メインメニューを開く
ゲート式コインパーキング(屋外タイプ)
ロック式コインパーキング(屋内タイプ)
バイク用ゲート式コインパーキング
簡易設置タイプのコインパーキング

コインパーキング(Coin Parking)とは、不特定多数の利用者が空いている車室に駐車し、利用した時間分の料金を支払う駐車場である。

目次

概要編集

24時間無人で時間貸しする場合が多い。屋外と屋内があり、ロック装置や駐車施設の出入口ゲートと精算機を連動させて車両と料金を管理する。

ロック方式は車両を停めると、車室の中央部や前方に乗り越え不可能な阻害物が屹立する。精算機で利用した車室の料金を清算すると、阻害物は格納されて出庫が可能となる。

ゲート方式は、入庫時に発券する駐車券で利用時間と料金を、施設出入り口ゲートで車両の入出庫を、それぞれ管理する。近年では、ナンバープレートを読取り、駐車券の発券を省略したり、駐車券とナンバープレート情報を連動させ、事前精算した場合は出庫時自動でゲードを開閉する駐車場もある。

他にも、ロックやゲートを設置しない方式として、駐車場に設置されたカメラによってナンバープレートを読取り、それにより駐車時間を管理するもの(上記ゲート式とは別のもの)、パーキングチケット発給機を設置し、チケットに印字された有効時間内駐車できるもの、鍵付きの料金箱を設置して、その中に料金と駐車した車両のナンバープレートを記載した用紙を投入するものなどがある。

日本の現状編集

企業、団体、個人などの遊休地の有効活用策として設置が増加したが、2006年6月1日の道路交通法改正で駐車監視員業務が規定され、駐車違反の確認を回避する利用が増加した。

運営会社が敷地を借り上げて営業するほかに個人経営も増加している。

コインパーキングで高額な駐車料金を請求をされるのが問題となっている。例えば1日500円と看板で掲載されていても、翌日からは1時間100円などと料金形態が変化することが看板の小さい文字や裏面に掲載されているなど看板詐欺ともいえるコインパーキングが増えている[1]。国民生活センターも「一見しただけでは利用条件が分かりにくい表示も一因」として注意喚起をしている[2]

青森県青森市においては、2018年8月2日から7日に掛けての青森ねぶた祭りの開催期間中、コインパーキング「パラカ青森市安方第5」が、一般利用を敬遠させて提携するホテルの利用客の駐車を優先するため、通常は1時間当たり300 - 600円の駐車料金を5,000円に設定し、気付かず利用したなどとの苦情が殺到し、社会問題となった[3]

主なメーカー編集

主なコインパーキング運営会社編集

脚注編集

関連項目編集