メインメニューを開く

コトブキツカサ

コトブキツカサ1973年11月16日 - )は、日本の映画パーソナリティ。本名、佐野 忠宏(さの ただひろ)。2009年11月に芸名を「寿司」(読みはことぶき つかさ)から「コトブキツカサ」に改名した。

静岡県富士宮市出身。ナチュラルエイト所属。血液型はO型、身長171cm、体重72kg。和光大学人文芸術学科中退。2014年より日本工学院非常勤講師を務める。

目次

来歴・人物編集

  • 学生時代は大槻ケンヂのオールナイトニッポンのヘビーリスナーであった。当時のペンネームは「イングリティ佐野」。
  • 1995年に、西田征史とのお笑いコンビ「ピテカンバブー」を結成、この時はホリプロに所属し本名で活動、『ホリプロお笑いライブ』などのライブ、テレビ、ラジオなどに出演。ピテカンバブーは2000年10月に解散。
  • 解散後はピン芸人に転向し、元フォークダンスDE成子坂(後に鼻エンジン)の村田渚と路上(後に多摩川河川敷→中野スタジオtwl)トークライブを月に一回行うなどの活動を展開。しばらく事務所に所属せずフリーだったが、後にプライムに移籍、芸人活動の傍ら、くりぃむしちゅー有田哲平の付き人兼運転手も務めるようになる。尚この間、芸名は「佐野スカイウォーカー」→「さのっち」→「すなっち」→「寿司」→「コトブキツカサ」と変わっている。コトブキツカサという芸名は、フォークダンスDE成子坂のネタの中に出てくる名前が由来となっている[1]。2006年に急死した村田の第一発見者であり、その死に顔は「本当に穏やかだった。微笑んでいた」だったと言う。
  • 主にくりぃむしちゅーやマツコ・デラックスの番組の前説を務めることが多く、これまで『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)、『おとなの学力検定スペシャル小学校教科書クイズ!』(日本テレビ)、『しゃべくり007』など多くの番組で前説を担当。多い時には週20本を超えていた。これは、前説は冠タレントの事務所の後輩が行うケースが多いが、事務所が小さく実質コトブキと浜ロンしかおらず二人に集中するためだという[2]。『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』においては、フリートークなどで度々話題に上がることがあった。
  • 近年では、心理カウンセラーとしての活動も行っている。その中で、年間約500本の映画を観ていることから、映画心理カウンセラーとしての活動が多い(「好きな映画を3本挙げれば、その人の心理がわかる」、ということなど)。
  • 我が子に自分のことを「父上」と呼ばせている。

芸風編集

「前説芸人」を自称し、それまでの前説経験からネタを作っている。拍手の練習や客いじりなどでネタ振りをした後、「これです!」または「これなんです!」と言って、前説芸の落ちなどを強調する、というパターンである。衣装は半袖半ズボンの黒スーツである。「寿司」時代にはつかみに「すしと書いてコトブキツカサ」と言っていた。

出演番組編集

コトブキツカサ(寿司)としての出演

テレビ編集

テレビドラマ編集

WEBドラマ編集

  • ハケンのキャバ嬢・彩華 第5・6話(2017年11月6日・13日、AbemaTV[注釈 1]) - カオティック真香莉 役
  • 星屑リベンジャーズ(2018年7月23日 - 9月24日、AbemaTV[注釈 2]) - 羽鳥龍 役

ラジオ編集

  • コトブキツカサのオールナイトニッポンモバイル(2016年9月1日 - 、ニッポン放送)

脚注編集

外部リンク編集