コックカワサキは、任天堂のゲームソフト『星のカービィ』シリーズ、および同名のテレビアニメなどに登場する架空のキャラクターである。

概要編集

『星のカービィ』の一部の作品に登場するキャラクターで、その名のとおりコックのキャラクター。ゲームではミニゲームなどにおけるサブキャラクターとしての登場が多数を占めるが、アニメ版やマンガでは準レギュラーの一人としてかなりの頻度で登場している。

姿はカービィを縦に長くしたような体格で、体色はオレンジ。コック帽と真ん中にポケットが付いたエプロンを着ている。作品によってさまざまな調理器具を使用するが、どの作品でも必ず使っているものはフライパンであり、後述のようにアニメ版では重要な設定が与えられた。

「カワサキ」の由来は、バイクメーカーの「川崎重工業(現・同社モーターサイクル&エンジンカンパニー)」および同社のバイクからで、デザイナーのバイク好きから取られた[1]

ゲーム版でのコックカワサキ編集

星のカービィ スーパーデラックス
初登場作品で、中ボスとして登場。を投げてきたり、お玉で掴んで、カービィ達を料理したりする。倒すと顔が潰れ、倒したあとに吸い込むとコックをコピーできる。また、「刹那の見斬り」の3番目の挑戦者として出てくる。「刹那の見斬り」では割烹着を着ている。
星のカービィ3
5-3の途中でクイズの出題者として登場。
カービィのきらきらきっず (SFC)
おはなしモードに登場。ほしのかけらを料理の具材としている。
星のカービィ 夢の泉デラックス
スーパーデラックスの「刹那の見斬り」のアレンジ版、「刹那の見斬り 改」で3番目の挑戦者として出てくる。
大乱闘スマッシュブラザーズX
シールとして登場。また、カービィの最後の切りふだとしてカワサキの所持コピー能力「コック」が使われた。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
基本的にスーパーデラックスと同じだが、攻撃方法がフライパンに変わった。また、グラフィックがアニメ版に近くなった。さらに、新規追加されたサブゲーム「タッチ! 早撃ちカービィ」「タッチ! 刹那のカルタ取り」とCMにも登場し、ナレーターに「コックのカワサキさん」と呼ばれていた。
あつめて!カービィ
ミニゲーム「カービィマスター」の敵キャラとして登場。
星のカービィ Wii
ミニゲーム「ガンガンバスターズ」のレベル2でコックカワサキを模したロボットが登場。
星のカービィ スターアライズ
コックのフレンズヘルパーとして登場。シリーズで初めて操作可能キャラクターとなった。伸びるおたまや食器を投げつけたりし、敵を鍋で煮込んで回復アイテムを生み出すこともできる(一度使用すると次に使用可能になるまでのタイマーが表示される)。また中ボスで2体のカワサキが同時に出現する「ツインカワサキ」が登場する。
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
アイテム「アシストフィギュア」で出演するキャラクターの1体として登場。皿を投げつけて攻撃する他、伸びるおたまで捕まえたファイターを大乱闘スマッシュブラザーズX』におけるカービィの「最後の切りふだ」のように、他のファイターを鍋で煮込んで攻撃した共に、たべものアイテムを生成する。

アニメ版でのコックカワサキ編集

声優は飛田展男[2]。プププランド唯一の料理人で「レストランカワサキ」のオーナー兼シェフ。村の住人の中で唯一キャピィ族ではなく、種族は不明。出身地は兄弟弟子のコックナゴヤ曰く「寂れた工業地帯、カワサキ星出身」。一人称は「オレ」。宇宙的に有名なシェフであるコックオオサカの弟子で、愛用のフライパンは彼から貰った物である。

極めていい加減かつ自己中心的な性格。レストランでは家庭料理を出している(86話参照)ようだがそれはとても不味く、「赤魚のパイナップル和え」(デデデ大王が試食したが、食べた瞬間激怒してカワサキを城から放り出した)「ビールで煮込んだイチゴのリゾット」(村の男性陣に作り方を教えたが、途中で全員帰ってしまった)など、とんでもない創作料理を出すこともある。周囲からも酷い評価をされており、食べ物であれば何でも喜んで食べるカービィだけが店の常連である。カワサキ自身も味音痴ながらも自分の料理が一般的には不味いと自覚している。しかし66話では、店に客が来ない状況で「味のわからない連中を相手にしても駄目だ」と一人愚痴をこぼしている。また99話ではハルバード戦艦内で「ここのキッチン楽だぁ、料理が全部レトルトだもんねぇー」と大喜びしていた。 料理のレパートリーは豊富で、和・洋・中全てのジャンルの料理を作ることができ、本人も「レパートリーだけはちょっとしたもの」と語る(93話)。また調理技術そのものは非常に優れており、魚を素早く丁寧におろしたり、パンとハムを1万倍の薄さに切ったサンドイッチを作る(92話)という恐るべき包丁捌きを披露したこともあるが、味が悪すぎるためそれらの能力が評価されることはなかった。

