メインメニューを開く

コノミヤは、大阪市鶴見区に本社を置くスーパーマーケットチェーン店である。

株式会社コノミヤ
KONOMIYA Company, Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
538-0043
大阪府大阪市鶴見区今津南一丁目5番32号
設立 1971年昭和46年)3月
※創業は1962年(昭和37年)1月
業種 小売業
法人番号 5120001001831
代表者 芋縄純市(会長)
芋縄隆史(代表取締役社長)
資本金 9590万円
純利益 7809万6000円(2017年08月20日時点)[1]
総資産 356億8022万円(2017年08月20日時点)[1]
従業員数 約5100名(パート・アルバイト含む)
外部リンク http://www.konomiya.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

創業は1957年。創業者・芋縄純市(現会長)が日本で初めてのセルフサービス形式の衣料店「このみや」を開業したが、火災事故により1961年に廃業した。その後芋縄は日本スーパーチェーン本部のバイヤーを経て、1962年に「スーパーグループ」を立ち上げて城東区鴫野に1号店を出店(会社は1971年設立)。その後1976年に現放出本部店を運営する子会社「ショッパーズこのみや」を設立。1977年に両社は合併し、「ショッピングセンターこのみや」となった。1987年に現社名となる、片仮名表記の「コノミヤ」に社名変更。

以降は、主に放出(正式には鶴見区今津南)を本部店とし片町(学研都市)線京阪線沿線などを中心に出店してきたが、2005年3月、主に大阪府南部にスーパーマーケット「トリオト」を出店していたトリオト商事(大阪府堺市)より営業権を譲受[2]し、大阪府南部での店舗が一気に増加した。現在は、大阪府下全域を対象に店舗網を広げている。

2011年8月には、愛知県が地盤の食品スーパー「ハローフーヅ」を吸収合併[3]、店舗網が中部地区にも広がった。また2015年8月25日に岐阜県が地盤の食品スーパートミダヤが、地域経済活性化支援機構より、コノミヤが設立する子会社に事業譲渡することが発表された。トミダヤ全店舗の営業と従業員の雇用は継続される。[4][5]

愛知県、岐阜県の店舗については過去の経緯などを踏まえ、コノミヤのほか、ハローフーヅ、(ハロードゥ)、べり~ぐっど、コンツネ、(ビッグハウス)、トミダヤの店舗ブランド名称をそれぞれ用いている。

また、2016年8月4日、東海事業本部となってからの初出店となる砂田橋店、そして2017年7月20日に中切店が開店した。 また、コンツネ二ツ杁店の閉店、コンツネ日比津店のコノミヤへのブランド名変更により、コンツネの名称はなくなる。 また、2017年7月31日、岐阜県瑞浪市でスーパーマーケット「ワンダー」(1店舗)を運営するエスアンドエスの発行済み株式の100%を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。

現在の出店店舗一覧編集

2017年7月現在、大阪府を中心に87店舗[6]出店している。

 
コノミヤ本部(放出)店

※◇マークは旧トリオトから事業譲渡による出店(開店日は旧トリオトではなく、コノミヤとしての開店日を記載)

大阪市内編集

  • 放出店(鶴見区 大阪本社店) - 1976年4月開店
  • 鴫野店(城東区) - 1972年10月開店
  • 粉浜(こはま)店(住吉区) - 2002年11月8日開店
  • 赤川店(旭区) - 2003年6月12日開店
  • 緑橋店(東成区) - 2006年12月1日開店
  • 鴫野西店(城東区)
  • 平野西店(平野区) - 2014年10月29日開店
  • 南田辺店(東住吉区) - 2015年6月18日開店 ほか
 
コノミヤ徳庵店

大阪府内編集

  • 牧野店(枚方市) - 1983年1月開店
  • 徳庵店(東大阪市) - 1991年8月開店
  • 守口店(守口市) - 1994年7月開店
  • 弥刀(みと)店(東大阪市) - 1997年4月開店
  • 若江岩田店(東大阪市) - 2000年4月開店
  • 狭山店(大阪狭山市) - 2002年12月16日開店
  • 高石店(高石市) - 2004年12月7日開店
  • 南花台(なんかだい)店(河内長野市) - 2005年3月28日開店
  • ◇泉ヶ丘店(堺市南区) - 2005年3月28日開店
  • ◇浜寺石津店(堺市西区) - 2005年3月28日開店
  • ◇中もず店(堺市中区) - 2005年3月28日開店
  • ◇堺東店(堺市堺区) - 2005年3月28日開店
  • ◇羽曳が丘店(羽曳野市) - 2005年3月28日開店
  • 高槻店(高槻市) - 2005年12月2日開店
  • 深井店(堺市中区) - 2006年10月13日開店
  • 竹城台店(堺市南区) - 2007年5月30日開店
  • 箕面店(箕面市) - 2007年7月5日開店
  • 美原店(堺市美原区) - 2007年9月20日開店
  • 枚方店(枚方市) - 2008年5月15日開店
  • 摂津店(摂津市) - 2008年10月15日開店
  • 高槻西冠店(高槻市) - 2008年11月19日開店
  • 住道店(大東市) - 2009年4月10日開店
  • くずは店(枚方市) - 2010年6月10日開店
  • 和泉府中店(和泉市
  • 摂津市駅前店(摂津市)
  • 北青葉台店(河内長野市) - 2014年4月17日開店
  • 近鉄八尾駅前店(八尾市)- 2015年2月26日開店
  • 寝屋川店(寝屋川市) - 2015年10月15日開店
  • 茨木店(茨木市) - 2016年7月6日開店
  • 富田林店(富田林市) - 2016年12月13日開店
  • 泉大津店(泉大津市) - 2018年12月13日開店
  • 河内長野店(河内長野市) - 2019年7月11日開店

