コイノス (マケドニア王)

コイノス:Κοινός, ラテン文字転記:Koinos)は、アルゲアス朝の第2代のマケドニア王(在位:紀元前8世紀)である。

コイノスは先代の王で王朝の始祖であるカラノスの子であり、次代の王のトゥリマスの父である。ウォルター・ローリーによればコイノスは12年間王位にあった。

参考文献編集

先代:
カラノス
マケドニア王
紀元前8世紀
次代:
トゥリマス