メインメニューを開く

コムキャスト(英:Comcast Corporation、NASDAQ: CMCSA)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアに本部を置く、ケーブルテレビ・情報通信・メディアエンターテイメントの企業である。

Comcast
Comcast Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: CMCSA
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州フィラデルフィア
北緯39度57分16秒 西経75度10分06秒 / 北緯39.95444度 西経75.16833度 / 39.95444; -75.16833座標: 北緯39度57分16秒 西経75度10分06秒 / 北緯39.95444度 西経75.16833度 / 39.95444; -75.16833
設立 1963年6月28日(56年前) (1963-06-28
業種 コングロマリット
事業内容 ケーブルテレビ、情報通信、メディアエンターテイメント
代表者 ブライアン・L・ロバーツ会長CEO
売上高 増加 716億1300万ドル(2018年)
営業利益 増加 190億900万ドル(2018年)
純利益 増加 117億3100万ドル(2018年)
純資産 増加 716億1300万ドル(2018年)
総資産 増加 2516億8000万ドル(2018年)
従業員数 184,000人(2018年)
主要子会社 Xfinity
NBCユニバーサル
Sky
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

概要編集

光ケーブル・同軸ケーブル網を用いたインターネットサービスプロバイダ事業(インターネット接続、IP電話など)も行っている。各地のケーブルテレビ局の運営に加え、ザ・ゴルフ・チャンネルE!といった複数の専門チャンネルも運営している。

2009年にNBCユニバーサルの経営権を取得しその後子会社化、2018年に、Skyを子会社化し、巨大なメディア・コングロマリットとなっている。

本部のあるフィラデルフィアをホームタウンとする、NBAフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ならびにNHLフィラデルフィア・フライヤーズのオーナーでもある。

沿革編集

 
コムキャストセンター
  • 1963年、ラルフ・J・ロバーツほか数人によりケーブルテレビ会社として設立された。
  • 1969年にペンシルベニア州で「Comcast Corporation from American Cable Systems(コムキャストコーポレーション・フロム・アメリカンケーブルシステムズ)」の名称で法人化した。このコムキャストとは「Communications and Broadcasting(コミュニケーション・アンド・ブロードキャスティング)」からとった名称である。
  • 2002年AT&Tより傘下のケーブルテレビ部門、AT&Tブロードバンドを買収。これにより、アメリカでもっとも大きなケーブルテレビの運営会社となった。その後この合併した社名を「AT&T Comcast」とした。2005年8月31日にも同じ州内のヨークに拠点を置くケーブルテレビの企業「Susquehanna Communications(サスケハナ・コミュニケーションズ)」を買収。2006年には業界5位で乱脈経営により破綻した「Adelphia Communicaitons(アデルフィア・コミュニケーションズ)」を、業界2位でライバルでもある「Time Warner Cable(タイムワーナー・ケーブル)」と共同で買収した。
  • 2009年12月3日には、大手メディア企業NBCユニバーサルNBCユニバーサル・ピクチャーズなど)の経営権をゼネラル・エレクトリック(GE)から取得している。2013年3月には、同社を完全子会社化している。
  • 2014年2月にタイム・ワーナー・ケーブルを買収すると発表したが実現はしなかった。
  • 2015年9月28日に大型テーマパークユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)を買収すると発表[1]
  • 2018年10月、ヨーロッパ最大の有料放送事業者Skyを390億ドルで買収[2]

脚注編集

外部リンク編集