドラムモジュールが導入され、MSと戦闘機双方で兼用の構造となる。ただし、コントロールステックはそれぞれ別のものが二種類用意されている[5]。内部にはNC-3型核融合ジェネレーターを2基搭載[6]

FF-X7コアファイターのうち、002号機にはガンダムのパイロットであるアムロ・レイが搭乗した[3]。後に本機を中心とした分離・合体システム(コア・ブロック・システム)を活かしたGパーツや、本機の戦闘機としての能力の高さを活かしたコア・ブースターが開発されている[4]

武装
機首部に25ミリ機関砲、胴体に内装式の空対空ミサイルを装備。翼下にミサイル「AIM77D」を装着可能とした媒体も見られる[3]
備考
書籍『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション3 連邦軍編』においては垂直尾翼形状の異なる「試作2号機」と「量産4号機」のデザインが掲載された[7]。FF-X7コアファイターを「コアファイター1」と記述した資料も見られる[8]

考案の経緯編集

そもそもは『機動戦士ガンダム』の企画にあたり、番組スポンサーである玩具会社クローバーが「合体・変形」する巨大ロボットを求めたことに対応するため、提案されたものである[9]。放送当時の玩具展開においては、ガンダム・ガンキャノン・ガンタンクの3機相互で上半身と下半身をコア・ブロックを介して組み替え可能にするという遊び方が提案されていたが、劇中ではこのような描写は取り入れられてはいない[注 3]。その後、番組のテコ入れに登場したGアーマーのパーツの一部ともなったが、劇場版映画ではこれに替わってコア・ブースターが登場している。

劇中での活躍編集

元々が玩具のガジェットとして創作されたものだったこともあり、劇中で効果的な使い方をされた例は少ない(そもそも非常脱出用というコンセプト自体、主人公機が倒されることの少ないロボットアニメと両立しない)。『機動戦士ガンダム』のテレビ版にあっても、物語と直接関係のない分離・合体シーンが幾度か盛り込まれており、これらは劇場版においてはカットされている。しかし物語に深く関わる形でコア・ファイターが用いられたシーンは劇場版においても用いられている。ひとつはリュウ・ホセイがコア・ファイターをガンタンクから切り離してマゼラトップに突入し、自らの命と引き替えにガンダムとホワイトベースを救ったシーンであり、もうひとつはラストにおいて、傷ついたアムロ・レイがガンダムの残骸からコア・ファイターを引き出し、燃え崩れるア・バオア・クーから脱出するシーンである(テレビ版では作画ミスでコア・ファイターとガンダムBパーツ(下半身)が表裏逆向きで接続されていたが、映画版で修正されている)。一方、慢性的に戦力不足だったホワイトベース隊では単体で戦闘攻撃機としての運用も行われており、ドップを撃墜するなど戦闘機としても高い能力を示している。グフに小型ミサイルを複数弾命中させ、撃破したこともある[注 4]

美術展覧会『GUNDAM―来たるべき未来のために―』においては、ア・バオア・クーから脱出後に放棄されたという設定の実物大コア・ファイターの模型が展示されていた。

OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』の第3話では、オデッサ戦線の連邦軍が制空戦闘機として運用している描写が見られる。ストーリー冒頭に登場し、機動性を生かしてガウ攻撃空母に肉薄、撃墜する戦果を挙げた。なお、この機体には機関砲口が存在しない。

漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』では、一年戦争終結後にコア・ファイターがミデア輸送機の両主翼下から投下され展開、作戦する丁度史実のXF-85ゴブリンと同様のパラサイト・ファイター(寄生虫戦闘機)として用いられる描写がある。なおガンダム/ジム系MSにはコア・ファイターとは別に最低限の移動・姿勢制御用のスラスターを持った脱出用コア・ポッドが搭載される。

