メインメニューを開く

コネクソン(Connexon)は、コネクシンと呼ばれるタンパク質6つの複合体で、2つの隣接細胞細胞質同士を繋ぐギャップ結合の一部となる。コネクソンは実際には、片側結合の半チャネルで、通常は逆向きの2つのコネクソンが対となって、完全な細胞間ギャップ結合チャネルとなる。しかしいくつかの細胞では、半チャネル自体が細胞質と細胞外を繋ぐ導管となり、イオンや1-2kDa以下の小分子を移動させる。

コネクソン
Connexon
Connexon and connexin structure.svg
コネクソンとコネクシンの構造
概要
ラテン語 connexona
TH H1.00.01.1.02025
解剖学用語英語版

関連文献編集

  • Andrew L Harris and Darren Locke (2009). Connexins, A Guide. New York: Springer. pp. 574. ISBN 978-1-934115-46-6. http://www.springer.com/978-1-934115-46-6.