コマツモムシ(Anisops ogasawarensis 小松藻虫)は、半翅目マツモムシ科コマツモムシ属の1種である。 同科のマツモムシより一回り小型なため、この名前がある。

コマツモムシ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
上目 : 節顎上目 Condylognatha
: カメムシ目 Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目 Heteroptera
下目 : タイコウチ下目 Nepomorpha
上科 : マツモムシ上科 Notonectoidea
: マツモムシ科 Notonectidae
亜科 : マツモムシ亜科 Notonectidae
: コマツモムシ属 Anisops
: コマツモムシ A. ogasawarensis
学名
Anisops ogasawarensis Matsumura1915

生息環境編集

休耕田や、ため池、特に中規模なビオトープによく見られ、また、調整池などに住み着くこともある。 コマツモムシはマツモムシと違い、中層で生活するため、より深い水深を好む。 また高温を嫌う性質があることから、湧水や流れ込みのある場所をより好む。

生態編集

本種はマツモムシと同じように背泳ぎをするが、マツモムシと違い、水面には呼吸に上がる以外は中層で生活する。 ユスリカイトトンボの若齢幼虫や、ミジンコなどの大型プランクトンを捕食し体外消化をする。 また、イトミミズやミズムシといった底生生物も食べる。