メインメニューを開く

コベルコ建機株式会社(コベルコけんき、: KOBELCO CONSTRUCTION MACHINERY CO., LTD.)は、日本の大手建設機械メーカー。

コベルコ建機株式会社
KOBELCO CONSTRUCTION MACHINERY CO., LTD.
Kobelco logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京本社 141-8626
東京都品川区北品川5丁目5番15号
大崎ブライトコア5階
広島本社 731-5161
広島県広島市佐伯区五日市港2丁目2番1号
本店所在地 731-5161
広島県広島市佐伯区五日市港2丁目2番1号
設立 1999年10月1日
業種 機械
法人番号 8240001012153
事業内容 建設機械の製造・販売など
代表者 楢木一秀(代表取締役社長
資本金 160億円
売上高 3,860億円
営業利益 289億03百万円
(2015年3月期)
純利益 193億10百万円
(2015年3月期)
純資産 384億24百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 1,598億70百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 1,850名(グループトータル7,439名)
決算期 3月31日
主要株主 (株)神戸製鋼所 100%
主要子会社 コベルコ建機日本(株)
コベルコ建機エンジニアリング(株)
コベルコ建機インターナショナルトレーディング
(株)コベルコ教習所(株)
(株)ササイナカムラ
トーヨースギウエ(株)
(株)ワイズヨシハラ
外部リンク コベルコ建機(株)グローバルサイト
テンプレートを表示

神戸製鋼グループに属する。

沿革編集

  • 1930年 - 国産建設機械第1号機となる電気ショベル50K(1.5m3)発売。
  • 1955年 - アメリカP&H社と技術提携、クレーン等の技術を導入。
  • 1976年 - 初めて自社技術によりクローラ式油圧ショベルH208(0.3m3)発売
  • 1980年 - 国産初の固定式ニブラー装着自動車解体機を発売。
  • 1983年 - (株)神戸製鋼所、油谷重工(株)に資本・経営参加。
  • 1999年10月1日 - 神戸製鋼所から建設機械カンパニー(クレーン製造部門・企画統括部門)を分社し、それに国内の販売会社である神鋼コベルコ建機とショベル製造部門の油谷重工を統合して製販一体となって設立。
  • 2004年4月1日 - クレーン事業を分社化。神戸製鋼所の完全子会社としてコベルコクレーン株式会社が設立。
  • 2012年12月26日 - CNHグローバル社との業務提携の解消を発表。
  • 2015年10月1日 - 神戸製鋼所の完全子会社となる[1]
  • 2016年4月1日 - コベルコクレーン株式会社を吸収合併[2]

事業内容編集

建設機械、運搬機械の製造、販売、サービス

など

ハイブリッドショベル編集

1999年秋、NEDO※からの受託研究事業として研究がスタートしたハイブリッド技術。理論も技術もゼロの状態から、2006年春に燃費40%削減を達成した世界初のハイブリッド油圧ショベルを開発した。2010年にはSK80Hとして量産、販売を開始し、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞。2012年に発表された20tクラスSK200H-9では、発電電動機と旋回電油モータを採用し、大幅な燃費削減に成功した。そして2016年、業界初のリチウムイオンバッテリを採用したSK200H-l0が完成。大型の発電電動機を大容量のリチウムイオンバッテリで駆動することにより、エンジンを継続的にアシストし、負荷を大きく軽減。低燃費と作業量アップを高次元で両立。https://www.youtube.com/watch?v=rvsT7n123_k&list=PLex7hsBQoT4YHZ-70EACcT3rx0QJ1s1C8

※NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

極低騒音ショベル技術「iNDr」編集

都市部の工事では、騒音や防じん対策といった周辺環境への配慮と、現場での安全性の確保がより求められる。2001年、“極低騒音”のスローガンのもと低騒音化プロジェクトがスタート。神戸製鋼神戸総合技術研究所と連携し、6年間の試行錯誤を重ねた末に、新発想の低騒音メカニズム「iNDr」を開発した。エンジンの冷却方法に「ダクト化」「オフセット」「マスク」という3つの考え方を取り入れ、確かな冷却性能を維持しながら大幅な低騒音化と防じん性・メンテナンス性の向上を実現した。https://www.youtube.com/watch?v=oiNK9uQdhCQ

その他編集

 
クローラークレーン、Mastertech 7120G。広島市の平和大橋歩道橋工事で(2018年)

同社の建設機械に記載されているローマ字と数字の組み合わせの例は神鋼コベルコ(SK)、車両重量 (125)、ホイールローダー (W)、つまりSK125Wの場合神鋼コベルコ製の12.5tホイールローダーと識別出来る。

自社開発した、世界一の作業高さ65m超(およそ21階建てビルに相当)を実現した超大型ビル解体専用機「SK3500D」が、“世界一ノッポなビル解体機”としてギネスブック(GUINNESS WORLD RECORDS)に認定されている。

2016年米国サウスカロライナ州スパータンバーグ郡の油圧ショベル新工場が稼働を開始。

国内子会社編集

  • コベルコ建機日本株式会社
  • コベルコ建機エンジニアリング株式会社
  • コベルコ建機インターナショナルトレーディング株式会社
  • コベルコ教習所株式会社
  • 株式会社ササイナカムラ
  • トーヨースギウエ株式会社
  • ワイズヨシハラ株式会社

海外法人編集

  • Kobelco Construction Machinery U.S.A. Inc. (米国)
  • Kobelco Construction Machinery Europe B.V. (オランダ)
  • 神鋼建機(中国)有限公司 (中国) 
  • 成都神鋼建機融資租賃有限公司 (中国)
  • 杭州神鋼建設機械有限公司 (中国) 
  • 神鋼起重机(上海)有限公司(中国)
  • Kobelco Construction Machinery Southeast Asia Co., Ltd. (タイ)
  • Kobelco International (S) Co., Pte. Ltd. (シンガポール)
  • RICON PRIVATE LIMITED(シンガポール)
  • Pt Daya Kobelco Construction Machinery Indonesia (インドネシア)
  • Kobelco Construction Machinery Malaysia Sdn. Bhd.(マレーシア)
  • Kobelco Construction Machinery Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)
  • Kobelco Construction Machinery Australia Pty. Ltd.(豪州)
  • Kobelco Construction Machinery Middle East & Africa Fzco.(U.A.E.)
  • Kobelco Construction Equipment India Pvt. Ltd.(インド)

出典・脚注編集

関連記事編集

外部リンク編集