メインメニューを開く

コシサウルス(Koshisaurus)は、2008年福井県勝山市で発掘されたイグアノドン類恐竜2015年にコシサウルス・カツヤマKoshisaurus katsuyamaとして正式に命名、記載された。"コシ" は発見地である福井県の古い呼び名(越の国)にちなむ。

コシサウルス
Koshisaurus
コシサウルスの化石
コシサウルスの化石
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
上科 : イグアノドン上科
Iguanodontoidea
: イグアノドン科
Iguanodontidae
: コシサウルス属
Koshisaurus
学名
Koshisaurus
Shibata & Azuma, 2015

模式標本は全長3メートル程度の幼体とみられ、上顎骨の内側の歯が角張るといった特徴からフクイサウルス・テトリエンシスより進化した種とされる。

コシサウルスの存在は東アジアにも多くのイグアノドン類が生息していた重要な証拠である[1]

関連項目編集

脚注編集