メインメニューを開く

コマンド・ボリショイは、日本の女子プロレスラーPURE-J女子プロレス所属で同団体運営会社である株式会社PURE DREAM代表取締役社長も兼任。身長148cm、体重45kg。血液型A型。本名、生年月日は未公表。大阪市淀川区児童養護施設「博愛社」出身であることを明かしている[1]。PURE-J所属現役レスラーで唯一、ジャパン女子プロレス時代より活動している。

コマンド・ボリショイ
Command Bolishoi
コマンド・ボリショイ Command Bolishoiの画像
プロフィール
リングネーム コマンド・ボリショイ
ボリショイ・キッド
道頓堀ショイ
本名 非公開
ニックネームタイガーマスク
身長 148cm
体重 45kg
誕生日 不明
出身地 大阪市
所属 PURE-J女子プロレス
トレーナー 大仁田厚
山本小鉄
デビュー 1991年11月25日
引退 2019年4月21日
テンプレートを表示

目次

所属編集

経歴・戦歴編集

1991年
1992年
  • ジャパン女子解散を受け、JWP女子プロレス旗揚げに参加。
  • 6月29日、東京・後楽園ホールにおいて、対小林美津恵、桑原三佳組戦でコマンド・ボリショイとしてデビュー。デビュー戦のパートナーはキューティー鈴木
1996年
  • 尾崎魔弓との「ドレスアップワイルドファイト」で尾崎のラフファイトで夥しく流血させられたうえマスクを剥ぎ取られる。更に「顔、見ろーっ!顔ーっ!」と絶叫する尾崎に羽交い締めにされて観客に向けて素顔を晒された。素顔を晒したまま試合を続けるも結局失神KOされるという屈辱にまみれ、翌週のプロレス雑誌では正面から晒される素顔が写った写真を載せられ、かつてジャパン女子プロレスに所属していた選手の名前を出され、完全に正体を暴かれる。
2006年
  • 2月23日、第2回T-1興行において、T-1マスクとして栗原あゆみと戦い勝利する。
  • 5月27日、東京・新宿FACE「Ozアカデミー感謝祭」において、15選手参加バトルロイヤルでボリショイ・キッドで出場し、優勝する。
  • 7月23日、東京・新木場1stRING「格闘美 〜Festa〜」において、ボリショイ・キッドとして、優菜と対戦。ラ・マヒストラルで勝利。
  • 8月20日、WRESTLE EXPO 2006において、ボリショイプロデュース・お台場スペシャル・バトルロイヤルに出場。
2010年
2011年
2013年
  • JWPが選手会運営に移行して10年になったのを機にJWP全所属選手とシングルを連戦する「ボリショイ・ディケイド」を決行。シングルタイトル保持者との対戦ではそのタイトルに挑戦する。
2014年
2015年
2017年
  • JWPから全選手を引き連れて独立。PURE-Jを旗揚げ。
2018年
  • 8月21日、進行性の難病である黄色靭帯骨化症の症状が悪化したため、2019年4月21日の後楽園ホールで引退する事を表明[3]
2019年
  • 4月21日、PURE-J「ボリショイ引退興行~ありがとう!」4.21後楽園ホール大会で引退。当日はバトルロイヤルの他、引退試合として尾崎魔弓米山香織中森華子の3人とのシングルス(それぞれ5分間1本勝負。いずれも時間切れ引き分け)を行った。

人物編集

  • 1997年に他界したプラム麻里子の最後の試合でタッグパートナーを務めており、対戦相手だった尾崎魔弓・天野理恵子(現・カルロス天野)属するOZアカデミーが団体化後に始めた追悼興行「プラムの花咲くOZの国」には毎年参戦している。
  • JWPが選手会運営に移行してからは選手代表の立場で現場の全権を任されている。また、プロレスラーを夢見る少女のためにプロレス教室を開講するなどして、選手育成にも取り組んでいる。
  • 華名が「週刊プロレス」誌上で発表した「マニフェスト」に対して誌上やUstream公開討論会にて真っ先に反発。その後行われたSMASH.7にJWP選手陣を引き連れて殴りこみ、これがきっかけとなって華名及びSMASHとJWPの抗争に繋がった。
  • 一方でアイスリボンの選手育成法に対しては高い評価を与えており、同団体の若手と対戦する機会を増やそうとICE×60王座獲得に至った。
  • CDデビューに当たって手話を学習しており、その際に聴覚障害者によるプロレス団体「闘聾門JAPAN」の存在を知り、練習生であった矢神葵(現・矢神知樹)の指導に当たっている。
  • デビュー当時ピエロのギミックで一輪車に乗るため、日常生活でも乗るなどして練習を重ねた。
  • 前出の通り児童養護施設出身であることからダイドードリンコとタイアップして「ピュアドリーム募金」を創設。自動販売機やピコウォーターの販売を通じて施設に寄付している。

得意技編集

カブキ直伝アッパーブロー
ザ・グレート・カブキ直伝。
マリコスパイク
ピコニースマッシュ
飛び膝蹴り
掌打
センセイ固め
センセイ固めII
ライムライト
肩車で相手に飛び乗り、上部で旋回しながらカサドーラに移行。腰付近で回転し、エビ固めからピンフォールにもっていく。チャップリンの映画「ライムライト」の内容からひらめいたという回転技。
ボリショイ式脇固め
コルバタの要領で相手に飛びつき、旋回しながら腕を取って一気に脇固めの体勢に入り、そのままギブアップを奪うボリショイのオリジナル技。ボリショイがメキシコ遠征した際にタッグを組んだミスティコがこれを見て覚え、ラ・ミスティカという名前で使用している。
ビクトル投げ
タイガースープレックスホールド
オリジナルフロントネックロック
対戦相手に飛びついて肩車される状態から反転しながらフロントスリーパーを極める新技。技名はSNSやブログで公募中。

タイトル歴編集

入場テーマ曲編集

  • 「SPACE WALKER#1」(Wonder3)「Hybird Battle」に収録。<コマンド・ボリショイ>
  • 「THE SHOW MUST GO ON」(Three Dog Night)<ボリショイ・キッド>
  • 「Fall In Dream」(吉川晃司)<T-1マスク>
  • 大阪ラプソディー」(海原千里・万里)<道頓堀ショイ>

CD編集

  • 「雨のち晴れ」(2010年)

脚注編集

外部リンク編集