メインメニューを開く
富士急行 > 富士急ハイランド > コニファーフォレスト

コニファーフォレストは、山梨県富士吉田市にある富士急行所有のスケート場。

コニファーフォレスト
(SEIKO-OVAL)
施設情報
用途 冬季:スケートリンク
夏季:イベント会場
事業主体 富士急行
管理運営 富士急行
竣工 1986年(昭和61年)
所在地 403-0016
山梨県富士吉田市松山

目次

概要編集

1986年(昭和61年)に開催されるかいじ国体冬季スピードスケート会場として、国道139号を挟んだ富士急ハイランドの南側にクラブハウス付全周400mのスケートリンクが整備され、冬季大会開会式が行われた1月28日に開園した。

かいじ国体で使用された後は主に富士急行スピードスケート部が練習場と使用しており、アルベールビル女子500m銅メダル橋本聖子長野五輪女子500m銅メダル岡崎朋美をはじめ、多くのオリンピック選手をこのリンクで育成した。また、練習日以外は山梨県内の小学校を対象としたスケート教室の開催や、ハイランド内のリンク「クリスタルラグーン」と合わせて一般にも貸し出している。夏季はリンク化されない一方で、大型ライブ等の屋外イベント会場として使用されている。

現在、同スケート部に所属していた橋本聖子の功績を称え『SEIKO-OVAL』(セイコオーバル)の名前が付けられている。また、クラブハウス内には岡崎朋美の功績を称えた「スケートミュージアム」も設置されている。

主な使用実績編集

第73回国民体育大会冬季スピードスケート会場としても使用予定。

所在地編集

  • 山梨県富士吉田市松山
    • 本来の所在地は上記のとおりであるが、ハイランドの施設に含まれるため、富士急行公式では「富士吉田市新西原5丁目6番地1号」と表記されている。

アクセス編集

  • バスターミナルのある富士急ハイランド第一入園口から、国道139号を跨いだ高架橋を渡ると当地となる。富士急行線富士急ハイランド駅からの場合は間にハイランドの本園があるため、ハイランドの入場券があれば園内経由で直進できるが、「サウンドコニファー229」等が目的で入場券を所持していない場合は大幅に迂回する必要がある。
  • 車で来場の場合コニファーフォレスト側にも駐車場があるが、「サウンドコニファー229」が開催される場合はすぐ満車になるため、主催者の富士急エンタープライズは各地からのツアーバスを利用することを勧めている。

外部リンク編集