メインメニューを開く

コパノリチャードは、日本競走馬である。馬名の意味は冠名+人名。主な勝ち鞍は2013年スワンステークスアーリントンカップ2014年阪急杯高松宮記念

コパノリチャード
Copano Richard Takamatsunomiya Kinen 2014(IMG1).jpg
2014年高松宮記念
欧字表記 Copano Richard
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2010年4月15日(9歳)
抹消日 2015年12月4日[1]
ダイワメジャー
ヒガシリンクス
母の父 トニービン
生国 日本の旗 日本北海道日高町
生産 ヤナガワ牧場
馬主 小林祥晃
調教師 宮徹栗東
競走成績
生涯成績 22戦6勝
(中央)21戦6勝
(地方)1戦0勝
獲得賞金 3億450万7000円
勝ち鞍 GI高松宮記念(2014年)
GIIスワンステークス(2013年)
GIIIアーリントンカップ(2013年)
阪急杯(2014年)
テンプレートを表示

経歴編集

2歳(2012年)編集

11月4日に京都競馬場の芝1400mの新馬戦岩田康誠を鞍上にデビューし、逃げを打つとそのまま逃げ切ってデビュー戦を勝利で飾った。続く12月2日の阪神の500万下の千両賞も新馬戦同様に逃げるも2着に惜敗した。

3歳(2013年)編集

 
2013年11月17日 マイルCSパドックにて

1月12日の京都の白梅賞は同様に逃げを打つと2着に5馬身差の圧勝で2勝目を飾った。そしてアーリントンカップは逃げは打てなかったものの2番手から最後の直線で抜け出して重賞初制覇を果たした。陣営は牡馬クラシック第一弾の皐月賞に出走を決めた。しかし逃げたものの最後失速し、13着に敗れた。そしてNHKマイルカップも皐月賞同様の競馬となってしまい、8着に敗れて春を終えた。秋は阪神のオープン特別のポートアイランドステークスで復帰。2番人気に推されるも逃げたものの最後はバテてしまい16着惨敗となった。しかしスワンステークスは前走とは一変し見事に逃げ切って重賞2勝目を飾った。マイルチャンピオンシップは4着、阪神カップは得意の逃げが打てず10着に敗れた[2]

4歳(2014年)〜5歳(2015年)編集

2014年3月2日の阪急杯から始動。2着に4馬身差をつけて逃げ切り、重賞3勝目を挙げた[3]。そして初の1200m出走となった高松宮記念は逃げは打てなかったものの最後の直線で逃げたエーシントップをかわすと2着に3馬身差の圧勝でGI初制覇を果たした。馬主の小林祥晃(Dr.コパ)は2月のフェブラリーステークスコパノリッキーに続くGI2連勝となった。京王杯スプリングカップでは逃げたが前走のような粘りがなく7着[4]。その後予定していた函館スプリントステークスは軽い筋肉痛のため回避し[5]スプリンターズステークスへ直行したが出遅れが響き12着[6]。続いて初のダートとなるJBCスプリントに出走したが、ダート適性がなく最下位の16着と大敗した[7]阪神カップではリアルインパクトとの叩き合いの末、2着[8]