リプレイ小説『ガンダム・カバード ネメシスの天秤』に登場するガンダム・カバードにはFFX-9 コアファイター9が搭載されている。書類上は戦闘機の扱いのためMSパーツはコアファイター9のオプション扱いとなっている。掲載されたイラストでは形状はコア・ファイターIIに酷似。

プロトタイプ・コア・ファイター編集

諸元
プロトタイプ・コア・ファイター
型式番号 FF-X5
所属 地球連邦軍
全長 8.6m[10]
本体重量 8.15t[10]
武装 なし[10]

メカニックデザイン企画『MSV-R』で設定された。

MSの共通コックピット・モジュールとして、本機以前にそれぞれ個別に試作されたコア・ブロックとコア・ファイターをもとに開発されている[10]。のちのFF-X7と比較して主翼の翼面形状が異なり、また武装は装備されていない。塗装は白を基調に赤と黒が配されている。

試作機2機による各種テストの結果、MSからの射出の際のエンジンの出力不足と、変形時の機体制御などの問題が判明、エンジンは変更されるが航続距離は短くなっている。その後南米の砂漠地帯で第1回空中換装テストを実施、計19回のテストを経て精度が高められ、空中換装は練度の高いパイロットの使用時のみという制限付きで制式な運用法として採用される[11]

1号機はプロトタイプガンダムのコア・ブロックとして試験運用されるが、間もなく完成したFF-X7に換装される。1号機ものちにFF-X7に改修され、テストベッドとして運用されている[11]

後発作品におけるコアファイター編集

宇宙世紀0080年代前半編集

デラーズ紛争時、ガンダム開発計画によってガンダム試作0号機試作1号機試作3号機[注 5]が登場している。

従来のバーティカル・イン・ザ・ボディ方式に代わってホリゾンタル・イン・ザ・ボディ方式を採用し、コクピットブロックやジェネレーターばかりでなく、エアインテークシステムやスラスターユニット、武装も運用可能になった。

ガンダム試作0号機では、脱出時のコア・ファイターの推力および火力増強のため、コア・ファイターに装着してコア・ブースターとして運用するためのブースターや装備をMSのシステムに直接組み込んでいる。

ガンダム試作1号機ではFF-X7II コア・ファイターIIを採用。旧ハービック社の技術が導入され、空中換装は想定していない[12]。ガンダム試作3号機のコア・ファイターは試作1号機用のものを凌駕する性能を誇っていたが、機体の膨大な火器管制を行うためこれとは別に全天周モニターやリニアシートを導入したコクピットが採用されている[13][注 6]

宇宙世紀0080年代後半編集

グリプス戦役時にガンダム[ケストレル]が登場。

Gディフェンサーの脱出艇も資料によってはコア・ファイターと呼称される[14]。また、ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]にはコア・ブロックシステムを踏襲した脱出ポッドである「プリムローズ」が採用されている[15]

第一次ネオ・ジオン抗争時、ΖΖガンダムSガンダムがコア・ファイター搭載機として登場している。

ΖΖガンダムのコア・ファイターでは従来式の脱出ポッドでは回収が遅れる事から、RX-78のコアファイターに着目し導入された[16]

Sガンダムでは「Gコア」の呼称で採用された。同機はA・Bパーツにもそれぞれコクピットが装備されており、独立稼動が可能であるが、合体時には両コクピット部がGコアに接続され、緊急時には両コックピット部を接続状態のままA・Bパーツを切り離す事も可能としている[17]

宇宙世紀0090年代編集

ナラティブガンダムがコア・ファイターを備えており、構造が剥き出しになった状態で腹部に格納されている。ナラティブガンダムは設定上、νガンダム(宇宙世紀0093年ロールアウト)以前に開発されたサイコフレーム試験機とされている[18]

