コバネガ(小翅蛾)とは、チョウ目鱗翅目コバネガ科Micropterigidae)に分類される昆虫の総称である。

コバネガ科
生息年代: Middle Jurassic–現世
Micropterix aureoviridella (Höfner, 1898).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目鱗翅目Lepidoptera
亜目 : コバネガ亜目 Zeugloptera
上科 : コバネガ上科 Micropterigoidea
: コバネガ科 Micropterigidae
学名
Micropterigidae
Herrich-Schaffer1855

口器は咀嚼に適した形で、小顎に特化せず、他の鱗翅類では見られない大顎を持つ[1]。これは鱗翅類の祖先形質を反映した特徴と考えられる[1]

幼虫コケを食べ、他の鱗翅類とは違い、吐糸管がない。成虫は花粉やコケの胞子を餌とする。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Krenn, Harald W. (2010-01). “Feeding Mechanisms of Adult Lepidoptera: Structure, Function, and Evolution of the Mouthparts” (英語). Annual Review of Entomology 55 (1): 307–327. doi:10.1146/annurev-ento-112408-085338. ISSN 0066-4170. PMC PMC4040413. PMID 19961330. http://www.annualreviews.org/doi/10.1146/annurev-ento-112408-085338. 

外部リンク編集