コマンド (競走馬)

競走馬

コマンドCommando1898年 - 1905年)とは、1900年代初頭に活躍したアメリカ合衆国競走馬種牡馬である。ベルモントステークスなどに勝ち、わずかな産駒ながらアメリカチャンピオンサイアーにもなった。

コマンド
CommandoHorse.jpg
1901年撮影
欧字表記 Commando
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1898年
死没 1905年3月13日
ドミノ
エマシー
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Castleton Stud
馬主 James R. Keene
調教師 James G. Rowe, Sr.
競走成績
生涯成績 9戦7勝
獲得賞金 5万8196ドル
テンプレートを表示

経歴編集

コマンドは9戦7勝の優れたスピード馬で、父ドミノが残した数少ない産駒の1頭である。2歳時はすべて6ハロン戦(約1207メートル)を6戦して5勝、敗れたメイトロンステークス騎手飲酒運転によるものであった。3歳時はベルモントステークス、カーターステークスに勝ったものの、ローレンスリアライゼーションステークスの競走中に発生した故障によって2着に敗れ、そのまま引退に追い込まれた。

引退後はカースルトン牧場で種牡馬となったが、怪我をした足から破傷風を患い父と同じく夭逝した。まだ7歳という若さであり、残した産駒は4世代のわずか27頭しかいなかった。しかしこの中からコリン、ピーターパン、ケルトらが活躍し、1907年にはアメリカチャンピオンサイアーにまでなった。産駒27頭中出走馬は19頭、そのうち勝ち馬は16頭、ステークスウィナーは10頭。驚異的な質の高さだった。未出走のアルティマスも種牡馬として成功した。

父系は一時ピーターパン、アルティマスを通じ繁栄したが、それらはのちに勢力を失う。種牡馬としてはそれほど成功できなかった最強産駒コリンの父系が現在に残っている。

1956年、息子コリン、ピーターパンとともにアメリカ競馬殿堂馬に選出。コマンドは現在キャッスルトン牧場に眠っている。

産駒編集

  • コリン (Colin) - ベルモントステークス、フュチュリティステークス、シャンペンステークスなど15戦不敗
  • ピーターパン I (Peter Pan I) - ベルモントステークス、ホープフルステークスなど17戦10勝
  • ケルト (Celt) - ブルックリンハンデキャップなど4戦3勝、唯一の敗戦はコリンに対してのもの
  • Kuroki、Superman、Mentha、Zambesi、Restigouche、Peter Quince、Transvaal - そのほかのステークスウィナー
  • Oyama、Oasis、Sahara、Punky、Slippery、Commida - そのほかの勝ち馬
  • アルティマス (Ultimus) - 米チャンピオンサイアーになったハイタイムの父。アルティマス、ハイタイムは2代続けての超近親交配馬で、共に非常に強いドミノインブリードを持つ(それぞれDomino2×2、Domino3.3×2、近交係数25%、血量にして50%)。
  • ほかに未勝利馬が3頭、不出走馬が7頭いる。

血統表編集

コマンド血統ヒムヤー系12号族(12-b) / 4代内アウトブリード (血統表の出典)

Domino
1891 黒鹿毛
父の父
Himyar
1875 鹿毛
Alarm Eclipse II
Maud
Hira Lexington
Hegira
父の母
Mannie Gray
1874 青毛
Enquirer Leamington
Lida
Lizzie G. War Dance
Lecompte Mare

Emma C.
1892 黒鹿毛
Darebin
1878 黒鹿毛
The Peer Melbourne
Cinizelli
Lurline Traducer
Mermaid
母の母
Guenn
1883 黒鹿毛
Flood Norfolk
Hennie Farrow
Glendew Glengarry
Glenrose F-No.12-b


外部リンク編集