映画『機動戦士ガンダムNT』の劇中では、終盤にナラティブガンダムが撃破される場面でコア・ファイターが脱出に用いられ、パイロットのヨナ・バシュタがユニコーンガンダム3号機フェネクスに乗り移る場面がある[19]。なお『ガンダムNT』の原案となった中編小説「不死鳥狩り」では、ヨナの乗機はガンダムタイプの機体ではなくスタークジェガンという設定であったが、同作における同じ場面では機体の圧壊により脱出ポッドが作動せず、ヨナが脱出を諦めかける展開になっていた[20]。映画のノベライズ版である『小説 機動戦士ガンダムNT』では、一年戦争前に死去したヨナの父親がハービック社(=RX-78系ガンダム用のコア・ファイターの開発元)の研究員であったという設定に言及されている[21]

宇宙世紀0120年代編集

クラスターガンダムでは稼働キーとバックパックを兼ねたコアファイターを採用[22]。また、ネオガンダムではパイロットの生還性とデータ回収を兼ねてバックパックとしても機能するコアファイターが採用されている[23]

宇宙世紀0130年代編集

クロスボーン・ガンダムではクラスター・ガンダムのものを参考にしつつも、大推力を誇るコアファイターが導入されている[24]。その量産機フリントに採用されている。

宇宙世紀0150年代編集

Vガンダムや、V2ガンダムに採用されている。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』におけるコア・ファイター編集

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、当初コア・ブロック・システムは搭載されておらず、コア・ファイターはV作戦MSとは別個の単なる艦載機である。しかし最終局面でのアムロの脱出劇に不可欠だという演出上の必要から後にコア・ポッドという脱出用小型機を組み込むこととなった[25]。また、爆雷も装備可能。地球編では戦闘機として活躍。原作と同様にリュウ・ホセイの戦死場面に関わる[注 7]。大西洋ではスレッガー・ロウ中尉が、水中での機動性に長けるゾックをミサイルで撃沈している。ウォン伍長は、ズビッチのズゴックの右腕をミサイルで破壊したが、ボラスキニフ曹長のゾックのメガ粒子砲によって撃墜された。

宇宙世紀以外の作品編集

機動武闘伝Gガンダム編集

機動武闘伝Gガンダム』には、コア・ファイターに類似した装備としてコア・ランダーと呼ばれる小型浮上式車両(エアカー)が、一部のモビルファイターの装備として登場している。用途は緊急脱出やガンダムファイターの移動用[26]

∀ガンダム編集

∀ガンダムでは腰部のフロントアーマーが緊急脱出用のコア・ファイターとなる[27]

機動戦士ガンダムSEED DESTINY編集

機動戦士ガンダムSEED DESTINY』には、インパルスガンダムの装備としてコアスプレンダーという小型戦闘機が登場する[28]

機動戦士ガンダム00編集

機動戦士ガンダム00』では、機体数は少ないもののいくつもの陣営でコアファイターが採用されている。また、そのどれもが太陽炉搭載機であり、ソレスタルビーイング(以下CB)の技術・データを利用している点が共通の特徴である。

設定上は外伝作品『00P』に登場する第2世代ガンダム「ガンダムプルトーネ」で実装され、GNドライヴとパイロットの回収を目的として導入された[29][注 8]。また、アルケーガンダムにもイノベイター専用機と同様の設計思想を持つコアファイターが導入されている[32]

『00V戦記』にて「ジンクスIV」への配備が進んでいる。ELS戦を生き残ったジンクスIV全機に配備され、次世代機の「ジンクスV」では標準装備が予定される。ジンクス系統のコックピットは腰部にあるため、コアファイターは腰部の一部とスカートアーマーとなるよう設計されている[33]

機動戦士ガンダムAGE編集

機動戦士ガンダムAGE』では、「第3部・キオ編」にて登場するガンダムAGE-3、および「第4部・三世代編」にて登場するガンダムAGE-FXに装備されている。

AGE-3ではコクピット脱出ポッドと戦闘機を兼ねた「コアファイター」が採用され、AGE-3の各ウェアにはコクピットが用意された有人機として運用され、ドッキング後はコアファイターとウェアのそれぞれのコクピットが接続されて複座型のコクピットを形成する[34]。また、AGE-3を改修したガンダムAGE-FXにもXラウンダーの生存性を高めるため、コアファイターが採用されている[35]