当初は普通に客が入っており、カワサキも「仕事きついよ給料安いよ休み無いよ」とぼやくこともあったが、あまりの料理の不味さに客はどんどん減っていき、最終的には客が一人もいないこともしばしばあった。29話ではエスカルゴンの店にとられた客を取り戻そうとコーヒー無料などのサービスを始め、最後にはヤケになって100%OFF(つまり無料)まで敢行したが、客を取り戻すことはできなかった。 しかし、慣れると美味しく感じるらしく、住人たちは文句を言わず普通にカワサキの料理を食べるようになっていき、100話ではデデデがカワサキの作ったレバニラ炒めを「美味い」と絶賛しながら食べていた。なお、21話で寿司を作った時はプププランド外から来たローナ王女に絶賛されていた。

家庭科の授業をさぼっていたらしく、調味料の分量を正確に計ったことが無いなど、シェフらしからぬかなりずさんな調理をしている。11話でのメームの台詞では過去に「砂糖と塩を間違えたケーキ」や「出汁を取ってない味噌汁」をパーム大臣一家に出した事があるほか、42話ではどさくさに紛れて「変なモノ」(何かは不明)を間違えてパーム夫妻に食べさせたことがあると暴露している。料理人としての誇りが無い訳でもないが、味を良くする努力を全くと言っていい程しない上、33話ではゴミとして捨てられていたフライパンで料理しようと考えたり(サモ、タゴ、モソから指摘され、ギャグと言って誤魔化した)、92話では誇りよりも儲けを優先したり、健康への配慮を捨てて利益に走るなど、コックとしては問題のある言動が多く、結果的に大損することが多い。34話では取り上げられた暖簾を取り返そうと奮起したりはしたが、客入りが悪くなると、それを改善しようともせずすぐに店を畳もうかとボヤき、村人達を「味の分からない連中」と呼ぶなど誇りに関しても怪しい部分がある。また、3+3を33と回答するなど頭も悪く、計算ができないことをフームから指摘されると「お釣りをごまかせて便利だ」と開き直っていた。

料理の唯一の理解者であるカービィとは良き友人であり、デデデの策略でカービィを食材として料理するように仕向けられた時も最後の最後で思い留まった。魔獣との戦いの時はカービィがピンチの時はフライパンを投げ、カービィに吸い込ませた。また、魔獣ムッシュ・ゴーンによってカービィが窮地に立たされた時は「カワサキホットスペシャル」(フォークに一滴つけた分だけで辛さで体が燃え上がり、辛さにかなりの耐性があるカービィですら炎を吐く程の超絶激辛カレー)をカービィに食べさせ、魔獣の撃破に貢献した事がある。 またヘビーロブスターとの戦いの際「伊勢エビもロブスターも凍らせば動きが鈍くなるねぇ」とカービィに氷を投げてアイス能力を与え、戦いのアシストをしていたこともある。

このこともあって、フーム達のような主要人物を除けばププビレッジの中で一番多くカービィに加勢した貴重な人物となっていた。

自らの料理をネタにした不謹慎な発言が多く、「メーベルの占いより、オレの食中毒の方がよく当たるよ」(第62話)「(料理を出しながら)風邪ひいちゃって、くしゃみすると鼻水が料理に垂れるんだよね~」(第74話)などと言ったのち、「ギャグだよ~」と誤魔化すことが何度かあった。その他にも、しばらく姿を見せないデデデ大王についての会話の中で「死んだんじゃないの~?」と発言する(第61話)など、毒を吐くこともある。

ナイトメアとの最終決戦では給仕担当として戦艦ハルバードに搭乗。時限爆弾を仕掛けて脱出する作戦を立案し、トッコリ、ダコーニョと共に時限爆弾を設置し、ホーリーナイトメア社の壊滅に貢献した。

漫画版でのコックカワサキ編集

星のカービィ (さくま良子版)
プププランドの料理の鉄人。基本的にはデデデ大王の料理番だが、レストランのシェフ、ケーキ屋等を営んでいる描写もある。初期では「おいどん」「ごわす」等、鹿児島弁で喋っていたが後に普通に敬語で喋るようになった。また、単行本第6巻の「プププランド人気者ランキング」では第1位だった。
星のカービィ デデデでプププなものがたり
デデデ大王の食事係。食堂のシェフも兼任。初期では「 - グー」という語尾が付いていたが、単行本第15巻以降からは語尾がなくなり、了解した時や料理がおいしい時にその言葉を言うようになった。フライパンを持つと性格が激変する(第4巻のみ)。一方、自分の料理を食べてもらえないと非常に落ち込む。第21巻では「プププお料理コンテスト」の審査員。彼が登場する以前はバウンダー、ローリングタートルがシェフを務めていた。
星のカービィ プププランドの仲間たち
「カワサキ堂」のオーナー兼シェフとして登場しているが、アニメや他のカービィ漫画ほど濃いキャラとしては描かれていない。また、語尾に「 - ネ」をつけるなど、中国語訛りのカワサキ弁で喋る。
星のカービィ! も〜れつプププアワー!
行列のできるレストランの3つ星シェフとして、春のパン祭りに登場。非常に嫌味な性格に描かれており、語尾に「 - ある」をつける等、協和語で喋る。一人称は「ミー」。
星のカービィ プププヒーロー
レストランカワサキを経営しているが、アニメ版同様料理はとても不味く、カービィとデデデ大王しか食べない。

