コニー・ケイ(Connie Kay、出生名:コンラッド・ヘンリー・カーノン (Conrad Henry Kirnon)、1927年4月27日 - 1994年11月30日)は、アメリカ合衆国ジャズドラマー[1]。長くモダン・ジャズ・カルテット (MJQ) のメンバーだったことで知られる。

独学でドラムを学び、サックス奏者レスター・ヤングのクインテットに1949年から1955年まで所属して演奏活動に入り、スタン・ゲッツコールマン・ホーキンスチャーリー・パーカーマイルス・デイヴィスなどとの共演経験を積んだ。

1950年代初めから半ばにかけての時期には、アトランティック・レコードリズム・アンド・ブルースのセッションをこなし、ビッグ・ジョー・ターナーの「シェイク・ラトル・アンド・ロール (Shake, Rattle and Roll)」の録音などに参加した。

ケイは、1955年に、MJQ結成時のドラマーだったケニー・クラークに代わって、MJQに加わり、このグループが解散した1974年までメンバーであり続け、その後も1990年代まで時々行われた再結成に参加した。また、他方では、アイルランドシンガー・ソングライターであるヴァン・モリソンの最も重要な数枚のアルバムでもドラムを演奏しており、『アストラル・ウィークス』のほか、『セント・ドミニクの予言』の1曲、『テュペロ・ハニー』の4曲に参加している[2]

ケイは、ドラムセットに、様々なパーカッション類を追加していたことでも知られており、特にティンパニ、小さなシンバル類、トライアングルベルツリー英語版ダラブッカを用いていたが、ダラブッカは、2006年の記事で「エキゾチックな外見の」ドラムと紹介されていた[3][4]

ディスコグラフィ編集

モダン・ジャズ・カルテット編集

サイドマンとしての参加編集

キャノンボール・アダレイ
チェット・ベイカー
ルース・ブラウン
マイルス・デイヴィス
ポール・デスモンド
ビル・エヴァンス & ボブ・ブルックマイヤー
コールマン・ホーキンス
ジミー・ヒース
ミルト・ジャクソン
ジョン・ルイス
ジェームズ・ムーディ英語版
ジョー・ニューマン英語版
ミシェル・サルダビー
  • Night Cap (Sound Hills, 1970)
ラッキー・トンプソン
ボビー・ティモンズ
ランディ・ウェストン

脚注編集

  1. ^ Allmusic
  2. ^ Tupelo Honey, Van Morrison LP (Warner WS-1950, 1971)
  3. ^ Mariani, Rob (2006年12月27日). “Connie Kay Plays The Drums Impeccably”. All About Jazz. 2017年7月17日閲覧。
  4. ^ Watrous, Peter (1994年12月3日). “Connie Kay, 67, Drummer, Dies; A Specialist of Sounds and Styles”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1994/12/03/obituaries/connie-kay-67-drummer-dies-a-specialist-of-sounds-and-styles.html 2017年7月17日閲覧。