また、ヴェイガン製のMSであるガンダムレギルスもガンダムAGE-3を参考に開発されており、「レギルスコア」と呼ばれるコアファイターを形成可能としている[36]

ガンダム Gのレコンギスタ編集

ガンダム Gのレコンギスタ』では、G-セルフにコア・ファイターが搭載されている。あくまで緊急脱出システムのため、武装は機首内蔵の炸薬系バルカンのみ。高い運動性を持ち戦闘力もあるが、武装のバルカンはMS戦には心許ない[37]。合体はバックパックのない状態のG-セルフの背中から合体する。

ガンダムビルドファイターズ編集

ガンダムビルドファイターズ』および『ガンダムビルドファイターズトライ』では、分離した機体もサブマシンとして使用可能なため、状況によっては本体が破壊されてもコアファイターやバックパックブースター等を使用し戦闘を継続することが可能となっている。

『ガンダムビルドファイターズ』に登場する、ビルドストライクガンダム フルパッケージは支援戦闘機となるビルドブースターが分離可能で、改良型となるスタービルドストライクガンダムはプラフスキーパワーゲートを発生させることができるユニバーサルブースターが分離可能。ビルドガンダムMk-IIのバックパックは、ビルドブースターMk-IIに分離可能で、更にブースターのコクピット部はコクピットブロックに分離する。

『ガンダムビルドファイターズトライ』に登場するウイニングガンダムおよびスターウイニングガンダムは、ボディの各種が支援武器となり、頭部が変形しコアファイターとして単独行動が可能となっている。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ アトラクション『ガンダムクライシス』壁面には「FF-7」表記も存在する。
  2. ^ フレーム材質にルナ・チタニウムを使用したとする資料も見られる[3]
  3. ^ ゲーム『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』では、ガンダムAパーツとガンタンクBパーツを組み合わせた機体が登場している。
  4. ^ テレビ版23話。クリンク中尉率いるドダイYS部隊との戦闘より。アムロはコア・ファイターの機銃でドダイYSを撃墜し、続いて空中に放り出されたグフに対しミサイルを連射した。
  5. ^ ガンプラ・マスターグレード版で設定されたものが、『GUNDAM EVOLVE』に登場している。
  6. ^ 漫画版ではコロニー崩壊時に機体大破したことから脱出に使用され、紛争終結時に残存していたパーツとして封印されている
  7. ^ 原作ではホワイトベースを護るためリュウは意図的に「特攻」したが、『ORIGIN』では単なるニアミスでハモンのマゼラトップと「空中衝突」した。
  8. ^ プルトーネのデータをベースに開発されたガルムガンダムにおいては、疑似太陽炉を備えたバックパックにパイロット脱出装置が組み込まれている[30]。また、ガデッサやガラッゾといった機体群にも脱出システムが採用されている[31]