京都府編集

  • 八幡店(八幡市) - 2008年8月8日開店 

名古屋市内編集

  • 滝ノ水店(緑区 東海事業本部店) 9:00~21:00
  • 鳴子店 (緑区) 9:00~22:00
  • 神の倉店(緑区) 9:00~22:00
  • 島田店(天白区) 9:00~22:00
  • ハローフーヅ天白店(天白区) 9:00~21:00
  • ハローフーヅ菅田店(天白区) 9:00~22:00
  • べり~ぐっど店(天白区) 7:00~23:00
  • 中根店(瑞穂区) 9:00~22:00
  • 東山店(千種区) 9:00~23:00
  • 平田店(西区) 9:00~22:00
  • 日比津店(中村区) 10:00~20:00
  • 砂田橋店(東区)- 2016年8月4日開店 9:00~22:00

尾張地区編集

三河地区編集

岐阜県編集

閉店した店舗編集

  • ◇加美店(平野区) - 2005年11月閉店
  • ◇浅香山店(堺市堺区) - 2007年7月閉店
  • ハローフーヅ鳴海向田店 (緑区)-2012年7月20日閉店
  • ハローフーヅ太田店 (美濃加茂市)-2016年2月29日閉店
  • コンツネ二ツ杁店(清須市) -2016年5月31日閉店
  • トミダヤ真正店(本巣市)-2016年10月25日閉店(※末期はたまねぎの無人販売のみであった)
  • トミダヤ大垣店(大垣市)-2018年1月15日閉店(※旧トミダヤ本店および本社)
  • トミダヤ荒尾店(大垣市)-2018年2月19日閉店
  • トミダヤ鏡島店(岐阜市)-2018年3月12日閉店
  • トミダヤ北方店(北方町)2018年4月16日閉店

特徴編集

  • 毎週月曜日は全品10%還元セール。(一部除く)
  • 毎週火曜日は100円均一セール。(商品限定)
  • 毎週水曜日は10%クーポン券使用日(東海事業本部のみ)
  • 創業以来、店舗の土地・建物共に自社所有とすることを基本に出店を進めてきた。出店ペースの拡大や他社からの営業譲渡店舗などで一部に例外はあるものの、現在でも大半の店舗は自社物件となっている。
  • 2003年から赤川、粉浜、徳庵、若江岩田、弥刀、守口の各店が、2004年7月からは放出本部店がそれぞれ22:00まで延長営業されるようになった。
  • また、デジタルカメラを活用した独自のPOP(商品説明札)を特許申請したり、日本気象協会からの提案を受けて、アメダスを応用利用した来客予測システム「キャクダス」を開発し、それを基にして商品の流通をスムーズに進める無人発注オンラインシステムを構築している。
  • NNS日テレの全国ネットワーク)主催・24時間テレビ 「愛は地球を救う」に協賛し毎年8月にチャリティー募金を募集している。地域密着型の店舗運営を行うに当たり、様々なコミュニティー貢献事業への参加をすることで社会に奉仕することを目指すという理念の一環。

直営系列店舗編集

  • ちゃんこ・焼肉「朝潮」を鴫野、徳庵の2店に出店。これはコノミヤ会長の芋縄純市が大相撲七代目高砂親方(元大関朝潮)の岳父であるためで、大阪場所前後には高砂部屋所属力士を招いてのイベントが行われる。
  • 酒販売コーナーを放出本部、鴫野、粉浜、徳庵、若江岩田、弥刀、守口、狭山、高石、牧野、南花台の各店に出店。

外部店舗編集

  • マクドナルドハンバーガーを放出、鴫野、弥刀の3店に出店(徳庵店もあったが、合理化により2014年閉店)。
  • ダイソー100円ショップを放出店に出店。(同店は出店した当初大阪府下最大のスケールだったという)
  • ワッツが経営する100円ショップ「meets(ミーツ)」を徳庵店[7]、東浦店、「シルク」を南花台店に出店。
※100円ショップに関しては、鴫野、若江岩田の各店舗にもコノミヤ直営店として設置されている。

スポーツ事業編集

  • 日本女子サッカーリーグ「プレナスなでしこリーグ」スペランツァFC大阪高槻大阪府高槻市 元松下電器女子サッカー部「パナソニックバンビーナ」)を協賛しており、コノミヤからの出向(社員選手)で数選手が参戦している。2012年より同チームのユニホームスポンサー(胸)。財政難により2016年から、コノミヤが支援スポンサーとして選手を受け入れ、「コノミヤ・スペランツァ大阪高槻」に改める。

脚注編集

  1. ^ a b 株式会社コノミヤ 第46期決算公告
  2. ^ その後、トリオト商事は2005年10月に臨時株主総会決議により法人解散。
  3. ^ 会社合併契約締結について
  4. ^ 株式会社フードセンター富田屋に対する再生支援決定について
  5. ^ トミダヤが事業譲渡へ 大阪の会社に全22店、営業は継続:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)、2015年8月26日閲覧
  6. ^ うち、関西エリア42店舗、東海地方45店舗。
  7. ^ 元々はコノミヤ直営だったが、2011年5月にワッツとフランチャイズ契約を結んだことを機に、同社のチェーン店となった。

外部リンク編集