コムンゴ거문고)は、朝鮮の伝統楽器で、玄琴玄鶴琴ともいう。琴の一種で、弦は6本ある。左手で弦を押え、右手で持ったスルテ(술대)という棒で弦を弾いて演奏するため、素手の指を使う伽耶琴よりも荒々しい音を出すことができる。「三国史記」によると、高句麗時代に王山岳が、中国のを改造して発明したという。

コムンゴ

前面は桐、裏面は栗の木を使い、全長140cmほどで弦は絹糸になっており、スルテがあたる部分には皮(玳瑁)が敷かれている。16個の棵と3個の雁足がある。6本の弦は奏者から遠い方から順に、文弦、遊弦、大弦、棵上清、棵下清、武弦と呼び、大弦、文弦、武弦、棵上清、棵下清、遊弦の順にだんだんと細くなる。