メインメニューを開く

コミコミ出しは、囲碁のルールの一つ。ゲームの性質上先手が有利であるため、地の計算の段階で与えられるハンデキャップを指す。

概要編集

現在の日本の一般的なルールでは、互先(たがいせん)の場合先手(黒)が後手(白)に対して6目半のハンデを負う(「コミを出す」という)。例えば盤上で黒が4目の勝ちであったとしても、コミを加えると白の2目半勝ちとなる。コミに「半目」がついているのは引き分け(持碁)を生じさせず、勝敗を決定させるためである。

歴史編集

江戸時代には座興で打たれる碁のような場合を除き、基本的にコミというものはなかった。当時は棋士の数が少なかったこともあり、個人対個人で複数回の対戦(番碁)などを行い、手合割を決めていた。連碁などでコミが採用される場合には先番5目コミ出しのケースが多かったことから、当時から先番の有利さはこの程度と見られていたことがわかる。

大正から昭和に入って棋士の数も増え、また挑戦手合制が碁界の主流を占めるようになるにつれ、一番で勝負を決める必要性が生じてきた。このためコミの必要性が議論されたが、「勝負の純粋性を損なう」として反対意見も強かった。本因坊戦の開催に当たって4目半のコミが導入された時には抵抗する棋士も多く、加藤信などは「コミ碁は碁に非ず」という趣旨の自らの論説を主催紙の毎日新聞に載せることを参加の条件としたほどだった(なお加藤はコミ碁の本因坊戦で活躍し、1939年から始まった第1期本因坊戦では初代実力制本因坊の座を関山利一と争った)。

コミの導入によって碁の性質も大きく変化した。コミなし碁では黒は先着の有利を保つためゆっくりと打ち、堅実にリードを保つ打ち方、逆に白は激しく仕掛け、局面を動かす打ち方がセオリーとされていた。コミの導入後はこれが逆になり、黒は石数の少ないうちに主導権を握るべく積極的に戦いを挑み、白がゆっくりとした局面に導こうとするスタイルに変化している。タイトル戦が増えるにつれてコミ碁は当たり前のものになり、コミなし碁は大手合のみになっていった。

1930年代から採用が始まったコミであったが、4目半のコミでは黒のほうが有利という見方が強かったため、1964年からコミが5目半に改められるようになった[1]。すべての棋戦で同時にコミが改められたわけではなく、本因坊戦は1974年までコミ4目半のままであった[1]。このころは、4目半のコミは「小ゴミ(こゴミ)」、5目半のコミは「大ゴミ(おおゴミ)」と呼ばれた。

しかし、コミ5目半でも依然として黒の勝率のほうがやや高かったため、2000年に韓国で、2001年には中国でコミが改められた。日本においても、2002年、直近5年間の対局で黒の勝率が51.855%と白よりも高いこと、また国際棋戦との整合性などを理由に、タイトル戦ごとに順次コミは6目半に改められた[2]。棋聖戦での6目半への移行の完了は2004年になるなど、若干のずれは生じたものの、おおむねスムーズにコミは6目半へと移行された[1]

また、日本棋院では2003年、関西棋院では2004年に、コミなし碁が採用されてきた大手合制度が終了した。これにより、プロ棋士の対局はすべてコミのある碁で行われるようになった。

2002年から2007年にかけて日本棋院がコミ6目半の公式棋戦を対象に行った集計では、19,702局で黒の勝率が50.59%、白の勝率が49.41%と、黒と白の勝率の差はかなり小さくなっている[3]

日本以外のコミ編集

中国・韓国・米国(American Go Association)は、当初いずれも日本にならってコミを5目半としていたが、現在はいずれもより多い値に改定されている。

  • 台湾の計点制ルールでは、早くからコミを8点(日本の7目半にあたる)にしていた。
  • 韓国は日本より早く、2000年の第4回LG杯世界棋王戦でコミを6目半にした。
  • 中国では中国囲碁規則の2001年版でコミを3+3/4子(7目半)とした。
  • 米国でも現在はコミ7目半になっている。

中国・台湾がコミを6目半でなく7目半に変更したのは、自身の石と地の数の総和で勝敗を決する中国ルールでは、ほとんどの場合黒と白の差が奇数になるため[4]、コミ6目半と5目半とではほぼ違いが出ないためである。

米国ルールは日本のルールと同じように地のみを数えるが、コミを7目半としている[5]

その他編集

  • 黒が盤上で7目以上のリードを得て、6目半のコミを取り返して勝てそうな状況にあることを「コミが出る」と言う。逆に盤上でリードしていても7目に達しない場合、黒の立場からは「コミが出ない」、白の立場からは「コミがかり」と言う。
  • 盤上で黒の6目勝ちか7目勝ちになりそうで、コミを入れると半目の争いになるような際どい勝負のことは「半目勝負」と呼ばれる。
  • 置き碁では通常コミは採用されない。ただし、特に勝敗を決定する必要があるときは黒(もしくは白)が半目のコミを出すことがある。また、ハンデの量をより細かく設定するために、置き碁であっても任意の値のコミを設定することもある。
  • 置き碁より小さなハンデとして、コミのない「定先」や、白を持つ上手がコミを出す「逆コミ」と呼ばれるルールが採用されることもある[6]。逆コミは下手の立場からは「コミもらい」と表現することもある。

脚注編集

  1. ^ a b c 松村政樹「コミ制度に関する一考察:妥当性の検証を通じて (PDF)大阪商業大学。2019年2月4日閲覧。
  2. ^ コミ出し変更のお知らせ”. 日本棋院のアーカイブ (2002年10月). 2019年2月4日閲覧。
  3. ^ コミ6目半の対局手番別勝率 ―平成19年集計―”. 日本棋院のアーカイブ (2008年1月5日). 2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 盤面全体の点の総数が奇数(19路盤では19×19=361。9路盤や13路盤も奇数になる。)であることから、セキが生じたケースを除けば、両者の地は一方が偶数で一方が奇数となる。
  5. ^ AGA Concise Rules of Go
  6. ^ この場合コミの大きさは6目半を最大幅として調整される。

関連項目編集