出典編集

  1. ^ a b c 『ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム』徳間書店、1980年7月、123頁。
  2. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダム記録全集2』日本サンライズ、1980年5月、164頁。
  3. ^ a b c 『1/35 U.C.ハードグラフ 地球連邦軍 多目的軽戦闘機 FF-X7 コアファイター』バンダイ、2011年2月、組立説明書。
  4. ^ a b c 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブック2』バンダイ、1983年5月、2-6頁。
  5. ^ a b 『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月(復刻版)、110-114頁。ISBN 978-4063721775
  6. ^ 『MG 1/100 ガンダムVer1.5』バンダイ、2000年6月、組立説明書、7頁。
  7. ^ 『機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション3 連邦軍編』講談社、1984年7月、2006年7月(復刻版)、32頁。ISBN 978-4063721775
  8. ^ 『ガンダムマガジンNo.6』講談社、1991年6月、102-103頁。
  9. ^ Web現代「ガンダム者」取材班編集「第4章 メカニックデザイン 大河原邦男 《マーチャンダイジングとデザイナー》」『ガンダム者 ガンダムを創った男たち』講談社、2002年10月9日、ISBN 4-06-330181-8、200頁。
  10. ^ a b c d 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOWKAWA、2014年2月、66-67頁。
  11. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R ジオン編』KADOWKAWA、2014年2月、126-127頁。ISBN 978-4-04-121018-5
  12. ^ 『1/100 MG ガンダム RX-78 GP01』バンダイ、1997年8月、組立説明書、3頁。
  13. ^ 『1/100 MG ガンダムGP-03S』バンダイ、2001年4月、9頁。
  14. ^ 『HGUC 1/44 スーパーガンダム』バンダイ、2002年11月、組立説明書。
  15. ^ 『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに Vol.5』メディアワークス、2007年3月、68-70頁。ISBN 978-4-8402-3780-2
  16. ^ 『1/100 MSZ-010 ダブルゼータガンダム』説明書、バンダイ、1986年7月。
  17. ^ 『モデルグラフィックス スペシャルエディション ガンダム・センチネル』大日本絵画、1989年9月、79頁および91頁。ISBN 4-499-20530-1
  18. ^ メカニカル”. 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公式サイト. 2018年12月9日閲覧。
  19. ^ 竹内清人、福井晴敏小説 機動戦士ガンダムNTKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、初版、317-319頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  20. ^ 福井晴敏機動戦士ガンダムUC 第11巻 不死鳥狩りKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、電子書籍版。ISBN 978-4-04-103921-2
  21. ^ 竹内清人、福井晴敏小説 機動戦士ガンダムNTKADOKAWA角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、初版、85-86頁。ISBN 978-4-04-107596-8
  22. ^ 『1/100 F90Y クラスターガンダム』バンダイ、1993年3月。
  23. ^ 『1/100 ネオガンダム』バンダイ、1992年9月。
  24. ^ 『MG 1/100 クロスボーンガンダムX-1 フルクロス』バンダイ、2007年1月、組立説明書、11頁。
  25. ^ 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック』角川書店、 2004年8月、84頁。 ISBN 978-4-04-713644-1
  26. ^ 『電撃データコレクション 機動武闘伝Gガンダム』メディアワークス、2000年5月、4-5頁、ISBN 978-4840215763
  27. ^ 『1/100 ターンエーガンダム』バンダイ、1999年7月、組立説明書。
  28. ^ 『1/100 フォースインパルスガンダム』バンダイ、2004年12月、組立説明書。
  29. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム00外伝』メディアワークス、2011年5月、10-11頁。ISBN 978-4048706506
  30. ^ 『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00V編』ホビージャパン、2010年3月、142頁。ISBN 978-4798600246
  31. ^ 『HG 1/144 ヒリング・ケア専用ガラッゾ』バンダイ、2009年6月、組立説明書。
  32. ^ 『HG 1/144 アルケーガンダム』バンダイ、2009年4月、組立説明書。
  33. ^ 『GUNDAM WEAPONS 機動戦士ガンダム00編IV』 ホビージャパン、2011年1月、156-159頁。ISBN 978-4-7986-0275-2
  34. ^ 『機動戦士ガンダムAGE メカニック&ワールド』双葉社、2013年3月、56-60頁。ISBN 978-4575464726
  35. ^ 『1/144 HG ガンダムAGE-FX』バンダイ、2012年8月、組立説明書。
  36. ^ 『HG 1/144 ガンダムレギルス』バンダイ、2012年10月、組立説明書。
  37. ^ 『1/144 HG ガンダム Gセルフ用オプションユニット 宇宙用パック』バンダイ、2014年12月、組立説明書。

関連項目編集