コムエアー (南アフリカ)

南アフリカ共和国の航空会社

コムエアー英語: Comair Limited)は、かつて存在した南アフリカ共和国航空会社

コムエアー
Comair Limited
IATA
MN
ICAO
CAW
コールサイン
COMAIR
設立 1943年12月17日
ハブ空港 O・R・タンボ国際空港
焦点空港 ケープタウン国際空港
キング・シャカ国際空港
マイレージサービス Executive Club/Avios
航空連合 ワンワールド
子会社 kulula.com英語版
保有機材数 20機
就航地 11都市
代表者 Glenn Orsmond(CEO)
外部リンク www.comair.co.za
テンプレートを表示

概要

編集

1943年に「コマーシャル・エアサービス(Commercial Air Services)」として設立され、1946年からフェアチャイルド 24を用いてチャーター便の運航を開始した。定期便の就航は1948年の7月からセスナ 195にてヨハネスブルグランド空港)ーダーバン間で開始された。 ブリティッシュ・エアウェイズフランチャイズ(およびワンワールドアフィリエイトメンバー)に加え、アフリカ初のLCCブランド[1]kulula.com英語版』も運営。同国国内線とその近隣国にて定期便を運航していた。

2019年から2022年にかけての導入予定で、8機のボーイング737-8を発注していた[1][2]

2022年5月、資金難に伴い運航停止。翌6月、清算手続きに入ることが発表された[3]

就航都市

編集

2019年現在の路線[4]

保有機材

編集

※2019年現在[5]

Kulula.com

編集

※2022年時点

  • ボーイング737-400 1機
  • ボーイング737-800 7機

退役機材

編集

関連項目

編集

脚注

編集

外部リンク

編集