コカ・コーラレッドスパークス

日本の協会ラグビーチーム
コカ・コーラボトラーズジャパン > コカ・コーラレッドスパークス

コカ・コーラレッドスパークス: Coca-Cola Red Sparks)は、トップチャレンジリーグに加盟していたラグビーユニオンチームである。母体はコカ・コーラボトラーズジャパン。2021年末をもって事実上廃部となった[1]

コカ・コーラレッドスパークス
原語表記 コカ・コーラレッドスパークス
クラブカラー  
愛称 レッドスパークス
創設年 1966年
代表 末吉紀雄
監督 アール・バー(ヘッドコーチ)
所属リーグ トップチャレンジリーグ
ファースト
ジャージ
セカンド
ジャージ
公式サイト
http://www.ccwest.co.jp/club/rugby/
テンプレートを表示

コカ・コーラに所属していた選手が母体となり、新チーム「ルリーロ福岡」(トップキュウシュウA)が福岡県うきは市を本拠地に2022年4月に結成された[2]

2022年リーグワン初年度の活動のみで休部が検討されていた宗像サニックスブルース(リーグワン3部)へ、コカ・コーラの選手を受け入れることも検討された[3]。同チームの休部後、選手の一部は「ルリーロ福岡」へ合流した[2][4]

ホームグラウンド

編集

ホームグラウンドだった「さわやかスポーツ広場」(福岡市東区香椎浜ふ頭)は、チーム解散後、2022年12月に日本ラグビーフットボール協会運営による施設として継承された[5]

2023年3月18日には九州ラグビーフットボール協会の事務所が入居。同年5月には「JAPAN BASE」という名称で本格的に施設を開業した[6]

ラグビー日本代表(男子・女子・ジュニア、15人制・7人制)の強化拠点事業と、地元のラグビースクールや学生・社会人チームの練習場としての利用や各種大会・試合の開催などに加え、普及振興イベントやホスピタリティサービス事業も展開する[7]

歴史

編集

タイトル

編集

最上位リーグ

なし

下位リーグ

成績

編集
年度 地区 成績 備考
53 2000 西日本 1回戦敗退 1 0 0 1 14 74 -60 コカ・コーラウエストジャパンのチーム名で出場
54 2001 西日本 1回戦敗退 1 0 0 1 0 102 -102
55 2002 西日本 予選プール敗退 3 0 0 3 36 164 -128

リーグ戦戦績

編集

トップリーグ創設以降

編集
  • 2003-2004シーズン トップキュウシュウA 優勝、順位決定戦・2位、トップチャレンジ2・3位
  • 2004-2005シーズン トップキュウシュウA 2位、順位決定戦・2位、トップチャレンジ2・2位
  • 2005-2006シーズン トップキュウシュウA 2位、順位決定戦・1位、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2006-2007シーズン トップリーグ 10位(4勝9敗)
  • 2007-2008シーズン トップリーグ 9位(5勝8敗)
  • 2008-2009シーズン トップリーグ 10位(6勝7敗)
  • 2009-2010シーズン トップリーグ 8位(7勝6敗)
  • 2010-2011シーズン トップリーグ 10位(5勝8敗)
  • 2011-2012シーズン トップリーグ 14位(1勝12敗)、トップキュウシュウAに自動降格
  • 2012-2013シーズン トップキュウシュウA 優勝(予選リーグ 6勝・1位、決勝リーグ1-3位グループ 2勝)、トップチャレンジ1・1位、トップリーグに自動昇格
  • 2013-2014シーズン トップリーグ 14位(1stステージ・プールB 6敗1分・8位、2ndステージ・プールB 3勝4敗・6位)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2014-2015シーズン トップリーグ 14位(1stステージ・プールB 1勝6敗・7位、2ndステージ・プールB 2勝5敗・6位)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2015-2016シーズン トップリーグ 14位(リーグ戦・プールB 7敗・8位、順位決定トーナメント下位グループ 1回戦敗退、13-16位決定予備戦・勝利、13位決定戦・敗戦)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2016-2017シーズン トップリーグ 14位(3勝12敗)、トップリーグ入替戦・勝利、トップリーグ残留
  • 2017-2018シーズン トップリーグ 14位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 0勝13敗・8位、順位決定トーナメント、1回戦・勝利、13位決定戦・敗戦)、トップリーグ入替戦・引分、トップリーグ残留
  • 2018-2019シーズン トップリーグ 16位(リーグ戦・ホワイトカンファレンス 0勝7敗・8位、順位決定トーナメント、1回戦・敗戦、15位決定戦・敗戦 トップリーグカップ 13位(プール戦0勝3敗・4位、順位決定トーナメント、13位決定戦・勝利)、トップリーグ入替戦・敗戦、トップチャレンジリーグに降格
  • 2019-2020シーズン トップチャレンジリーグ 3位(5勝1敗1分)、トップリーグカップ プール戦敗退(プール戦3勝2敗・3位)
  • 2020-2021シーズン トップチャレンジリーグ 3位(リーグ戦Bグループ 3勝1敗・2位、順位決定戦・3位決定戦勝利)、ジャパンラグビートップリーグ2021・プレーオフトーナメント 1回戦敗退

2020年度スコッド

編集

2020年度のスコッドは次の通り[8]太字は2020年度・2021年度からの新加入選手。

過去の所属選手

編集

脚注

編集
  1. ^ a b 当社ラグビー部 活動終了のお知らせ』(プレスリリース)コカ・コーラ ボトラーズジャパン、2021年4月30日https://www.ccbji.co.jp/news/detail.php?id=10822021年4月30日閲覧 
  2. ^ a b ラグビー「ルリーロ福岡」がうきは市に発足 地域と共に夢へトライ:地域ニュース”. 読売新聞オンライン (2022年4月24日). 2022年12月9日閲覧。
  3. ^ 福岡にラグビー新チーム「LeRIRO福岡」誕生へ、宗像サニックス廃部なら受け皿に(日刊スポーツ)
  4. ^ ラグビーの夢よもう一度 「ルリーロ福岡」誕生! リーグワン参入目指してキックオフ”. RKBオンライン. 2022年12月9日閲覧。
  5. ^ JRFU. “日本ラグビー強化拠点 「JRFU福岡トレーニングセンター(仮称)」の運営について|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。”. www.rugby-japan.jp. 2022年12月9日閲覧。
  6. ^ 福岡における日本ラグビー強化拠点 名称は「JAPAN BASE」に決定 - ラグビーリパブリック” (2023年3月15日). 2023年5月19日閲覧。
  7. ^ JAPAN BASEについて”. JRFU. 2023年5月19日閲覧。
  8. ^ メンバー紹介

関連項目

編集

外部リンク

編集