関連キャラクター編集

ゲーム編集

コックン
星のカービィ 鏡の大迷宮』に登場するコックの姿をした敵キャラ。フライパンを投げてきてカービィを料理しようとする。コックカワサキとの相違点は一頭身であること、中ボスではなくザコキャラということなどである。コックカワサキ同様「コック」をコピーできる。
コックワドルディ
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』にて、ゲームモードのひとつ「激突!グルメレース」の初心者の部屋に登場。カワサキと同じコック帽を頭に被っており、ベルトコンベア上を走るカービィとデデデ大王に食べ物を提供する。ゲーム本編には登場しない。

アニメ編集

コックオオサカ
声 - 菅原淳一
コックカワサキとコックナゴヤが尊敬する、ただ一人の恩師。彼らより小さな、1頭身。関西弁でしゃべる。その料理の腕は、カワサキの料理がなぜ不味いのか理解に苦しむほど素晴らしく、宇宙一のコックの称号に相応しいものである。料理の研究のために沢山の星を訪れており、その過程でいくつかのグルメ本も出版している。口調は辛辣だが気さくでノリのいい性格で、同時に弟子に対する愛情も深い。最初に登場したときは偽者(魔獣ポポンの変身)だったが、その後本物がプププランドを訪れた。しかしながら、弟子であるカワサキのひどい料理を食べて愕然とし、店の営業禁止を言い渡し、のれんを奪って行く。その後、カワサキの評判を失墜させようと企んだデデデに城に招かれる。デデデに乗せられる形でププビレッジの住民に無償で手料理を振る舞い、テレビ越しにカワサキを呼び出して突き放すように料理を作らせる。その最中、悩むカワサキに「味覚などちょっとした事でどうにでもなる」と言う事を教える為に持ってきた薬品「ギジラエキス」をフーム達に発見され、一方的にこの薬品を使用したと疑われるが、カワサキの名誉を守る為に使用したと証言し料理人として最悪とも言える汚名を被る。そしてデデデ達の魔獣騒動の後、店ののれんをカワサキに返し、さらに修行を積むよう言い渡してプププランドを去った。当のフーム達は濡れ衣を着せた事について直接の謝罪は行わなかったものの(村人たちの誤解を解いた描写が無いが、誤解がその後どうなったかは不明)、弟子の為なら自身の名が傷つくのも厭わないその度量の深さに感服していた。英語版での名は「シェフ・シイタケ (Chef Shiitake)」。
あつめて!カービィ』にも登場する。
コックナゴヤ
声 - つボイノリオ
カワサキのライバルにして最愛の友。頭身はカワサキと同じで、猫のような顔をしている。名古屋弁でしゃべる。カワサキのフライパンに対し、ナゴヤは包丁を師匠から貰っている。名古屋の名物料理が得意で食べた客は「うんみゃー」と感動する。100m道路金のしゃちほこがあるナゴヤという遠い星からやってきた男。オオサカの下で修行していた頃はカワサキと不味さを競い合う程度だったが、現在の料理の腕はカワサキより断然上。また、料理人としてのプライドをあまり見せないカワサキと違って、料理人として立派な誇りの持ち主である。
まだ自分の店は持っておらず、修行の旅を続けている。またもやデデデはカワサキの店を潰してナゴヤの店を作るために、料理番組を企画し対決させる。不正ではあるが、フームの助言を受けながらまともな料理を作るカワサキだったが、エスカルゴンの妨害により、カワサキの料理を食べた途端に審査員[3]が辛さのあまり火を吹き出し、ナゴヤが圧勝する。しかし、すでにエスカルゴンがカワサキの料理に唐辛子を混入させる瞬間を目撃しており、落胆して立ち去ろうとしたカワサキを引き止め、自身の料理にも唐辛子を混入させてデデデに試食させることでエスカルゴンによる妨害を明かす。ナゴヤ本人は、カワサキの料理も美味しそうに食べるカービィを指し、プププランドでは伝統料理よりカワサキが作るような大衆料理の方が求められているとカワサキを諭すと、最後に弟子としての優しさで自ら負けを認める(だがカワサキの方の不正はなぜか言及されなかった)形となり、カワサキの店はまたしても守られた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 桜井政博twitterより
  2. ^ 公式サイトでは千葉一伸と誤記されている。
  3. ^ デデデ、レン、ボルン、キュリオ、メーベルの5人が担当