コスモス1443号(ロシア語:Космос-1443、ラテン文字表記の例:Cosmos 1443)とは、1983年ソビエト連邦によって打ち上げられた宇宙ステーションへの補給船。TKSの3回目の飛行で、2回目の補給ミッションだった。

コスモス1443号
TKS
TKS
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1983-013A
カタログ番号 13868
状態 運用終了
目的 物資輸送
打上げ機 プロトンロケット
打上げ日時 1983年3月2日
質量 18トン
発生電力 2.4kW
軌道要素
軌道 低軌道
近点高度 (hp) 199km
遠点高度 (ha) 269km
軌道傾斜角 (i) 51.6度
軌道周期 (P) 88.9分
テンプレートを表示
コスモス1443号の帰還カプセル

設計編集

コスモス1443号は、TKSと呼ばれる重量18トンの大型宇宙船で、もともとはアルマース宇宙ステーションへの物資の補給のために開発されたものだった。人員の輸送も可能なように設計されたが、TKSが有人で打ち上げられたことは一度もなかった。

宇宙船は、帰還用のVAカプセルと大きな容積を持つFGBモジュールから構成されていた。VAカプセルにはエンジンを装備したモジュールが結合し、カプセルに軌道変更能力を与えていた。FGBモジュールも単体で軌道変更能力を有していた。

飛行編集

アルマース計画がキャンセルされたため、コスモス1443号は宇宙ステーションサリュート7号ドッキングすることになった。

コスモス1443号は、1983年3月2日バイコヌール宇宙基地からプロトンロケットによって打ち上げられ、2日後の3月4日にサリュート7号とドッキングした。その後は5ヶ月以上に渡りサリュートと結合していたが、8月14日にドッキングが解除された。続いて着陸カプセルとFGBモジュールが分離された。FGBは8月19日に軌道変更を行い、大気圏に突入して消滅した。帰還カプセルは4日後の8月23日に大気圏に突入し予定通り着陸した。内部には宇宙ステーションから送られた350kgの物資が載せられていた。

コスモス1443号はTKSの3回目の飛行だった。一つ前のTKSのミッションは1981年4月のコスモス1267号で、次のミッションは1985年9月のコスモス1686号だった。

参考文献編集

関連項目編集