コバイケイソウ

コバイケイソウ(小梅蕙草、学名:Veratrum stamineum)はユリ科シュロソウ属多年草。新しいAPG植物分類体系では、シュロソウ属は、ユリ目メランチウム科に分類される。

コバイケイソウ
Pcs34560 IMG 1210.JPG
コバイケイソウ (霧ヶ峰の富士見台・2009年7月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: シュロソウ属 Veratrum
: コバイケイソウ V. stamineum
学名
Veratrum stamineum Maxim.
和名
コバイケイソウ
(小梅蕙草)

目次

特徴編集

山地草本の中では大型で、高さは1mほどになる。6月から8月に穂の先に白い花をつける。花茎の先端部は両性花、横に伸びる花は雄花である。群生することが多く、初夏の山を代表する花の一つ。光沢があり、硬く葉脈がはっきりとした長楕円形の葉が互生する。

有毒であり、全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持つ。誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合死に至る。若芽は山菜のオオバギボウシノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒が毎年のように発生しているため注意が必要[1]

名前の由来は、花がに似ており、葉が蕙蘭に似ているため。

分布と生育環境編集

日本の本州中部地方以北、北海道に分布し、山地から亜高山の草地や湿地のような、比較的湿気の多いところに生える。

写真編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 小梅蕙草の毒