2015年シーズンは惨敗続きとなり、11月29日の京阪杯を最後に現役を引退した。引退後はレックススタッドで種牡馬となる。

競走成績編集

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2012.11.04 京都 2歳新馬 芝1400m(良) 17 5 10 04.2(02人) 01着 1:21.3(34.6) -0.3 岩田康誠 55kg (エールブリーズ)
0000.12.02 阪神 千両賞 芝1600m(良) 12 7 9 03.3(02人) 02着 1:33.6(35.7) -0.2 福永祐一 55kg カオスモス
2013.01.12 京都 白梅賞 芝1600m(良) 16 5 10 01.6(01人) 01着 1:33.9(34.7) -0.8 W.ビュイック 56kg (プリムラブルガリス)
0000.02.23 阪神 アーリントンC GIII 芝1600m(良) 10 6 6 02.2(01人) 01着 1:34.8(34.0) -0.2 W.ビュイック 56kg (カオスモス)
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 4 8 16.4(05人) 13着 1:59.5(37.4) -1.5 内田博幸 57kg ロゴタイプ
0000.05.05 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 5 9 07.0(04人) 08着 1:33.1(35.3) -0.4 福永祐一 57kg マイネルホウオウ
0000.09.29 阪神 ポートアイランドS OP 芝1600m(良) 17 4 8 05.9(02人) 16着 1:35.8(39.0) -2.9 浜中俊 54kg ドリームバスケット
0000.10.26 京都 スワンS GII 芝1400m(稍) 13 7 10 20.5(08人) 01着 1:20.8(34.0) -0.3 浜中俊 54kg ダイワマッジョーレ
0000.11.17 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 1 1 14.5(06人) 04着 1:33.0(34.7) -0.6 浜中俊 56kg トーセンラー
0000.12.23 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 8 16 06.7(02人) 10着 1:22.0(35.1) -0.6 浜中俊 56kg リアルインパクト
2014.03.02 阪神 阪急杯 GIII 芝1400m(良) 16 1 1 04.8(02人) 01着 1:20.7(35.8) -0.7 浜中俊 57kg サンカルロ
0000.03.30 中京 高松宮記念 GI 芝1200m(不) 18 3 5 07.7(03人) 01着 1:12.2(37.2) -0.5 M.デムーロ 57kg スノードラゴン
0000.05.17 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 15 3 4 02.3(01人) 07着 1:20.4(35.7) -0.7 浜中俊 58kg レッドスパーダ
0000.10.05 新潟 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 18 3 6 08.8(03人) 12着 1:09.2(34.1) -0.4 浜中俊 57kg スノードラゴン
0000.11.03 盛岡 JBCスプリント JpnI ダ1200m(重) 16 1 2 04.2(03人) 16着 1:11.9(38.3) -2.9 武豊 57kg ドリームバレンチノ
0000.12.27 阪神 阪神C GII 芝1400m(良) 18 8 18 07.5(03人) 02着 1:20.7(34.8) -0.0 武豊 57kg リアルインパクト
2015.03.01 阪神 阪急杯 GIII 芝1400m(不) 16 5 9 01.9(01人) 06着 1:24.4(37.2) -0.6 武豊 58kg ダイワマッジョーレ
0000.03.29 中京 高松宮記念 GI 芝1200m(稍) 18 8 17 07.7(05人) 05着 1:09.3(34.7) -0.8 武豊 57kg エアロヴェロシティ
0000.06.21 函館 函館スプリントS GIII 芝1200m(良) 16 4 7 04.0(01人) 14着 1:09.4(36.2) -1.1 武豊 57kg ティーハーフ
0000.10.04 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 15 8 15 27.5(10人) 13着 1:08.9(33.9) -0.8 M.デムーロ 57kg ストレイトガール
0000.10.31 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 15 4 7 16.4(07人) 12着 1:21.4(35.2) -1.2 藤岡康太 57kg アルビアーノ
0000.11.29 京都 京阪杯 GIII 芝1200m(良) 15 7 12 42.3(10人) 14着 1:09.4(35.2) -2.0 古川吉洋 58kg サトノルパン

血統表編集

コパノリチャード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系
[§ 2]

ダイワメジャー
2001 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
スカーレットブーケ
1988 栗毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*スカーレットインク Crimson Satan
Consentida

ヒガシリンクス
1999 鹿毛
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
母の母
ビッグラブリー
1992 鹿毛
Caerleon Nijinsky
Foreseer
*アルガリー Blushing Groom
*シンティレート
母系(F-No.) 6号族(FN:6-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ コパノリチャード 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com コパノリチャード 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ コパノリチャード 5代血統表2017年9月12日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com コパノリチャード 5代血統表2017年9月12日閲覧。

脚注編集

  1. ^ コパノリチャード号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年12月3日). 2015年12月6日閲覧。
  2. ^ 【阪神C】戦い終えて”. スポニチアネックス (2013年12月24日). 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ 【阪急杯】コパノリチャード最内から逃げ切りV 高松宮記念に名乗り”. スポニチアネックス (2014年3月2日). 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ 【京王杯SC】戦い終えて”. スポニチアネックス (2014年5月18日). 2015年1月4日閲覧。
  5. ^ コパノリチャードが函館SSを回避、秋はスプリンターズS目標”. スポニチアネックス (2014年6月11日). 2015年1月4日閲覧。
  6. ^ 【スプリンターズS】戦い終えて”. スポニチアネックス (2014年10月6日). 2015年1月4日閲覧。
  7. ^ 【JBCスプリント】戦い終えて”. スポニチアネックス (2014年11月4日). 2015年1月4日閲覧。
  8. ^ 【阪神C】リアルインパクト、接戦制し連覇達成”. スポニチアネックス (2014年12月28日). 2015年1月4日閲覧。

出典編集

  • netkeiba.com

外部リンク編集